読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

花粉予防★野菜レシピ12~自律神経を整える!? 野菜メインのちらし寿司

昨日の記事で花粉症と自律神経についてご紹介しましたが、自律神経を整える食べ物には、酸っぱいものや発酵食品、食物繊維が挙がっていましたね。 そこで本日は、「酸っぱいもの」「発酵食品」「食物繊維」を一度に摂取できる、レシピをご紹介します。 日本…

花粉症対策と野菜の関係12~自律神経のバランスが花粉症改善のカギ

花粉症と闘う免疫力をUPするのには、日頃の食べ物の他に自律神経のバランスも関与してきます。 ヒトのカラダでは、アクティブに活動するときに適した交感神経と、リラックスして眠る時に最適な副交感神経という、2つの自律神経が、それぞれのシーンを支配す…

花粉予防★野菜レシピ11~干し椎茸で出汁をひく!基本のお味噌汁

花粉症対策にも、腸をクリーンに、そして元気にすることが必須なのですが、それには一汁三菜の和食がオススメということを昨日のブログでお伝えしました。 発酵食品である味噌や漬物、食物繊維たっぷりの野菜、肉類を控えた魚料理、そして炭水化物をガマンす…

花粉症対策と野菜の関係11~元気な腸にする4つのお約束とは?

花粉症対策においても、腸内環境を整えることが大切でしたね。過去の記事でも「腸内環境を調整する食べ物」でご紹介しましたが、花粉と闘ってくれる自然免疫の状態はその70%が腸内環境で決まってしまうからです。 なぜなら、腸管は食べたものを、いいものか…

花粉予防★野菜レシピ10~かぼちゃとドライいちじくのレンジ蒸し

日に日に春の陽気に近づいて、日差しが気持ちがいいですね。 しかし、花粉症に悩む人々には、花粉が舞いやすいので、春の陽光を楽しむ余裕がないかもしれません。 昨日の記事で、不眠解消も免疫バランスを整えることになるので、寝る前のスイーツやスマホな…

花粉症対策と野菜の関係10~免疫バランスは睡眠が大切!睡眠前のタブー事項とは?

花粉症の緩和に有効なのは、食事はもちろん、生活習慣を見直すことも大切です。 花粉症をブロックする自然免疫を強化させるためには、腸内環境を整えることでしたね。腸内環境を整えることは花粉症だけに限らず、悩んでいる方は多いですね。 先日の『腸内環…

花粉予防★野菜レシピ09~にんじん×白ねぎの豆乳ポタージュ

花粉症も冷えは大敵!ということで、昨日の記事「【6】体温を上げる食べ物とは?」で体温を上げる野菜などをご紹介しましたが、本日はレシピ編。優しい味わいのにんじんと白ねぎを使った豆乳ポタージュをご紹介します。昨日の記事の中で、白ネギは”硫化アリ…

花粉症対策と野菜の関係09~【6】体温を上げる食べ物とは?

花粉症も冷え性は大敵です! 冷え性は女性に多く、厚生労働省の統計では2人に1人が冷えで悩んでいるほど。女性は体質上、鉄不足になりやすいからと言われていますが、男性でも低体温の人が急増しているので、注意が必要ですね。 体温が低いと、第一に免疫…

花粉予防★野菜レシピ08~春菊と厚揚げの煮びたし

花粉をブロックするのには鼻や目、喉などの粘膜が花粉に反応しにくく、健康な状態に保つことが必須になってきますね。 残念ながら瞬時に粘膜を丈夫にする方法はありませんが、毎日の食事で、健康な粘膜の材料を摂取しておくことで、花粉に反応しにくい粘膜細…

花粉症対策と野菜の関係08~【5】鼻や目、体内の粘膜を保護・修復する食べ物

花粉症の症状を軽減するために、体内に花粉をできるだけ取り込まないことも大切ですね。花粉が体内に入ってくるのは、呼吸をする鼻と常に外気にさらされている目の表面です。口呼吸は通常しないものですが、鼻が詰まってくると、口で呼吸しようとするので、…

花粉予防★野菜レシピ07~白ねぎと伊予柑のオリーブオイル炒め

昨日のブログで、花粉症の人は総じてカラダが酸性に傾いているので「カラダをアルカリ性にする食べ物」を食べると改善しやすい、というお話をご紹介しました。 そこで本日は、アルカリ性食品である白ネギと伊予柑(かんきつ類)をオリーブオイルで炒めた、さ…

花粉症対策と野菜の関係07~【4】カラダをアルカリ性にする食べ物

食べ物には酸性のものとアルカリ性のものがあります。+と-のような感じですが、これらをバランスよく食べることで、カラダの健康を左右しているのですね。 花粉症の症状が出やすい人は総じて、カラダが酸性に傾いているのでは?と考えられています。そこで…

花粉予防★野菜レシピ06~アレルギー症状をやわらげる!?酢れんこん

本日は、花粉症のアレルギー症状を抑えてくれる、と数年前から注目されている”れんこん”についてレシピとともにお話ししたいと思います。 レシピは、日本料理ではおなじみの「酢れんこん」です。そのまま副菜の1つとしてもいただけますが、ちらし寿司や海鮮…

花粉症対策と野菜の関係06~【3】アレルギー症状を抑えてくれる食べ物

花粉症は、風邪やインフルエンザのようにウイルスや細菌ではなく、アレルギー症状です。このアレルギー症状というの真犯人がIgE抗体でしたね。 IgE抗体には、脂肪酸などから放出されるヒスタミンも起因しており、脂っこい食べ物や、糖質の多すぎるスイーツ、…

花粉予防★野菜レシピ05~ごちそうポテト×ごぼうソースがけ

昨日は、花粉症と腸内環境の関係をお話をご紹介しましたが、本日は、ごぼう×じゃがいもで、食物繊維をたっぷりと摂れるレシピをご紹介します。 ごぼうの食物繊維含有量は野菜の中でもトップクラス! 食物繊維は水溶性と不溶性のものと大きく2つに分類されま…

花粉症対策と野菜の関係05~【2】腸内環境を調整する食べ物

花粉症と腸はあまり関係がないように思うかもしれませんが、腸内環境を整えておくことも大切です。 なぜなら、腸内から、有害物質を排除して、細菌叢(さいきんそう)を活性化するので、免疫システムが調整されるのです。有害物質の中には、もちろん花粉も入…

花粉予防★野菜レシピ04~ごまたっぷり!小松菜の簡単「白和え」

昨日のブログでは、自然免疫を調整して花粉症対策をするには、ごまや亜麻仁油に含まれるリグナンがヒスタミンの放出を抑える、というお話をいたしました。 そこで、本日は、ごまをたっぷりと使う、日本料理伝統のお惣菜「白和え」をご紹介します。 デパ地下…

花粉症対策と野菜の関係04~【1】自然免疫を調整する食べ物~リグナンがヒスタミンを抑制!?

本日から、花粉症と闘える!? 6つの食材の詳細をお伝えしていきます。概要は前回の記事をごらんくださいね。 自然免疫を調整する食材とは? 免疫細胞を活性化する栄養を持つ食材で、自然免疫を高めて、免疫機能バランスを整えてくれる食材です。 免疫機能のバ…

花粉予防★野菜レシピ03~キウイフルーツとカッテージチーズの米粉クレープ

花粉症の時は、アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑えるために、スイーツは控えた方が賢明なのですが、やはりスイーツ好きの人は食べたいですよね。 そこで、生クリームではなく、粘膜の修復に役立つカッテージチーズを使い、カラダをアルカリ性にしてくれ…

花粉症対策と野菜の関係03~花粉症と闘える!? 6つの食べ物

花粉症の症状は、つらいものですが、和らげるためには、自分の免疫力を総体的にUPするために、自然免疫をつくらなければいけません。 第1回目のお話と少し重複しますが、もともと、自然免疫は、パワーが強く、健康な状態であれば、十分に花粉を撃退してくれ…

【WBNコラム更新】痛み、転倒、寝たきりを予防!股関節を痛めにくい食事とは?

『女性のための美養栄養学』Women's Beauty Nutrition(WBN)にて、コラムを更新しました。 テーマは、近年、女性の高齢者を中心に多くなってきている「股関節」の痛みについてです。 原因は様々ですが、特に女性は、閉経後、女性ホルモンの分泌が極端に減る…

花粉予防★野菜レシピ02~酵素たっぷり!緑だけのグリーン×6サラダ

昨日のブログで、花粉症の真犯人「IgE抗体」についてお話しいたしました。食事の時に気を付けたいのが、油脂です!オリーブオイルやごま油、魚介類などからα-リノレン酸、DHAやEPAを摂ると、IgE抗体の数値を下げるに役立つでしょう。ただし、油分ではあるの…

花粉症対策と野菜の関係02~花粉症の犯人はIgE抗体!それを抑える食事とは?

花粉症の原因や症状、メカニズムなどは第1回目の記事「花粉症の原因は日頃の食生活が原因!?」でご紹介しましたが、本日は、花粉症の真犯人「IgE抗体」についてお話しいたします。 花粉症はウイルスや細菌が原因の病気ではなく、アレルギー症状になるのですが…

花粉予防★野菜レシピ01~ひなまつりにも♪菜の花のいなり寿司

今月は、ピークを迎えている花粉症について連載でお伝えしていきます。 花粉症で鼻づまりや鼻水、くしゃみなどでお困りの方も多いと思いますが、わさびやマスタードなど、食べると即効で鼻にツーンとくるものを食べると、鼻が通ります。鼻水も出してしまった…

【お知らせ】WBNコラム~3月1日は「豚の日」ソーセージの歴史と栄養成分

本日3月1日は「豚の日」ですね。それにちなんで、 『女性のための美養栄養学』Women's Beauty Nutrition(WBN) にて、コラムを更新しました。 ⇒ http//wbn-japan.com/sausage/ ソーセージの歴史と栄養成分などについてご紹介しています。 また、過去記事で…

花粉症対策と野菜の関係01~花粉症の原因は日頃の食生活が原因!?

今年も、いよいよ花粉症シーズンが到来しましたね! 私も病気がちなころは、免疫力がなかったのか、花粉症に悩まされていました。しかし野菜を多く取り入れ、なるべく手作りで、添加物の少ない調味料を使った食事に変えたところ、ここ10数年は反応しなくなり…

感染予防★野菜レシピ14~茹で長芋のシンプルサラダ

今月は『感染症対策と野菜の関係』を14回にわたって連載いたしました。隔日で『感染予防★野菜レシピ』もご紹介していましたが、本日で感染症対策シリーズは最終回です! 明日3月からは『花粉症対策と野菜の関係』と平行して隔日で『花粉予防★野菜レシピ』を…

感染症対策と野菜の関係14~ピロリ菌に効果があると思われる予防食

「ヘリコバクター・ピロリ」。この菌は、2005年のノーベル医学・生理学賞で一躍有名になりましたね。日本人ではなく、オーストリアの微生物学者の方々でしたが。 しかし、日本でも、胃におけるピロリ菌の治療や対策がさかんになり、一般によく耳にする感染症…

感染予防★野菜レシピ13~即席!鮭ごはん&かいわれ大根トッピング

昨日の記事で、中耳炎の予防や改善になる食品をご紹介しました。日本ではまだ、中耳炎の予防や改善になる栄養成分や食事療法などは研究されていないようですが、海外の研究では、魚介類に多いDHAやEPA、そして、いちごなどベリー類に含まれるキシリトールが…

感染症対策と野菜の関係13~中耳炎の予防や改善になる食品

風邪やインフルエンザが蔓延している時期に注意したい感染症の1つに「中耳炎(ちゅうじえん)」があります。文字通り、耳の感染症です。 中耳炎とは? 中耳は、耳の鼓膜(こまく)の奥にあり、鼻の奥と耳管(じかん)という管でつながっています。この管を通…

【お知らせ】新サイト『女性のための美養栄養学』オープン!

今年に入って、3月をメドに栄養や食品、気になる症状などが検索できるサイトを構築しておりましたが、完成しましたので、お知らせいたします。 『女性のための美養栄養学』~Women's Beauty Nutrition~ ⇒ http://wbn-japan.com/ このサイトは、私が執筆のお…

感染予防★野菜レシピ12~粘膜や細胞の修復に!水菜とささ身のナムル風

昨日の記事で、C型肝炎を悪化させる食べ物と予防食をご紹介しましたが、こと、C型肝炎に関しては鉄の摂取を抑えなければいけません。 葉野菜には鉄を含む野菜が多いですが、特に多い、ほうれん草やモロヘイヤ、小松菜などは控えておきましょう。 本日の野菜…

感染症対策と野菜の関係12~C型肝炎を悪化させる食べ物と予防食

C型肝炎は、30歳以上の成人では100人中3.4人の割合で罹患者がいるという統計が出ており、よく聞く病名ですね。C型肝炎もウイルス性の感染症になります。 C型肝炎とは? C型肝炎ウイルスによる感染症で、感染経路は、血液感染です。日本では過去に、ウイルス…

感染予防★野菜レシピ11~大根の甘味がたまらない♪大根と抹茶のリゾット

虫歯や歯周病も感染症の1種だと言うお話しを昨日のブログでご紹介しましたが、唾液に含まれるアミラーゼは歯をキレイにする作用が期待できます。 ものを食べる時に、よく噛むことで唾液が分泌されるので、それだけでも歯を清潔にする作用が望めます。しかし…

感染症対策と野菜の関係11~虫歯・歯周病を予防する食品

虫歯の原因は、甘いものの食べ過ぎ、と思っている方も多いでしょう。それも1つかもしれません。しかし虫歯も感染症の1種で、原因菌は「ミュータンス菌」というものです。 虫歯も歯周病も感染症の1つです この菌は、食べかすを分解して作った歯垢(プラーク)…

感染予防★野菜レシピ10~ヘルペス予防に♪鶏肉×納豆×セロリの炒め物

昨日の記事で、『ヘルペスを悪化させる食べ物と予防食』をお届けしましたが、ヘルペスは、ほとんどの人が体内に隠し持っているウイルスで、風邪や強いストレスを感じて免疫力が低下している時に、発症する恐れがあることをお伝えしました。 肉類や魚介類の動…

感染症対策と野菜の関係10~ヘルペスを悪化させる食べ物と予防食

7割の人が持っている考えられている「ヘルペス」。ほとんどの人が子どもの頃に知らずに感染しており、高齢者ではほとんどの人が感染していますが、症状が出ることが少ないウイルスです。 ヘルペスの感染経路 感染経路はウイルスの付いた幹部や手に触れること…

感染予防★野菜レシピ09~エネルギー補給に♪さつまいもの甘露煮

風邪や食中毒にかかると、体力を使うものです。そこへウイルスや細菌で免疫力が下がっているので、なかなかパワーアップできません。症状が収まっても、しばらく元気のない日が続くでしょう。 殺菌や解毒作用があるものを食べるのも必要ですし、筋力や体内の…

【お知らせ】絵本の書評『プレッツェルのはじまり』

絵本・童話の創作online『新作の嵐』さんにて、絵本の書評を掲載して頂きました。 時折、私が、これぞ!食育絵本!と持った作品や、女子力UPにつながると感じた絵本の書評を書かせていただいています。 今回は、『プレッツェルのはじまり』という心温まる絵…

感染症対策と野菜の関係09~乳幼児に多い胃腸炎「ロタウイルス」貝類にご注意!

二枚貝が原因の食中毒と言えばノロウイルスを思い浮かべる方が多いですが、保育園や幼稚園、小学校などで2~3月にピークを迎える「ロタウイルス」も二枚貝が原因の食中毒です。 免疫の弱い乳幼児のお子さんをはじめ、2歳未満のお子さんのほとんどが感染して…

感染予防★野菜レシピ08~こどもピーマンとにんじんの豚肉炒め

お肉を使ったお料理は、生のものを手で触り、その手で他のものに触れると食中毒の危険が出てきますが、お料理をする手を清潔に保ち、調理器具や食器も清潔にしていれば、防げるものです。 それにお肉は、人間のカラダや筋肉を造る基礎となる、重要なタンパク…

感染症対策と野菜の関係08~シチューの作り置きにご注意!「ウェルシュ菌感染症」

冬は魚介類がたっぷりと入ったホワイトシチュー、ビーフシチュー、そして豚汁など、多めに作って、何日かにわけていただけるポカポカメニューが人気ですね。 根野菜なども煮込むので、1皿で野菜もたっぷり採れていいのですが、肉類や魚介類が入っているので…

感染予防★野菜レシピ07~甘くて殺菌作用が望める大根餅

大根おろしを食べる時は「殺菌作用があってもこんなに辛いの…!」と思うこともありますが、本日ご紹介する大根餅は、「大根と片栗粉だけでこんなに美味しいものができるの!?」と思えるほど、簡単な逸品です。加熱調理するので、殺菌作用はやや落ちますが、生…

感染症対策と野菜の関係07~鶏肉の扱いにご注意!「カンピロバクター」対策と予防食

冬に比較的多い食中毒の1つに生の鶏肉が発生源の「カンピロバクター」があります。厚生労働省によると、毎年2000人前後の患者数が出ているとのこと。飲食店だけでなく、家庭での発生もあるようです。下痢や嘔吐などが続き、1週間ほどで治るので、ただの体調…

感染予防★野菜レシピ06~かつお菜とひいかの炒め煮

食中毒予防の3原則は食中毒菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」でしたね。食中毒は、免疫力があると、被害にあったとしても、症状が軽く済むこともありますし、中には、感染しない人もいます。 アブラナ科の野菜の多いイソチオシアネートや葉酸、…

感染症対策と野菜の関係06~「ノロウイルス」対策と予防食

冬に一番多い食中毒と言えば「ノロウイルス」ですね。厚生労働省の調査でも患者数が一番多い冬の食中毒として注意喚起が促されており、全部の食中毒患者の約半数がノロウイルス患者で占められているそうです。その数はおよそ1万人ということです。 ノロウイ…

感染予防★野菜レシピ05~小松菜と鰯(いわし)のにんにく酒蒸し

昨日のブログで、『「結核」対策と予防食』をお届けしましたが、結核菌の発育阻害をする物質として、にんにくや玉ねぎに入っているアリインがありましたね。本日は、そのにんにくを使ったレシピをご紹介します。 本日の野菜のお話は「にんにく」です。 にん…

感染症対策と野菜の関係05~「結核」対策と予防食

『感染症対策と野菜の関係』第5回目の本日は「結核」についてです。 結核は、結核菌によって引き起こされる感染症で、罹患者の咳などによって結核菌が空気中に飛散し、それを吸いこむことによって感染します。空気感染が主な経路です。 結核菌は様々な臓器に…

感染予防★野菜レシピ04~抗菌作用が望める♪菜の花のロールポーク

昨日のブログでは『「肺炎」対策と予防食』をご紹介しましたが、肺炎はかかってしまうと入院して治療を受けなければいけません。風邪やインフルエンザの菌が肺に回ってかかるケースも多いため、くれぐれも、風邪やインフルエンザが蔓延しているこの時期は、…

感染症対策と野菜の関係04~「肺炎」対策と予防食

『感染症対策と野菜の関係』第4回目の本日は「肺炎」についてです。 肺炎は、病原体が肺に感染して、炎症を起こす感染症。多くのウイルスや細菌が肺炎の病原体となります。感染している人の咳やくしゃみなどの飛沫に含まれている病原体を、直接、吸いこんで…