野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

ダイエット

乳酸菌はポッコリお腹のタイプ別で効き方が違う?

ポッコリお腹で悩んでいる人は、便秘が原因の「便秘下腹」、中性脂肪など体内の脂肪が原因の「脂肪下腹」の2タイプに分かれることをご存じですか? この2つのポッコリお腹を改善するのに、乳酸菌入りの食品が役立ち、それぞれ、効果があると思われる菌が違う…

夜だけ糖質は有効?夜の豆腐活用でお腹からやせる!

ストイックな糖質オフは、リバウンドしやすいことが、様々な研究でわかってきましたが、程度な糖質オフは、やはり効果があるようです。 3度の食事の中でも、夕食だけ糖質オフにすると、体調も良くなってくるようです。 「夜だけ糖質オフ」にどんなメリットが…

朝まいたけを食べるとポッコリお腹が解消される!?

数年前「えのきダイエット」が大ブームとなり、エノキタケだけではなく、キノコ全体が見直されるようになりましたね。 今年は”まいたけ(舞茸)”に関するダイエット作用も注目されています。 まいたけにはどんな健康作用があるのでしょうか?特に朝、まいた…

不眠はウエストが太くなる?最新イギリスの睡眠研究

熱帯夜が続く8月は不眠になりやすいですね。 夏は「さほど食べていないのに太る」という方も多いですが、もしかしたら不眠も原因の1つかもしれません。 先月(2017年7月)発表された、イギリスのリーズ大学の睡眠研究では、「不眠はウエストを太くさせる」と…

EPAは脂質異常症の特効薬?魚を食べるメリット

脂質異常症の治療では「スタチン」という薬が利用されていますが、どの臨床試験でも効果が出るほど優秀なのだそうですね。 しかしスタチンには、血中の悪玉コレステロールを下げる作用がありますが、コレステロールがキレイに消えるわけではありません。 そ…

スウィッチェルとは?仏・米で話題の疲労回復ドリンク

パリジェンヌや世界の健康トレンドの発信地ニューヨークで流行している”疲労回復ドリンク”の1つに「スウィッチェル」というビネガードリンクがあります。 名前を聞くとオシャレでセレブな感じが漂いますが、「リンゴ酢×生姜×はちみつ」の3つを組み合わせたシ…

ホール30ダイエット~NY発!食べ方リセット術

いっぱい食べて健康になりたい! 食べてキレイになりたい! という願望はありますが、一度ついてしまった食べ物の悪習慣はやめられないものですよね。 しかし世界の健康トレンドの発信地であるニューヨークでは、30日間だけ悪習慣を厳格に断ち切る「ホール30…

誤嚥性肺炎は若年層も危ない?よくかむ食事の大切さ

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と聞くと、高齢者の病気だと思われる方も多いでしょう。しかし、忙しい現代、早食いグセのある方は、どの年代でも注意が必要です! 「気管に食べ物が入ってしまい、咳き込んだ」という苦しい思いは、1度ぐらい経験があるこ…

「いい油はやせる」の真意~置き換えると効果あり?

油の多い食事は太りますが、いい油を使うとやせる! 太りにくい? というTVや雑誌の特集に疑問を持たれた方も多いことでしょう。 いい油とは、オリーブオイルやオメガ3系オイルと呼ばれる亜麻仁油やエゴマ油、魚介類のDHAやEPAなどですね。 これらは確かに良…

冷房による夏の冷え性は鶏肉やジビエが改善食に?

薬膳や中医学の世界は歴史が古く、昔から人々が食べてきた食べ物の中から、様々な経験をもとに食材を利用してきたという経緯があります。 中でも、鶏肉や羊肉は「カラダを温める作用がある」と伝わっており、現代の薬膳料理などにも活かされていますが、近年…

糖質オフはリバウンドしやすい!? 真相はいかに?

今や糖質オフは当たり前のようになってきましたが、ストイックに実行している方は、リバウンドしやすいかも? という新たな研究発表がありました。 ダイエット効果は科学的に見ても確かに速いようですが、長期的な健康を考えると...!? 糖質オフはどうしてす…

運動を取り入れるよりも夜食をやめるとやせ体質に?

現代人の運動不足が問題視されている一方で、フィットネスやマラソン女子、ヨガ、ウォーキングなど、運動を始める人も増えているようですね。 程度の運動を取り入れることも大事ですが「運動したからいいや~」と、帰宅後の夕食量が増えていませんか? 場合…

夏は食欲がないのに太る!温度環境と肥満の関係

「夏は食欲がないのに太る」そう思っている方は少なくないでしょう。 炎天下にいると、じっとしているだけで水分が奪われるので、やせていきそうなものですが... 最近の研究で、夏のカラダのメカニズムや、それを改善する食べ物の成分などもわかってきました…

ダイエットは1日3食タンパク質が必要~特に朝!

太りにくい体質を手に入れるためにも、将来の生活習慣病を予防するためにも、ダイエットには一定の筋肉量を保つことが必要です。 その筋肉量を保つには毎日の3回の食事でタンパク質食品を摂ることが必要ですが、特に朝の摂取が必要なんだそうです。 朝食を食…

赤パプリカは夏のダイエットに最適!その根拠は?

夏は冬よりもエネルギー代謝が下がるので、誰でも太りやすい時期だそうですね。 そんな夏に食べたい野菜として赤パプリカに注目です。 赤パプリカには、夏のダイエットに最適!?とされる成分が含まれていることがわかりました。 最新の研究ではどうなっている…

ローズヒップ由来の機能性成分に脂肪燃焼力が!

ハーブティーでお馴染みのローズヒップですが、2015年に制定された機能性表示食品に認可されたお茶が、各飲料メーカーから続々と登場していますね。 ローズヒップには植物の実に含まれるティリロサイドという成分が含まれ、脂肪燃焼力が抜群にいいのです。 …

ご飯は1食の分量に注意すればダイエット食に!

ご飯が糖質オフの対象となっていたり、医師が「白米をやめよう」という趣旨の本を出していたり、古来よりお米を食べて生き抜いてきた日本国民は困りますよね? しかし近年、白米を冷ました状態で食べたり、一緒に緑茶を飲むと食後高血糖が上がりにくかったり…

揚げ物は匂いをかぐだけで体重上昇!?アメリカの最新研究

唐揚げやコロッケ、ドーナツなどの揚げ物、バターがたっぷりと入った焼きたてのクロワッサンなどなど、油脂類が入った食べ物は、独特の香ばしい風味が食欲をそそりますね。 匂いをかぐ分には、実際に食べていないので、自分の体重増加に関与しないと思いがち…

日本の男性の肥満率が上昇中!?引き締まったカラダに近づく食べ方のコツ

太る原因は「脂質」だと思っている人が多いですが、脂質も肥満を避け、引き締まったカラダを造る大切な栄養素です。 肥満は筋肉質だとなりにくいので、食事面で脂質と共にたんぱく質を切らさないようにすれば、40代以降でも引き締まったカラダになれるかもし…

夏こそビネガー!揚げない蒸し酢豚レシピのご紹介

夏の疲労回復には様々な栄養成分や食べ物が、連日、TVなどで紹介されていますね。 人間のカラダには「クエン酸回路」というものが存在するので、やはりダイレクトに届きやすいビネガー類が夏の疲労回復にいいでしょう。 もちろんビネガーやクエン酸だけがい…

ポン酢の世界は奥が深い!その歴史や栄養・効能は?

ポン酢はミツカンさんのベーシックなものが有名で、どこのご家庭にもある、といっても過言でないぐらい、定番の調味料ですよね。 お酢がベースなので、夏バテ対策にもなるクエン酸も補えて便利ですね。 そんな日本の食卓には欠かせないポン酢ですが、実は原…

やせ体質とヤル気が同時に手に入る栄養成分や食べ物とは?

男性も女性も、年齢に関係なく仕事がデキる人は、スマートな人が多い!?と言われていますね。 ご本人の意識もありますが、やはりその人の佇まいを作るのは日頃の食事内容だと言えるでしょう。 スマートな人ほど、食事をした時に「GLP-1」というホルモンが、多…

トマトジュースを毎日飲むと脂肪燃焼作用が?!リコピンを効率的に吸収させるコツ

熱中症対策や夏バテ対策の水分補給に、そして夏太り対策に、気軽に買いやすいトマトジュースもオススメですね。 美容のために、100%の野菜ジュースやフルーツジュースを飲む人も多いですが、ブレンドされていて、糖質が高くなっているジュースもあるので、…

抑えきれない食欲は野菜や食物繊維を先に!食べる順番を変えてみよう

暑さが本格化してくると、食欲のない日もありますが、その反動で食欲が旺盛になる日もあり、自分でも困ることがあります。 みなさまはいかがでしょうか? 食欲がなくなったり、旺盛になったりするのは、いくつかのホルモンの仕業です。 本日、お昼の記事の「…

耳つぼダイエットで食欲が抑えられる!?空腹ホルモンをコントロールしてスリムに

昨年(2016年)の10月に、『空腹ホルモンダイエット』と称して、1ヶ月間、このブログで連載しておりました。 5つの空腹ホルモンと呼ばれるホルモンをコントロールして、太りにくい体質になる、というものなのですが、なんと、これらのホルモンを”耳つぼ”を押…

パクチストって何?日本でもパクチーブームが定着!肥満予防に期待大

パクチーが大好きな愛好家のことを「パクチスト」と呼ぶそうですね。 筆者はそこまでではありませんが、あの一風変わった味は虜になりました。 ベトナム料理やタイ料理ではパクチーやミント、レモングラスを使ったお料理が多く、ヨーロッパのハーブ料理とは…

ジンギスカンで食べるラムは脂肪燃焼作用が!夏冷え対策と夏やせに

夏は暑さ対策と、室内の冷房による冷え対策もあり、体温コントロールが難しいですよね。 その上、食欲がないはずなのに、体重が増えていくという現象に悩む方も多いでしょう。 そのカギは「夏冷え」を改善することです。 夏のバーベキューやジンギスカンなど…

GI値の上昇を防ぐ!?スローカロリーのスイーツがデパ地下に!ダイエットに嬉しいおやつ

スイーツや間食は、生きていく上では必要のない嗜好品なので、がまんできればダイエットもラクですが、やはり食べたいものですよね。 筆者は時々、ファミマのRizapシリーズ、特にクリームチーズ系、そして、ローソンのブランパンシリーズ、グリコのヘルシー…

グルテンは小麦粉を36時間以上発酵させると分解される?NY発祥のピザ・ダイエット

ピザと言えば、グルテンフリーの観点からも、糖質オフの観点からもタブー視される、代表的なジャンクフードですよね。 しかし、ニューヨークでは、『ピザ・ダイエット』という書籍が話題になっているようです。 ポイントはピザ生地の発酵時間と栄養バランス…

ファスティング(断食)はカラダリセットに!?体重減の他にムクミ、脂肪燃焼作用が

夏は暑さで食欲がなりがちなので、軽くファスティング(プチ断食)するのにいい機会かもしれませんね。 ムリに食べると、カラダが受入れ体制ではないので、夏太りになる可能性もあります。 ファスティングは危険だという声もありますが、本当に何も食べずに…

隠れ肥満にご注意!スリムな人ほど危険?~エネルギー密度が低い食べ物とは?

ダイエットで一番気になるのは、見た目と体重でしょうか? 目に見えてポッチャリとしているとわかりやすいですが、自分はダイエットとは無縁?と体重管理をしっかりしている人ほど、「隠れ肥満」の可能性が高いかもしれません!? 隠れ肥満とはいったいどうい…

抹茶がNYでブームに!スーパー緑黄色野菜という別名も?

日本が誇る”抹茶”。 茶道でたしなむ抹茶をはじめ、コーヒーショップに行くと、「抹茶ラテ」が必ずメニューにありますね。 今、NYをはじめ、抹茶は「スーパー緑黄色野菜」という別名で、ブームが起こっているそうです。 栄養価はどれほどのものなのでしょうか…

枝豆はおやつや間食に食べるとダイエット効果が?脂肪燃焼や血流改善作用に期待!

おやつや間食に枝豆を食べ、スイーツを食べるクセを治すという枝豆ダイエットがにわかに注目されています。 ただし、枝豆に塩をふることはタブーだそうです。どういう内容のダイエットなのでしょうか? 枝豆とは? ビールやお酒のおつまみのイメージが強い枝…

ブロッコリーがご飯の代わりに?コンビニ弁当でも登場!栄養バランスや効能は?

糖質オフのお弁当やスイーツがコンビニでも手軽に買えるようになったので、筆者も時々、利用させていただいています。 コンビニでは、ローソンでブランパンシリーズが、ファミリーマートではRIZAPの糖質オフシリーズが楽しめますね。 そんな中、ブロッコリー…

アボカド好きな人ほど健康生活を送っている!?メタボリスクが低くスリム系男女が多し!

アボカドはギネスブックに載るほど、世界で一番、栄養価の高い植物として有名ですよね。 そんな優れた栄養価を証明するような結果がアメリカの全国健康栄養調査でわかりました。 ダイエットや生活習慣病に悩んでいる人は、ぜひ、本日の記事を参考にしてくだ…

BMIや体重を早く減らしたい場合は夕食の時間を早めてみよう!

空腹で、夜、眠れない場合は仕方がないとして、毎日の習慣として、夕食の時間が遅い人は、同じ食事内容でも、早めに夕食を終えている人よりも、体重が増加傾向にあるようです。 近年、ダイエットの指標となっているBMI値も高くなるので、気を付けたいですね…

過敏性腸症候群(IBS)は通勤途中に起こりやすい?タブーとされる4つの食習慣とは

朝の通勤ラッシュ時、電車の中でかがみこむ女性を見かけたり、急病患者の救出で電車が遅れることが、毎日のように起きていますね? これは日本の成人の2.9%に上る?との報告もある、過敏性腸症候群(IBS)かもしれません。 ストレスや食生活と深く関わって…

サラダ記念日にちなんで野菜を食べるメリットをご紹介!チェコの最新臨床報告

本日、7月6日は『サラダ記念日』ですね。幼少の頃、母が俵万智さんの詩集を愛読していたので、懐かしいです。 それにちなんで?というわけではありませんが、サラダ記念日にふさわしい、ベジタリアン食について、ダイエットスピードが早まる!という今年(20…

フレーバーウォーターはデトックスやお通じに効果が!?自宅で簡単レシピ

香りや、ほんのりとした味がついている水を「フレーバーウォーター」といい、数年前から、ミネラルウォーターと並んで、夏になると自販機やコンビニでも買えるようになりましたね。 今年も新製品が並んで、夏が来たな、という感じがしますが、市販のものは、…

キノコ類は電子レンジ・網焼きで調理すると栄養価が上がる?最新スペインの研究発表

キノコ類は、近年、種類によっては、屋内で製品パッケージにあわせて栽培されるようになったので、より安価で新鮮な状態で買えるようになりましたね。 屋内で栽培されるので、害虫の心配もなく、ほとんどが無農薬栽培です。 そんなキノコ類ですが、調理方法…

蒸し大豆、ひよこ豆をペーストにする豆料理フムスは離乳食にも!世界のセレブが愛食

日本人は、大豆、黒豆、小豆、金時豆、いんげん豆などを昔からタンパク源として食べていましたが、欧米の食品だけでなく、アジア圏の料理も一般に食べられるようになってきたので、ひよこ豆など豆類も充実してきましたね。 レディー・ガガさんの影響で、中東…

パクチー(コリアンダー)の効能は夏の食欲不振やデトックス作用

パクチーは、好き嫌いがわかれる、独特の香りが印象的な香味野菜ですね。アジア圏を中心に各国では昔から薬膳として親しまれていました。日本の近年の健康食ブームとマッチして、嫌いな人も多いのにヒット野菜となりましたね。 どんな秘密が隠されているので…

酢ベジは作り置きに便利!野菜とお酢のハーモーニーがブーム

「酢ベジ」という野菜の保存食をご存知ですか? 名前の通り、野菜をお酢に漬けることで、レシピとしては真新しいものではありません。 しかし、お酢に漬けるので、夏場でもくさりにくく、摂食中枢に働きかけるので、ドカ食いも抑えられ、 そしてお肉や魚と一…

米ぬかの栄養価の高さがアメリカで認めれらた!世界中で健康食品の添加にも?

日本の伝統食「ぬか漬け」。それに使われる”米ぬか”がアメリカで栄養価が高いと論文発表があったため、早速、世界の注目が集まっているようです! 今年(2017年)4月に発表された研究発表とは、どんな内容だったのでしょうか? アメリカが認めた米ぬかの栄養…

ポリフェノール飯が人気の兆し?黒米の栄養価に注目!

大麦ごはんやハトムギごはんのブームが定着して、既に一般食化されてきましたね。 次なる選択肢としては、ポリフェノール飯でしょうか? 以前からミックスされた雑穀などに含まれる、黒米が話題になっていましたが、単独で人気食材になりそうです。 黒米とは…

酒粕美容の人気が継続中!驚異の美容・美白・美腸効果とは?

酒粕といえば冬にいただく、粕汁や酒粕から造る甘酒のイメージが強いですよね。 また発酵食ブームで、酒粕の漬物などが見直されており、酒粕に漬けこんだマニュマロなども人気を呼んでいます。 そして見逃せないのが、酒粕美容です。 食用にも、外用にも愛さ…

もやしは種類によって栄養が違う!ダイエットや美肌にいい種類はどれ?

いつの時代も、もやしは節約レシピやダイエットレシピとして人気がありますね。 ほとんどが水耕栽培ですぐ育つので、1袋100円以下のものが多く、カロリーも種類よって違いますが、100gで40kcal以下のものがほとんどです。 お財布にもダイエットにも優しい、…

そばの実はスーパーフード!ロシア人も愛用するダイエット作用や栄養は?

”そば”と言えば、日本人はやはり麺類のそばや、そば粉で作る”そばがき”でしょうか。 時期的にも冷たい”ざるそば”がのどごしよく、食べやすいですよね。 さて、その”そば”の材料となる”そばの実”が、世界中でスーパーフードして話題になっています。 スーパー…

切り干し大根ヨーグルトが人気!整腸作用がすごく、シンバイオティクスにも

切り干し大根を水ではなく、ヨーグルトで戻して食べる「切り干し大根ヨーグルト」、みなさんはもう、お試しになりましたか? 奇妙な組み合わせのようにも感じますが、切り干し大根は、乾燥していく過程で、オリゴ糖が増え、とっても甘くなります。 その分、…

パイナップルを食べると舌や唇が痛くなる?その原因と美味しい食べ方

パイナップルの美味しい季節になりましたね。 しかしパイナップルの缶詰やドライフルーツ、市販のヨーグルトだと大丈夫なのに、生のパイナップルを食べると舌や唇が痛くなった経験がある人も多いことでしょう? スーパーのカットフルーツ売り場や夏祭りの夜…