読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

無排卵月経、無月経、PMSの原因は栄養不足!? 重要な栄養素5つと食べ物

月経前のイライラ「PMS」や、無月経、そして月経があっても排卵が起こってない「無排卵月経」などに悩む女性が若年層を中心に急増中です。近年、20代の「やせ」問題も浮上しており、芸能人やモデルさんへの憧れから少量しか食べず、栄養が不足しているのも原…

スーパーフードとして注目のモリンガは栄養価が高い奇跡の植物!?

ニューヨークのセレブの間で流行る健康食はスーパーフードと呼ばれ、あっという間に世界でも話題になりますね。日本でも、聞き慣れないスーパーフードの名前も、連日のようにインターネットやTV、健康雑誌で見かけるので、すぐに名前を憶えてしまいます。 そ…

就寝前に食べるとダイエットや美肌につながる身近な食べ物とは?

夜、寝る前にお腹が空いたらどうしていますか?健康や美容を気にしている方はガマンして空腹のまま眠っていることでしょう。その一方で、健康に悪そうと思いながら、スナック菓子やクッキーをつまんで、ガマンしない!という方もいらっしゃるでしょう。 後者…

甘いものでは癒されない!新型うつと美養・健康の関係

ゴールデンウィークもいよいよ間近に迫ってきましたね!しかし、その後の現実との直面からゴールデンウィーク明けに増える「五月病」。また、20~30代の若い世代に「新型うつ病」という新しいタイプのうつ病も増えています。 「新型うつ」と食生活の関係 「…

生の果物を食べると糖尿病のリスクが減る!?

4月11日(2017年)に発表されたばかりですが、イギリスのオックスフォード大学より、生の果物を食べていると、糖尿病の合併症のリスクが低減する、との研究発表がありましたね。 ※参考:PLOS MEDICINE Fresh fruit consumption in relation to incident diab…

強い心臓にするには唐辛子摂取が有効!?日本人の死因第2位の心疾患予防

働き盛りの20~40代の人たちの間では「心疾患」と言われても、高齢者の病気のイメージが強く、まだ自分とは無縁?と感じている人も少なくないでしょう。 しかし、若い頃の偏った食事が原因で、30代後半から、そして40代に入ると心筋梗塞や、虚血性心疾患など…

女性の6大不調Vol.6「便秘」予防はシンバイオティクスで!

先週からお伝えしている『女性の6大不調』。 肩こり 首こり 目の疲れ 腰痛 むくみ 便秘 本日は最後の「便秘」の原因や、予防・改善となる食べ物をご紹介します。 便秘に悩む人口は、厚生労働省の『国民生活基礎調査』(平成26年度)によると、女性は48.7%、…

女性の6大不調Vol.5「むくみ」予防にシトルリン入りの食べ物を

食べ過ぎたり、飲みすぎたりした翌朝は、鏡を見ると顔がパンパンにむくんでいて、目も腫れぼったい…。朝からブルーになりますよね。また太ったわけでもないのに、なぜかふくらはぎや腕が、腫れているように感じる、全体にカラダが重い、などなど「むくみ」に…

女性の6大不調Vol.4「腰痛」予防にカルシウムとマグネシウムを補給しよう

ずーっと座っていることの多いデスクワークの方は、腰痛に悩まされることが多いですね。たまに重い荷物を持つと、日頃、同じ姿勢でいることが多いので、途端に「ぎっくり腰」に悩まされることになります。また、腰痛が悪化していくとヘルニアなどにもつなが…

女性の6大不調Vol.3「目の疲れ」予防にビタミンAとアントシアニン

先日からお伝えしている『女性の6大不調』。 女性が不調だと感じる6つの要因は、以下の通りです。 肩こり 首こり 目の疲れ 腰痛 むくみ 便秘 本日は「目の疲れ」の原因や予防や改善となる食べ物をご紹介します。 「目の疲れ」はなぜ起こる? 目の疲れもやは…

イースターエッグにちなんで、食べ物のベビーを食べよう!

今年のイースターは4月16日の本日ですね。 キリスト教のイベントですが、近年日本でも、イースターエッグにちなんで、美しく彩られたゆで卵や、卵型の包装がキレイなチョコレートや洋菓子を見かけるようになりましたね。 イースターはキリストが十字架にかけ…

女性の6大不調Vol.2「首こり」予防に魚を食べよう!

「肩こり」と「首こり」部位が違いだけにセットで痛くなると辛いですよね。首こりは平均5kgもあるという頭部を支えているので、パソコンやスマホを見る時に、前のめりの姿勢をとり続けると、首こりになりやすくなります。首には脳と身体を結ぶ大切なリンパ類…

女性の6大不調とは?Vol.1「肩こり」に効く食べ物

女性が不調だと感じる要因は6つあると考えられています。 肩こり 首こり 目の疲れ 腰痛 むくみ 便秘 どれも思い当たるのではないでしょうか?女性に限ったわけではなく男性でもこれらの悩みは増えていることでしょう。 本日は、「肩こり」についてその発生機…

「春のプチうつ」はナイアシン不足?ヤル気、集中力を取り戻す食べ物

桜はもう終わりに近づいてきましたが、春らしい気候になってきましたね。世間では春色のお洋服やメイクなど女性なら気分も華やぐ季節かもしれません。 しかし、そういうことに一向に興味が持てず、メイクをするのも面倒、そして食べ物に気をつけること自体も…

話題の「肉食ダイエット」は倍量の野菜と一緒に!

近年、エイジングビーフ(熟成肉)、グラスフェッドビーフ、イベリコ豚、大山地鶏など、質のいいお肉や、ブランド化したお肉も増えましたね。 糖質オフの観点からも、炭水化物の摂取量を抑えて、たんぱく質摂取を増やすことが推奨されています。 日本人女性…

「野菜中心の食生活」を追求しすぎると、肌がザラついてくる!?

ダイエットや健康、美容のために、マクロビやローフードなどベジタリアン生活を送っている方は、一見、ビタミンやミネラルをたっぷりと摂っているのでヘルシーで健康なイメージがあります。しかし、ビタミンやミネラルだけを摂取しても、三大栄養素の摂取が…

マヨネーズは体に悪いのか?実は食品からのコレステロールはカラダとココロを元気にする

たっぷりと野菜が摂れるサラダにマヨネーズをかけるのは王道ですが、その一方で、マヨネーズはカラダに悪いから、せっかくの野菜摂取が台無しになると思っている人も少なくないでしょう。 実はマヨネーズ、うつ病の治療にも取り入れられている糖質オフの食事…

女性に多い鉄分不足~鉄分の吸収を驚異的に増やすには鉄分+ビタミンC

女性に多い鉄分不足。女性の中には、意外と「お肉が苦手」という人が多いですね。魚介類や野菜からの鉄分だけでは、国の推奨量にはなかなか届かず、貧血や冷え性が改善されにくいでしょう。 そこで、お肉が苦手な方でも、鉄分の吸収を驚異的に増やす、ちょっ…

食物繊維足りていますか?!自炊ができない人のために、コンビニ食で「食物繊維」を取る方法

近年、健康や、美養、ダイエットには欠かせない「食物繊維」。野菜から先に食べる、「ベジタブルファースト」も定着しましたね。私は大丈夫!と思っている方も多いことでしょう。 しかし厚生労働省「平成27年 国民健康・栄養調査」によると食物繊維の摂取量…

「すごい納豆」通常の納豆菌の1.5倍!納豆の主な健康効果5つ

納豆は平安時代から食べられていた、日本伝統の発酵食品ですね。 納豆は大豆に納豆菌をふりかけ、その後の発酵過程で、ナットウキナーゼが産生され、そして納豆になります。一般的な納豆でも優れた健康効果が望めますが、新製品ではその効力が1.5倍も望める…

アメリカで人気のヘルシースナッキングを実現!市販の美養おやつオススメ4つ

食事と食事の間の空腹時間をしっかりと確保することがダイエットに良い、という説もありますが、一方で、ちょこちょこと少量ずつ食べて、栄養補給する方が良い、という説もありますね。 私個人としては『空腹ホルモン』の働きを大事にしたいので、夕食を食べ…

お節料理と美養03~縁起の良い海の幸

お正月3日目。ステキなお正月を過ごされていますか? 『お節料理と美養』の第3回目は、縁起の良い海の幸編をお届けします! 日本はその昔、肉類は食していなかったので、伝統のお節料理は海の幸が多くなりますね。しかし、それぞれの海の幸をお節料理に盛り…

お節料理と美養02~お雑煮の秘密と美養・健康作用

お正月2日目。皆さま、すてきなお正月をお過ごしでしょうか? さて『 お節料理と美養』ということで、本日は「お雑煮」のいわれと、健康・美養効果のお話をお届けいたします! お雑煮は、一年の無事を祈り、お正月に食べる伝統的な日本料理ですね。 日本各地…

お節料理と美養01~縁起物野菜と健康作用

新年あけましておめでとうございます! 2017年もどうぞよろしくお願いいたします★ お正月三箇日は、『お節料理と美養』ということで、昔から伝わるお節料理定番のメニューについて、触れていきたいと思います。 縁起物でありますが、豊かな暮らしと健康を願…

大みそかの「年越し蕎麦」いわれと美養効果

今日はいよいよ大みそか! 皆さまの2016年はどんな年だったでしょうか? 12月の連載『免疫力と野菜の関係』は昨日で最終回となりましたが、1月の連載は4日からスタートします。 テーマは『冷え症対策と野菜の関係』です。 その合間に、日本の大みそか恒例の…

秋の花粉症対策に!ハロウィンに♪芋・タコ・南瓜のローズマリーシチュー

本日はハロウィンですね。今月に入って、かぼちゃのレシピをいくつかご紹介しましたが、今回は、秋の味覚を集めた和食「芋・タコ・南瓜」にちなんで、ホワイトシチューを作ってみました。隠し味にローズマリーを入れて煮込むと、風味豊かになります! かぼち…

美養コラム:秋はブタクサ花粉症がピーク

日本人の花粉症の1位は春の“スギ花粉症”ですが、2位は秋の“ブタクサ花粉症”と言われています。ブタクサとはキク科の植物で、生命力が強く、河川敷をはじめ、アスファルトで整備された道でも、少しの隙間から逞しく咲く雑草です。都心の街中でも、道端や街路…

美養コラム: IT社会が生み出した首の異常の原因は?

社会のIT化に伴い、首に異常を感じる人口が急増中!オフィスでも、家でもPC、移動中はスマホと、目だけでなく首にも悪影響を与えています。首の異常は脳に近いため、頭痛や集中力低下、イライラ、そして猫背やポッコリお腹まで悪影響の範囲は広そうです。 首…

美養コラム:骨が老化するとイライラが多くなる!?

「骨祖しょう症」と言えば、高齢者の生活習慣病のイメージがありますが、近年、若年層の「骨密度」の低下が懸念されています。「骨密度」は健康診断の項目にはないので、あまり知られていませんが、骨の強度を測るもの。骨密度は成人で80%以上が正常とされ…

りんごとサーモンの混ぜるだけサラダ

フルーツをお料理に使うのが、最近のお気に入りですが、リンゴと塩コショウして焼いただけのサーモンをほぐして、サラダにしたものも、相性がよくて美味でした!作り方もとっても簡単!【材料】2~3人分・リンゴ 1/2個・サーモン 1切れ・豆苗 1/2パック分・…

ハーバード式野菜スープを使ってトマトリゾット

「ハーバード式野菜スープ」のストックで、トマトリゾットを作ってみました。この野菜スープ、正式な作り方などは、書籍などをご参考頂くとして、ざっくりとした作り方は、コチラ!⇒ 「ハーバード式野菜スープ」作ってみました さて、「ハーバード式野菜スー…

「ハーバード式野菜スープ」作ってみました

最近、よく耳にする「ハーバード式野菜スープ」。キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、カボチャをカットして、水から煮込んだスープのこと。この4種類は、組み合わせた時の食味がいいのと、年中手に入りやすい、ということで選ばれたそうですが、ファイトケミカルと…

ジンジャーミルクティーとドリンク用生姜ジャム

生姜がたくさん送られてきたので、これからの季節の冷え対策と、喉のイガイガ予防に、生姜ドリンク用のジャムを作りました。生姜は、すりおろして、加熱することによって、独特の辛味成分「ジンゲロール」は「ショウガオール」という成分に変化して、硬直し…

葉わさび蕎麦ランチ

ランチで葉わさび蕎麦を頂きました。本当にわさびが効いていて、鼻にツーンときましたが、これが蕎麦との相性がピッタリ!他にネギ、カイワレ大根などの香味野菜もたっぷりトッピングされていて、カツオ節が甘い!と感じたほどです。さて、この葉わさびは、…

fromNOWにて「カボチャ」の記事が掲載されました

ありきたりではありますが、「カボチャ」の煮物の基本と、「カボチャ」の歴史について記事を書かせて頂きました。レシピや「カボチャ」についてのうんちくは下記、fromNOW(フロム・ナウ)さんの記事よりお読みください♪●カボチャの歴史⇒ http://www.from-n.…

あまった野菜で作る、きまぐれ餃子

久しぶりに餃子を作りました。あまり餃子はレシピを意識せず、あまったお野菜をみじん切りにして、挽肉と和え、つなぎに卵を一個入れるだけです。分量としては…一応レシピでご紹介します。ポイントは、あまり野菜の中に、1~2種は香味野菜を入れることです。…

今が旬♪ 柿ジャムのレシピ

先日、全粒粉100%スコーンレシピをご紹介しましたが、今日は、今が旬でスコーンにもピッタリな”柿ジャム”の作り方をご紹介します。柿は加熱するとかなり甘くなるので、お砂糖はいりません!買ってきてすぐの柿はまだ熟していないので、渋い思いをすることも…

秋の和菓子セット柿・芋・紅葉

秋の午後のひと時は、季節の和菓子もいいですね♪サツマイモの形をした小ぶりのおまんじゅう。柿の形をしたお団子。紅葉の形をした練りきり。柿や紅葉の色粉は、クチナシ粉やパプリカ粉を使ってあり、和菓子の粘り気は、長芋や里芋を使ってあります。この手の…

全粒粉100%のサクサクと香ばしいスコーンの作り方

涼しくなってくると、温かい紅茶と共に、スコーンが恋しくなります。自宅で作れば、全粒粉100%のサクサクで香ばしいスコーンが作れるので、秋になると、週に2回は焼いています。一度に6個作れるので、朝食や小腹が空いた時のおやつにもいいですよ。全粒粉10…

レンジで5分!自家製天然酵母の全粒粉ブレッド

雑穀ブームで、全粒粉のパンも注目されるようになりましたが、実際に購入するとなると高価ですよね。私は、北海道から国産の全粒粉小麦粉を取り寄せて、自分で作っております。全粒粉パンに慣れてくると、麦の香ばしい味が病みつきになり、白パンでは物足り…

5分でできるブルスケッタ 【キノコ系】

フランスパンや全粒粉パンにいろんなものをのせて楽しめるブルスケッタ。サンドイッチと違い、具がそのまま見えるので、オシャレですし、ホームパーティーにもピッタリですよね。今日は、キノコのブルスケッタをご紹介します。キノコは、お好きなものでOK! …

肌荒れ対策~スモークサーモンとグレフル押し寿司

涼しくなってくると、お肌がカサカサしてきますね。しかし、気温の高い日や、空調の温度で汗ばむ日もあり、温度や湿度で顔がテカる時もあります。化粧品や、ファンデーションでの調整もありますが、肌のカサカサも、必要以上の皮脂分泌も、外気からの影響で…

風邪予防、風邪改善、風邪の後、それぞれ何を食べるべき?【1】

季節の変わり目なので、風邪をひいている方が多いようですね。さて、「風邪にはビタミンC」とよく聞くフレーズですが…実際はどうでしょう?風邪には、・風邪をひく前 (風邪予防) → ビタミンC・風邪をひいた時 (風邪改善) → ビタミンA・風邪が治った後…

風邪予防、風邪改善、風邪の後、レシピ編【2】

◆柿の簡単レシピ「柿とアボカドのおろしサラダ」【材料】2~3人分 ・柿 1個 ・アボカド 1/2個 ・蕪 小ぶりのもの1個 ・クコの実 小さじ2程度 ・酢 大さじ2 ・醤油 小さじ1 ・てんさい糖(ラカント)大さじ1【作り方】 1、柿とアボカドはそれぞれ皮と種を取り…

夏の風物詩「枝豆」のオシャレレシピ

今週のお題「夏の食事」 夏は、ビールのお供に、夕食の食前に、おやつにと「枝豆」が大活躍ですね。毎日のように食べている方もいらっしゃるでしょう。そのまま茹でて食べるのが一番!ですが、かたすぎたり、やわらかすぎたり、塩加減の多い少ないなど… 意外…

夏の不眠症は夕食にパエリヤが効果的!?

今週のお題「夏の食事」 猛暑シーズンは、夜になっても気温が下がらず、毎日熱帯夜が続きますね。冷房のタイマーをかけても、切れると暑さで目が覚め、そこから不眠に悩まされます。さて、睡眠のメカニズムをご存知でしょうか?まず、体温が上がってから、次…

肌まで「夏バテ」?賢い食事の摂り方とは~オクラの豚しゃぶサラダ

夏本番の暑さで、イマイチヤル気が出ない、カラダがだるい…、何をするのもおっくう…という方は、「夏バテ」気味かもしれませんね。こういう時、皆さまはどんなものを食べて過ごされていますか?・食欲がないのに、アイスクリームやかき氷は進んで食べてしま…

熱中症に負けないための3つの栄養素とは?~レバニラレシピ

「熱中症」、皆様はどのように対策されていますか?一般に、水分補給と言われていますが、近年、汗と一緒に塩分も流れ出てしまうことから、ニュースでも 「水分と一緒に、塩分も補いましょう!」 ということも放送されるようになりましたね。ミネラルウォー…