野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

野菜のお話

赤パプリカは夏のダイエットに最適!その根拠は?

夏は冬よりもエネルギー代謝が下がるので、誰でも太りやすい時期だそうですね。 そんな夏に食べたい野菜として赤パプリカに注目です。 赤パプリカには、夏のダイエットに最適!?とされる成分が含まれていることがわかりました。 最新の研究ではどうなっている…

大根おろしの夏バテ予防効果~カラダを守る酵素

大根の本来の旬は冬ですが、夏は大根おろしが大活躍! 生で食べられるのでひんやりとして、辛味があるので暑さも吹き飛びますね。 大根おろしの酵素には夏バテを予防する作用が期待できますが、どんな成分に、どんな効果があるのでしょうか? 大根おろしと酵…

水虫と食生活の関係~皮膚にも免疫力をつけよう!

水虫は一般に梅雨時期に増えますが、暑い真夏も要注意です。 日本人の5人に1人、そして生涯のうちに2人に1人は一度は感染する?と推測されている水虫は食生活とも関わりがあります。 いったいどういった食生活を送っている人が、なりやすいのでしょうか? 皮…

ニンニクは7月が旬!美容効果や効能、匂いの残らない食べ方とは?

お料理の調味料的な役割として使われる野菜「ニンニク」。 イタリア料理や韓国料理、ステーキや焼肉などではニンニクは欠かせない存在ですよね。 そんないつでも食べられるように思うニンニクにも旬があり、6月~7月にかけてです。 最近、ニンニクを美容のた…

美味しい夏野菜の見分け方

夏が旬の野菜は、なす、トマト、きゅうり、えだまめ、とうもろこし、ゴーヤなどなど、年中みかける者から、夏にしか会えない野菜もありますね。 夏の野菜は全体的に、赤、紫、緑と濃い色をした原色のものが多く、暑い夏を乗り切るために必要とされる栄養成分…

ニラは夏の冷房冷えと夏バテ対策に嬉しい!簡単レシピとオススメメニュー

中華料理や薬膳料理に欠かせない「ニラ」。 香味野菜として独特の香りがあり、さまざまな料理のアクセントになるので、好きな人も多いでしょう。 ニラは冬の代表野菜の一つですが、需要が多いので「夏ニラ」と呼ばれるニラや、にんにくと掛け合わせた「行者…

トマトジュースを毎日飲むと脂肪燃焼作用が?!リコピンを効率的に吸収させるコツ

熱中症対策や夏バテ対策の水分補給に、そして夏太り対策に、気軽に買いやすいトマトジュースもオススメですね。 美容のために、100%の野菜ジュースやフルーツジュースを飲む人も多いですが、ブレンドされていて、糖質が高くなっているジュースもあるので、…

甘いスイカの判別法~カット売りの場合は?気になる効能やGI値

暑くなると食べたくなるスイカ(すいか)。 しかし、せっかく買ってきても甘くないとガッカリしてしまいますよね。 昔から、音で甘さがわかるとか、ヘタが窪んでいる方が甘いとか、いろいろ言われていますが、それはスイカ丸ごとの場合です。 近年、スイカを丸…

パクチストって何?日本でもパクチーブームが定着!肥満予防に期待大

パクチーが大好きな愛好家のことを「パクチスト」と呼ぶそうですね。 筆者はそこまでではありませんが、あの一風変わった味は虜になりました。 ベトナム料理やタイ料理ではパクチーやミント、レモングラスを使ったお料理が多く、ヨーロッパのハーブ料理とは…

枝豆はおやつや間食に食べるとダイエット効果が?脂肪燃焼や血流改善作用に期待!

おやつや間食に枝豆を食べ、スイーツを食べるクセを治すという枝豆ダイエットがにわかに注目されています。 ただし、枝豆に塩をふることはタブーだそうです。どういう内容のダイエットなのでしょうか? 枝豆とは? ビールやお酒のおつまみのイメージが強い枝…

ブロッコリーがご飯の代わりに?コンビニ弁当でも登場!栄養バランスや効能は?

糖質オフのお弁当やスイーツがコンビニでも手軽に買えるようになったので、筆者も時々、利用させていただいています。 コンビニでは、ローソンでブランパンシリーズが、ファミリーマートではRIZAPの糖質オフシリーズが楽しめますね。 そんな中、ブロッコリー…

アボカド好きな人ほど健康生活を送っている!?メタボリスクが低くスリム系男女が多し!

アボカドはギネスブックに載るほど、世界で一番、栄養価の高い植物として有名ですよね。 そんな優れた栄養価を証明するような結果がアメリカの全国健康栄養調査でわかりました。 ダイエットや生活習慣病に悩んでいる人は、ぜひ、本日の記事を参考にしてくだ…

ツルレイシ(ゴーヤ)はガン細胞も撃退!アメリカの研究発表の内容は?

夏になると「ゴーヤ」や「にがうり」の名で、スーパーの野菜売り場に並ぶ夏野菜。 正式名称は「ツルレイシ」といいます。本日の記事は、一般に浸透している「ゴーヤ」としてお話を進めますね。 ウリ科の植物なので、英名は「Bitter melon」とか「Bitter gour…

やみつききゅうりが人気急増中!塩昆布だけでつくるレシピの栄養や効能は?

夏になると、生で食べやすい”きゅうり”が時短レシピとして大活躍しますね。 そんな、きゅうりを使った時短レシピ「やみつききゅうり」が昨年(2016年)の夏あたりから人気急増中です! 人気の秘訣や、気になる栄養や効能はどうなのでしょうか? やみつききゅ…

キノコ類は電子レンジ・網焼きで調理すると栄養価が上がる?最新スペインの研究発表

キノコ類は、近年、種類によっては、屋内で製品パッケージにあわせて栽培されるようになったので、より安価で新鮮な状態で買えるようになりましたね。 屋内で栽培されるので、害虫の心配もなく、ほとんどが無農薬栽培です。 そんなキノコ類ですが、調理方法…

行者菜(ギョウジャ菜)とは?ニラとニンニクの交配種、新顔野菜の秘密

数年前に品種改良し、これから需要の伸びそうな新顔野菜「ギョウジャ菜(行者菜)」をご存知ですか? 行者ニンニクとニラの交配種で、山形県や北海道が主な産地のようです。 そのうち一般のスーパーにも並ぶようになるかもしれません。 ※写真はイメージです…

冬瓜(トウガン)の旬はいつ?名前の由来や栄養は?夏バテ対策に◎

中国の薬膳料理などによく使われる冬瓜(トウガン)。 名前から冬野菜だと思われている方も多いですが、他のウリ科の植物と同様、収穫の旬としては夏です。 一般のスーパーでも、今頃の時期から、長いと12月ぐらいまで売られていますが、一体なぜなのでしょ…

もやしは種類によって栄養が違う!ダイエットや美肌にいい種類はどれ?

いつの時代も、もやしは節約レシピやダイエットレシピとして人気がありますね。 ほとんどが水耕栽培ですぐ育つので、1袋100円以下のものが多く、カロリーも種類よって違いますが、100gで40kcal以下のものがほとんどです。 お財布にもダイエットにも優しい、…

切り干し大根ヨーグルトが人気!整腸作用がすごく、シンバイオティクスにも

切り干し大根を水ではなく、ヨーグルトで戻して食べる「切り干し大根ヨーグルト」、みなさんはもう、お試しになりましたか? 奇妙な組み合わせのようにも感じますが、切り干し大根は、乾燥していく過程で、オリゴ糖が増え、とっても甘くなります。 その分、…

ベビーリーフは家庭菜園&ベランダ菜園で人気!気になる栄養や種類は?

さまざまな葉野菜や、ハーブの新芽を集めたのが「ベビーリーフ」ですが、意外と、野菜の名前だと思っている方も多いようですね。 その名の通り、野菜の赤ちゃんである葉っぱを集めたものなのです。 今は家庭菜園やベランダ菜園で人気沸騰中のようですね。 プ…

みょうがは美容やダイエットに効果が?日本が誇る伝統野菜

日本は農耕民族なので、米を中心とた穀類、大豆と共に、野菜や魚介類を食べてきた民族ですね。 伝統の日本料理にも数多くの野菜が登場しますが、日本原産の野菜は極わずかです。 そんな中、初夏に出回る「みょうが」は日本が誇る伝統野菜です! 夏の清涼料理…

山椒は白髪予防に?栄養や効能、副作用、美味しい食べ方は?

山椒というと、ウナギの蒲焼の上にふりかける、山椒の粉を思い浮かべる方もおおいでしょう。 山椒の実は丸く、実はミカン科の果実で柑橘類なのです! 葉の部分は「木の芽」などと呼ばれ、”たけのこご飯”や”木の芽和え”など、たけのこ料理によく使われていま…

フェンネルは今が旬の痩せるハーブ!肝臓障害の改善やデトックスに

フェンネルが痩せるハーブと言われだしてから久しくたちますね。 お料理には、種は香辛料、葉は野菜としてサラダなどにも使われ、そしてハーブとして肉料理や魚料理の臭み消しなどして使われる、不思議な形をしたオシャレな植物です。 種も葉も茎も食用でき…

無限ピーマン~ツナ缶を使った人気のレシピ、気になる美容効果や栄養は?

昨年(2016年)の秋にTwitterの発信から大ブレイクした「無限ピーマン」をご存じですか? ピーマンの品種かと思ったら、れっきとしたピーマンを代表するお料理の名前なのです。ごぼうだと”金平ごぼう”、じゃがいもなら”ポテトサラダ”といった感じですね。 ピ…

シミやソバカスの対策にネバネバ野菜がいい理由とは? オクラを使った改善メニュー

紫外線対策を、どんなに張っても、10~20代はソバカス、20代後半以降はシミができやすくなるのが現実ですね... そして30代後半になると、シミだけでなく、広範囲の薄いシミのようなものが左右対称にできる”肝斑”も悩みの種に。 日中はファンデーションで覆っ…

春限定美肌食材「筍」は黒髪を守り、肌の潤いを保つ!基本の筍ご飯レシピ

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」 Sponsored by Netflix 本日から2017年度がスタート!4月は美味しい食べ物も旬を迎え、桜やキレイな花々も開花して、嬉しい季節ですね。 4月と言えば、筍の季節! 古くから日本人女性の黒髪と美肌を守ってきた春しか食…

花粉予防★野菜レシピ15~水菜とポテトのキッシュ風レンジオムレツ

花粉症対策レシピのご紹介としては本日が最後になります。 本日は、一皿で、いろんな野菜が摂れるキッシュ風の電子レンジで簡単にできるオムレツのご紹介です。 本日の野菜のお話は「水菜」です。 水菜は、アブラナ科の植物なので、イソチオシアネートやグル…

花粉予防★野菜レシピ13~レンジで5分♪ごまと春菊の米粉蒸しケーキ

昨日のブログではタキサスが花粉症の症状を和らげる確率が80%以上もあるかも?というお話をご紹介しましたが、タキサスは漢方薬やお茶が製品化されており、入手が困難な場合もあるでしょう。 しかしタキサスの主成分はリグナンということでしたね。リグナン…

花粉予防★野菜レシピ12~自律神経を整える!? 野菜メインのちらし寿司

昨日の記事で花粉症と自律神経についてご紹介しましたが、自律神経を整える食べ物には、酸っぱいものや発酵食品、食物繊維が挙がっていましたね。 そこで本日は、「酸っぱいもの」「発酵食品」「食物繊維」を一度に摂取できる、レシピをご紹介します。 日本…

花粉予防★野菜レシピ11~干し椎茸で出汁をひく!基本のお味噌汁

花粉症対策にも、腸をクリーンに、そして元気にすることが必須なのですが、それには一汁三菜の和食がオススメということを昨日のブログでお伝えしました。 発酵食品である味噌や漬物、食物繊維たっぷりの野菜、肉類を控えた魚料理、そして炭水化物をガマンす…

花粉予防★野菜レシピ10~かぼちゃとドライいちじくのレンジ蒸し

日に日に春の陽気に近づいて、日差しが気持ちがいいですね。 しかし、花粉症に悩む人々には、花粉が舞いやすいので、春の陽光を楽しむ余裕がないかもしれません。 昨日の記事で、不眠解消も免疫バランスを整えることになるので、寝る前のスイーツやスマホな…

花粉予防★野菜レシピ09~にんじん×白ねぎの豆乳ポタージュ

花粉症も冷えは大敵!ということで、昨日の記事「【6】体温を上げる食べ物とは?」で体温を上げる野菜などをご紹介しましたが、本日はレシピ編。優しい味わいのにんじんと白ねぎを使った豆乳ポタージュをご紹介します。昨日の記事の中で、白ネギは”硫化アリ…

花粉予防★野菜レシピ08~春菊と厚揚げの煮びたし

花粉をブロックするのには鼻や目、喉などの粘膜が花粉に反応しにくく、健康な状態に保つことが必須になってきますね。 残念ながら瞬時に粘膜を丈夫にする方法はありませんが、毎日の食事で、健康な粘膜の材料を摂取しておくことで、花粉に反応しにくい粘膜細…

花粉予防★野菜レシピ07~白ねぎと伊予柑のオリーブオイル炒め

昨日のブログで、花粉症の人は総じてカラダが酸性に傾いているので「カラダをアルカリ性にする食べ物」を食べると改善しやすい、というお話をご紹介しました。 そこで本日は、アルカリ性食品である白ネギと伊予柑(かんきつ類)をオリーブオイルで炒めた、さ…

花粉予防★野菜レシピ06~アレルギー症状をやわらげる!?酢れんこん

本日は、花粉症のアレルギー症状を抑えてくれる、と数年前から注目されている”れんこん”についてレシピとともにお話ししたいと思います。 レシピは、日本料理ではおなじみの「酢れんこん」です。そのまま副菜の1つとしてもいただけますが、ちらし寿司や海鮮…

花粉予防★野菜レシピ05~ごちそうポテト×ごぼうソースがけ

昨日は、花粉症と腸内環境の関係をお話をご紹介しましたが、本日は、ごぼう×じゃがいもで、食物繊維をたっぷりと摂れるレシピをご紹介します。 ごぼうの食物繊維含有量は野菜の中でもトップクラス! 食物繊維は水溶性と不溶性のものと大きく2つに分類されま…

花粉予防★野菜レシピ04~ごまたっぷり!小松菜の簡単「白和え」

昨日のブログでは、自然免疫を調整して花粉症対策をするには、ごまや亜麻仁油に含まれるリグナンがヒスタミンの放出を抑える、というお話をいたしました。 そこで、本日は、ごまをたっぷりと使う、日本料理伝統のお惣菜「白和え」をご紹介します。 デパ地下…

花粉予防★野菜レシピ03~キウイフルーツとカッテージチーズの米粉クレープ

花粉症の時は、アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑えるために、スイーツは控えた方が賢明なのですが、やはりスイーツ好きの人は食べたいですよね。 そこで、生クリームではなく、粘膜の修復に役立つカッテージチーズを使い、カラダをアルカリ性にしてくれ…

花粉予防★野菜レシピ02~酵素たっぷり!緑だけのグリーン×6サラダ

昨日のブログで、花粉症の真犯人「IgE抗体」についてお話しいたしました。食事の時に気を付けたいのが、油脂です!オリーブオイルやごま油、魚介類などからα-リノレン酸、DHAやEPAを摂ると、IgE抗体の数値を下げるに役立つでしょう。ただし、油分ではあるの…

花粉予防★野菜レシピ01~ひなまつりにも♪菜の花のいなり寿司

今月は、ピークを迎えている花粉症について連載でお伝えしていきます。 花粉症で鼻づまりや鼻水、くしゃみなどでお困りの方も多いと思いますが、わさびやマスタードなど、食べると即効で鼻にツーンとくるものを食べると、鼻が通ります。鼻水も出してしまった…

感染予防★野菜レシピ14~茹で長芋のシンプルサラダ

今月は『感染症対策と野菜の関係』を14回にわたって連載いたしました。隔日で『感染予防★野菜レシピ』もご紹介していましたが、本日で感染症対策シリーズは最終回です! 明日3月からは『花粉症対策と野菜の関係』と平行して隔日で『花粉予防★野菜レシピ』を…

感染予防★野菜レシピ13~即席!鮭ごはん&かいわれ大根トッピング

昨日の記事で、中耳炎の予防や改善になる食品をご紹介しました。日本ではまだ、中耳炎の予防や改善になる栄養成分や食事療法などは研究されていないようですが、海外の研究では、魚介類に多いDHAやEPA、そして、いちごなどベリー類に含まれるキシリトールが…

感染予防★野菜レシピ12~粘膜や細胞の修復に!水菜とささ身のナムル風

昨日の記事で、C型肝炎を悪化させる食べ物と予防食をご紹介しましたが、こと、C型肝炎に関しては鉄の摂取を抑えなければいけません。 葉野菜には鉄を含む野菜が多いですが、特に多い、ほうれん草やモロヘイヤ、小松菜などは控えておきましょう。 本日の野菜…

感染予防★野菜レシピ11~大根の甘味がたまらない♪大根と抹茶のリゾット

虫歯や歯周病も感染症の1種だと言うお話しを昨日のブログでご紹介しましたが、唾液に含まれるアミラーゼは歯をキレイにする作用が期待できます。 ものを食べる時に、よく噛むことで唾液が分泌されるので、それだけでも歯を清潔にする作用が望めます。しかし…

感染予防★野菜レシピ09~エネルギー補給に♪さつまいもの甘露煮

風邪や食中毒にかかると、体力を使うものです。そこへウイルスや細菌で免疫力が下がっているので、なかなかパワーアップできません。症状が収まっても、しばらく元気のない日が続くでしょう。 殺菌や解毒作用があるものを食べるのも必要ですし、筋力や体内の…

感染予防★野菜レシピ08~こどもピーマンとにんじんの豚肉炒め

お肉を使ったお料理は、生のものを手で触り、その手で他のものに触れると食中毒の危険が出てきますが、お料理をする手を清潔に保ち、調理器具や食器も清潔にしていれば、防げるものです。 それにお肉は、人間のカラダや筋肉を造る基礎となる、重要なタンパク…

感染予防★野菜レシピ07~甘くて殺菌作用が望める大根餅

大根おろしを食べる時は「殺菌作用があってもこんなに辛いの…!」と思うこともありますが、本日ご紹介する大根餅は、「大根と片栗粉だけでこんなに美味しいものができるの!?」と思えるほど、簡単な逸品です。加熱調理するので、殺菌作用はやや落ちますが、生…

感染予防★野菜レシピ06~かつお菜とひいかの炒め煮

食中毒予防の3原則は食中毒菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」でしたね。食中毒は、免疫力があると、被害にあったとしても、症状が軽く済むこともありますし、中には、感染しない人もいます。 アブラナ科の野菜の多いイソチオシアネートや葉酸、…

感染予防★野菜レシピ05~小松菜と鰯(いわし)のにんにく酒蒸し

昨日のブログで、『「結核」対策と予防食』をお届けしましたが、結核菌の発育阻害をする物質として、にんにくや玉ねぎに入っているアリインがありましたね。本日は、そのにんにくを使ったレシピをご紹介します。 本日の野菜のお話は「にんにく」です。 にん…

感染予防★野菜レシピ04~抗菌作用が望める♪菜の花のロールポーク

昨日のブログでは『「肺炎」対策と予防食』をご紹介しましたが、肺炎はかかってしまうと入院して治療を受けなければいけません。風邪やインフルエンザの菌が肺に回ってかかるケースも多いため、くれぐれも、風邪やインフルエンザが蔓延しているこの時期は、…