読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

日焼けを誘発してしまう果物 とるタイミングは?

f:id:miwamomoka:20150805212748j:plain

朝一番の果物は金! と朝の果物習慣を必須としている女性は多いことでしょう。スムージーやジュースクレンズがはやり、ご自宅で手作りフレッシュジュースを楽しむ方も増えていますね。特に夏は、冷蔵庫で冷やした果物で作るフレッシュジュースの美味しさは格別!

しかし、日焼けを誘発してしまう果物があることをご存じですか?食べたらいけないわけではなく、食べるタイミングを見計らう必要のある果物です。

それはオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系の果物!朝の果物の代表格ですが、柑橘系の果物には、光毒性物質「ソラレン」が含まれており、摂取してすぐに外出すると、紫外線を肌に吸収して日焼けしやすくしてしまうようです。

永久にその成分が体内にいるわけではないので、柑橘系の果物をいただいたら、少なくとも1時間以上たってから炎天下に出るようにしましょう。

炎天下での外出中に、果汁100%のオレンジジュースやグレープフルーツも注意した方がいいでしょう。

それさえ気を付ければ、柑橘系の果物はビタミンCが豊富なので、美白効果や、シミ対策として期待できますね。炎天下から帰宅した後や、出勤前に早起きして早朝に頂く分には、美養成分や、栄養補給にちょうどいい存在。

中でもピンクグレープフルーツは、果肉の色が赤いことから、トマトと同じくリコピンもとれ、抗酸化作用が働くので、日焼け対策の味方となるでしょう!

グレープフルーツはジュースやスイーツだけではなく、サラダとして頂いても美味しいですよ。並べるだけの簡単レシピをご紹介致します。

◆ピンクグレープフルーツのカプレーゼ風

【材料】 2人分

  • グレープフルーツ 1個
  • モツァレラチーズ 1個
  • お好きなスプラウト類
    ※写真は”さくらかいわれ” 茎の赤い(紫)かいわれ
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩コショウ 適量

【作り方】

  1. グレープフルーツは、中の薄皮もとっておく。モツァレラチーズは輪切りにしておく。
  2. グレープフルーツとモツァレラチーズを交互に並べて、スプラウトをトッピングする。
  3. オリーブオイルと、塩コショウで味を調えて出来上がり。
    ※オリーブオイルは1人、大さじ1ずつ

見た目もキレイで、チーズから一緒にタンパク質もとれるので、傷んだお肌の修復にもオススメです。

ではでは♪

 

美養相談はコチラ! お問合せはコチラ!