読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

空腹ホルモンダイエット1 ~はじめに

空腹ホルモンダイエット

f:id:miwamomoka:20160926222655j:plain

「毎日の食事が健康美を作る」、いわゆるインナービューティーと言われ出してから久しくたちます。

毎日のようにインターネットや女性向けの雑誌で、様々なダイエットや美容特集も組まれるようになりました。
情報過多で、どれを信じていいのかわからない!という方も少なくないでしょう。
用途や個人の体調によって、どのダイエットが良く、どの食材がいいのかなどは、断定できるものではありません。
また詳細な個人の体調もフードアレルギーも、保険適用外の精密な血液検査をしないとわからないのが現状です。
しかし費用もかからず、ほとんどの人に共通して言える健康法は、空腹時間を活用することです。

昔から「腹八分目」という言葉もあるように、お腹いっぱい食べすぎることが万病の始まりだとも言えます。
太る原因となる皮下脂肪や内臓脂肪なども、食べ過ぎによる食べ物の残骸が体内に残って、脂肪に変化して溜まってしまう老廃物なのです。
これらは、多くの方が悩む、ニキビ(顔・背中)や便秘、冷え症などの体調不良や、気分の落差など精神面にも影響をおよぼしてしまいます。

毎度の食事を栄養バランスよくキチンと食べることも大切ですが、まずは、空腹時間を利用して体内のデトックスからはじめてみましょう。
いくらカラダやお肌にいいものを食べても、体内に老廃物が溜まっていると、それが邪魔して、食べ物の栄養が体内の各器官や血管、そして外側にある肌や髪などに回りません。
カラダは食べたものの消化活動を最優先して行うので、行き場のない老廃物がさらに溜まっていくことになって、どんどん太っていくのです。

この老廃物を体外に追いやるには、空腹期間を設けるのが一番の近道と言えます。
何も絶食をする必要はありません。
睡眠時間も入れて1日に一定時間、空腹の時間を設けるだけでいいのです。
空腹時には別名「やせホルモン」や「若返りホルモン」などと呼ばれるいくつかのホルモンが分泌されて、老廃物の除去と共に、体内の各器官を修復しながら、ムリせず体重を落とし、ついでにお肌もキレイになっていくことでしょう。
旅行や女子会などでルール通りにできない日があっても、また次の日から調整していけば、リバウンドも最小限で押さえられ、落ち込む必要もありません。

近年の医学や栄養学、生物学の諸分野で研究された内容に基づいた数種の空腹ホルモンを味方につけて、悩むことなく、太りにくい体質を目指していきましょう。