読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

空腹ホルモンダイエット2~カラダは毎日の食事からできている

空腹ホルモンダイエット

f:id:miwamomoka:20160927160904j:plain

私たちのカラダは毎日食べているものから作られています。当たり前のことのようですが、食事を適当に済ませている人が多いのが現実です。野菜や果物のようにビタミンやミネラルを含む食べ物が不足すると、せっかく食事から摂取した他の栄養素が体内でうまく利用されず、血流が悪くなったり、それが原因で太ったり、病気や肌荒れを引き起こします。バランスよく食べる意味を知り、大方の食事時間を決めて、空腹時間をしっかりと取れば、太りすぎることも、肌が荒れることも、大病に悩まされる機会も少なくなってくるでしょう。

食べ物を口にした後、胃腸で消化されて、小腸に行き、そこから栄養分が血液中へ吸収されます。ヒトのカラダに存在する栄養素は、本来持っている栄養素もありますが、食べ物から吸収してストックし、そこから様々な働きを経て、健康を保っているのです。ヒトは毎日何かしら考えたり、悩んだり、歩いたり、と言った行動を起こしますが、これも食べ物から得た栄養素の働きで成り立っています。

食べ物から吸収して、体内にストックされる栄養素は糖分、タンパク質、脂肪(コレステロール・中性脂肪)、ビタミン(A・B群・C・D・E・K他約30種類)、ミネラル(カルシウム・鉄・亜鉛・ヨード他約100種類)そして水分です。食べ物から必要な栄養素や水分を吸収したら、食べ物の残骸は食物繊維と共に老廃物として腸へ移動し、やがて体外へ排泄されます。この流れがスムーズでないと、いくらカラダにイイものを食べていても、腸壁に老廃物がこびりついて、肥満の原因になります。腸がキレイな状態である“美腸”もダイエットには大切なことなのです。