読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

デストロイヤー(ポテト)といわしのチーズ焼き

f:id:miwamomoka:20161007093904j:plain

先日届いた有機野菜セットの中に入っていた、じゃがいもの一種”デストロイヤー”をいわしと一緒にチーズ焼きにしてみました。

f:id:miwamomoka:20161007093914j:plain

デストロイヤーは、濃い紫の皮と、芽の周りの皮が紅いことから、名づけられたじゃがいも。加熱すると、栗色でかなり甘く、さつまいもとじゃがいもを掛け合わせたような食感です。
レシピ写真ではいわしや他の野菜やチーズに埋まって見えていませんが、底に並べています。このレシピは塩コショウだけで、全て野菜、いわし、チーズと素材の旨味だけで焼き上げたものです。焼く時間を待つだけで簡単なので、ぜひお試しください♪

f:id:miwamomoka:20161007093922j:plain

【材料】2人分

  • デストロイヤー 3個(メークインなど普通のじゃがいもで可)
  • トマト(桃太郎) 1個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • いわし 2尾(フライ用に処理してあるものを買うと便利!)
  • 片栗粉 大さじ2
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ピーマン 1個
  • ピザ用チーズ 適量
  • 塩・コショウ 適量

【作り方】

  1. デストロイヤーは皮をむき、5mm程度の輪切りにし、5分ほど水に漬けてアクをとっておく。
  2. 耐熱皿にオリーブオイルを敷いて、クッキングペーパーで全体に行きわたらせる。その上に1のデストロイヤーを重ならないように並べる。
  3. トマトは1cm角のサイコロ型にカットして、デストロイヤーの上に散らす。
  4. いわしは一度洗ってから水気をクッキングペーパーでふき、その後、片栗粉をつける。トマトの上に置く。
  5. 玉ねぎ、ピーマンはみじん切りにし、4の上から全体に散らす。この状態でしお・コショウをふり、ラップをして、500Wの電子レンジで5分加熱する。
  6. 一度取り出して、チーズをお好みの量だけ全体にかけ、今度は電子レンジをトースター機能に切り替えて、10分焼いたら出来上がり。
    *メーカーによって機能が違うので、途中、焦げ目が出てきたら、取り出してください。

f:id:miwamomoka:20161007093930j:plain

【美養効果】

思いつくまま耐熱皿に並べて、焼いただけのレシピですが、加熱後のじゃがいもやトマト、玉ねぎ、ピーマンから甘味が出て、いわしとの相性も抜群! トマトの酸味でいわしの臭みも消えるので食べやすい一品です。
ダイエット中の方は、ご飯やパン、そしてピザなどは控えているかもしれませんが、じゃがいもはそれらに比べると、とってもヘルシーな炭水化物となります。じゃがいもは加熱するとデンプン質が出てきて、野菜と言うより、炭水化物扱いとなりますが、他の野菜でカバーされるので、GI値(血糖値上昇指数)もさほど気にしなくてもいいでしょう。
日本人は、カルシウムの不足している人口が多いで、いわしとチーズから補えます。チーズも脂質をカットしたものや、セルロース不使用の製品も出ているので、カロリーが気になる方は、買う時にチェックしてみましょう。
ピザ風の味で、ヘルシーなら、満足度もUPします! 野菜自体が調味料となる一品をぜひお試しください♪

 

本日の有機野菜を使った一品はデストロイヤー(じゃがいも)でした。
空腹ホルモンダイエット』と合わせてお楽しみいただけるレシピです。

ではでは!