読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

シンプル肉じゃが

野菜レシピ 野菜のお話

 f:id:miwamomoka:20161010174318j:plain

本日は、デパ地下の老舗料理店の「肉じゃが」のような上品な一品をご家庭で!
ということで、お出汁で丁寧に煮込む、「シンプル肉じゃが」をご紹介します♪

私の料理が上手いのではなく、手順を少し変えれば、自宅にいながら、料亭の味(?)になるのです。ぜひお試しください!

f:id:miwamomoka:20161010174337j:plain

まず、じゃがいもは煮崩れしにくいメークインを使いました。一般にスーパーなどで並んでいるじゃがいもは、メークインと男爵が多いです。メークインは写真のように細長いもの、男爵は、もう少し丸みがあります。男爵の方がホクホクがありますが、煮崩れしやすいので、ポテトサラダなどに向いています。じゃがいもの姿をそのまま楽しむ料理にはメークインが適しているでしょう。

f:id:miwamomoka:20161010174349j:plain

【材料】2~3人分

  • じゃがいも 300g
  • 牛肉(切り落とし)200g
  • おくら 5~6本

    [調味料]
  • お出汁 400cc
  • 砂糖(ラカント/てんさい糖) 大さじ2
  • 醤油 大さじ3
  • 酒 大さじ1

【作り方】

  1. じゃがいもは皮付きのまま、水から中火で20~30分茹でる。ザルに揚げ、水分を飛ばし、粗熱が取れたら、皮をむく。
    *包丁ではなく、手でむいていきましょう。茹でてあるのでむきやすいです!
  2. 鍋に[調味料]の材料を全て入れ、1のじゃがいもを静かに並べ、煮汁が半分ぐらいになるまで中火で煮込む。
  3. 2の待ち時間に別の鍋か、電子レンジで、おくらを茹でるか、蒸しておく。
  4. 2の煮汁が半分になったら、牛肉を広げて入れ、色が変わったら、煮込まずに火を止める。アクはてねいにすくっておく・
  5. 器に盛り、オクラは4の汁にサッと通してから添える。

 【ポイント】

  • じゃがいもは丸ごと、皮ごと、水から茹で、その後、出汁で煮込むと、上品な味わいになります。
  • 素材をシンプルにすることで、雑多な味になりません。
  • 素材そのものの味を活かしながらいただけます!
  • 翌日にいただくと、じゃがいもの芯まで味がしみ込んで美味!オクラは色が変わるので、翌日に持ち越す時は、別にして保存しましょう。

f:id:miwamomoka:20161010174401j:plain

【美養効果】

最初から一口サイズにカットしたじゃがいもを、玉ねぎやにんじん、しらたきと一緒に煮こむ肉じゃがも大好きですが、たまには、上品な素材の味を楽しむ肉じゃがも風情があっていいものですよ。

じゃがいもは加熱すると炭水化物に変わり、糖質の高いイメージがありますが、お肉やオクラなど低GI食品と一緒に頂くと、血糖値の上昇の心配は少なくてすみます。
ビタミンCの含有量も多く、加熱に強いと言われています。それは、加熱して現れるデンプン質がビタミンCを包んで守ってくれるため。ビタミンCは牛肉から摂取できるタンパク質と共に、体内のコラーゲン量を増やす働きもあります。

急に肌寒くなった今日この頃。お肌も乾燥してくるので、自身のコラーゲン量が減らないように、食事からも対策しておきましょう!

 

本日の有機野菜を使った一品は「じゃがいも(メークイン)」でした。
空腹ホルモンダイエット』と合わせてお楽しみいただけるレシピです。

ではでは!