読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

空腹ホルモンダイエット29~少食にしても取り入れたい食品

f:id:miwamomoka:20161017110611j:plain

空腹ホルモンダイエット

[実践編]3週目 “食べない”ダイエットがいいの?

■18日目 少食にしても取り入れたい食品

単に食べる量を少なくしても、ダイエット効果が高まらず、努力が空回りする時があります。また体重が減ってきても、バストや筋肉が落ちて、肝心の体脂肪が落ちてないことにもなりかねません。そうなると、お付き合いなどで外食が多くなってくると、リバウンドしやすく、カラダも疲れやすく、生気もなくなってきます。

少食例によく見られる「ご飯とお味噌汁だけ」「トースト1枚とサラダのみ」「食事自体を我慢してケーキ1個だけで過ごす…」などは食べている量が少なくても、カラダの基礎を作るタンパク質や脂質が不足しています。しかし糖質だけはしっかり摂っているので、カラダは栄養不足に陥らないよう、糖質を中性脂肪として蓄えてしまうのです。

食べる量を減らしているので、一時的に体重が減ることもあるでしょう。しかしそれは、あらゆる部位を支えている筋肉が減っている場合が多いのです。その結果、体重の減少と共にバストサイズが落ち、ぽっこりお腹は健在のまま…という悲しい結果になってしまうのです。

ダイエットは体重減少だけが目的ではありません。体重の減少がわずかであっても、しなやかな筋肉が、あるべき場所につき、メリハリボディになるほうが見た目は細く見えます。華奢な印象の女性アスリートが、思ったより体重があるのは、しなやかな筋肉が全身を支えているため。どちらが理想のボディだと考えますか?

具体的には、ダイエット期間中は、夜の糖質オフは必ず実行しましょう。また「太りやすい」と自覚している方は、ダイエット期間が終わっても、外食の約束以外は、夜の糖質オフを続けると、スリム体系が維持しやすくなるでしょう。

そして、タンパク質食品を適量キチンと摂ることです。朝はゆで卵1個程度、昼や夜はお肉や魚介類を100g程度を目安に。大豆製品はこれらの動物性タンパク質と一緒に取り入れると、しなやか筋肉を作るお手伝いとなるでしょう。

それにプラスして食べたいものは、野菜全般ですが、ピンポイントで「体脂肪を燃やしてお腹をペッタンコにしてくれる」と注目なのがキノコ類に含まれる「キノコキトサン」です。30年に渡るきのこ研究の結果、特にエノキタケにキノコキトサンの含有量が多いことがわかっています。動物実験でも中性脂肪や血中コレステロールの減少、血中脂質の改善、便中の脂質含有率の増加などが確認できています。また、きのこの名産地、長野県でもエノキタケを毎日の食事に取り入れた人々が「お腹から痩せていった」と証言しているほど。他のキノコ類にも含まれているので、毎日の野菜摂取の際、キノコ類も必ず取り入れておきましょう。

【参考文献】

  • 宮澤 紀子・栗原 昭一・浜屋 忠生・瀬山 智子・吉本 博明・江口 文陽;肥満モデル動物におけるキノコキトサンの抗肥満効果,日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 21(1), 30-35, 2013-04-30
  • 江口文陽著『科学が証明!エノキダイエット』第2章、メディアファクトリー,2011
科学が証明!エノキダイエット

科学が証明!エノキダイエット