読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

美髪を造る食生活13~髪の生成に必要な栄養素-ミネラル編

f:id:miwamomoka:20161123111855j:plain

 『美髪を造る食生活12』~髪の生成に必要な栄養素-ビタミン編~ でビタミンを含む代表的な食品についてお話しいたしましたが、本日は~髪の生成に必要な栄養素-ミネラル編~をお届けします♪

ミネラルの役目

ミネラルは細胞の新陳代謝やエネルギーの発生など、体内のいろんな生理作用に重要な役割をもつ元素です。食事から取り込む成分がほとんどですが、体内で血液や骨などの構成成分になったり、神経や筋肉組織の機能を正常に保ったり、各消化酵素などの働きをサポートしたりします。健康な体やキレイな肌、美髪はミネラルの活躍があってこそ成り立つのです。ミネラルの中には、頭皮と美髪を陰ながら支えているものもあります!

  •  亜鉛
    髪のメラニン色素をつくるチロシナーゼ酵素の合成や、頭皮の真皮層にあるコラーゲン生成にも関与します。メラニン色素はシミの原因の一つとなるので懸念されがちですが、髪を黒々させるには必須要素です。
    豚肉、牛肉、タコ、イカ、ホタテ、牡蠣、卵、納豆、ココア、チョコレート、ルイボスティーなどに含まれます。


  • 鉄とヘモグロビンをくっつける役目があり、造血には欠かせないミネラル。また亜鉛同様、メラニン色素やコラーゲン生成にも関与します。
    豚肉、牡蠣、エビ、ココア、チョコレート、洋梨などに含まれます。

  • マグネシウム
    カルシウムが血管壁に沈着するのを防ぎ、血行をスムーズにする働きがあります。カルシウムと一緒に摂取すると作用がパワーUP!
    玄米、あさり、いわし、ごま、納豆、ほうれん草、海苔、チョコレート、ココア、ナッツ類

  • ヨウ素
    甲状腺の働きを良くし、髪の発育を促します。基礎代謝を活発にして髪を艶やかにする作用も期待できます。ただし、摂りすぎると甲状腺が腫れるので、海藻類は食べ過ぎないようにしましょう。
    昆布、ヒジキ、わかめ、はまぐり、タラ、カツオなど

  • イオウ
    丈夫で健康な健康な髪や爪、肌を造る役目があります。不足すると抜け毛や皮膚炎の原因になります。
    牛乳、チーズ、肉類、大豆、玉ねぎ、にんにくに含まれています。

肉類の食べ過ぎは、男性ホルモンのテストステロンを優位にするので、抜け毛の原因にもなりますが、タンパク質を摂取しながら、上記のようなミネラルも含むので、1日100g程度を目安に取り入れたい食材ですね。

「魚よりお肉が好き!」、「焼肉やしゃぶしゃぶの時は野菜を食べない!」という方は、美髪や健康な頭皮を育むために、一度お肉の食べ方を見直してみましょう。

明日は、美髪を造るお肉の食べ方例としてのレシピをご紹介いたします。

ミネラル類はビタミン類と共に、微量栄養素とも言われ、食品から少しずつ、様々な種類を摂取する必要があります。ビタミンは野菜や果物に多く含まれるのに対し、ミネラルは肉類や魚介類、海藻、ナッツ類などに含まれることが多いです。しかしビタミンの力もないと体内で有効に活用できないので、野菜や果物も同時に摂取しておきましょう。