読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

免疫力UP野菜レシピ11~スティックブロッコリーの豚肉巻き

免疫力UP 野菜のお話 野菜レシピ

f:id:miwamomoka:20161220140758j:plain

昨日の記事「免疫力と野菜の関係11~食生活は「野菜:肉」=「2:1」を心がけよう!」では、肉類は細胞を造る上で材料となるので、摂取は必要ですが、食べ過ぎると腸を汚し、結局、免疫力UPにつながらないので、それを避けるためにお肉の倍量の野菜を食べましょう!というお話をご紹介しました。

本日は、お肉と野菜をたっぷり食べた!と感じられる、野菜の肉巻きレシピをご紹介いたします。ボリューム感があるのに、とってもヘルシーです。

f:id:miwamomoka:20161220140807j:plain

本日の野菜のお話は「スティックブロッコリー」です。

欧米では「スティックセニョール」という名でも親しまれている、ブロッコリーの茎の部分まで美味しくいただけるブロッコリーです。

花蕾部分は一般のブロッコリーと同じ形状をしており、味もほぼ同じです。茎の部分はアスパラのような味わいで、下部にいくほと皮が厚くなるので、ピーラーで少しむいてあげると美味しくいただけるでしょう。

キャベツの仲間「カイラン」というアブラナ科の野菜と、一般のブロッコリーを交配させ、品種改良で誕生した野菜です。

まだ珍しい野菜として認知度は低いようですが、旬の晩秋から初春にかけては一般のスーパーでも見かけるようになります。

スティックブロッコリーにも、ブロッコリーから発見された「スルフォラファン」というガン予防作用のある成分が摂取できます。

体内では毎日5000個程度のガン細胞が生まれているので、こういうお野菜で撃退しておきたいですね。

f:id:miwamomoka:20161220140814j:plain

スティックブロッコリーの豚肉巻き

【材料】2人分

  • スティックブロッコリー   6本
  • 豚ロース    (薄切り)6枚
  • 片栗粉    大さじ1
  • オリーブオイル   小さじ2
  • バター    5g
  • [調味料]   醤油・水 各大さじ1

【作り方】

  1. スティックブロッコリーの茎の部分の皮をピーラーなどで薄く取り除いておき、長さを2等分にする。
  2. 豚肉を右斜めに広げ、左下の部分にスティックブロッコリーの花蕾が見える程度に置き、下から上に巻く。
  3. すべて巻いたら、全体に片栗粉をまぶす。
  4. フライパンにオリーブオイルをしいて中火で熱し、3の巻き上りが、下となるよう並べ、3分焼く。裏返し、さらに3分焼く。
  5. 混ぜ合わせた【調味料】を4に入れ、調味料の水分で蒸し焼きにする。
  6. 5にバターを入れたらすぐに火を止め、溶けたバターが全体に回ったら出来上がり。

f:id:miwamomoka:20161220140823j:plain

【美養効果】

ベーコンで巻いても美味ですが、豚肉で巻いた方が、ボリューミーで、塩分量が抑えられます。豚肉はタンパク質食品としては、免疫細胞をはじめ、カラダの基礎を造るので大切な栄養素ですが、やはり脂質も入っているので、たっぷり野菜と共にいただきたいものです。

スティックブロッコリーやアスパラ、えのきだけなど、細長い野菜に、お肉を巻きつけると、野菜もしっかりいただけます。見た目もお肉メインに見えるので、野菜嫌いのお子さまにも、楽しみながらの野菜摂取となるでしょう。