野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

ゴールデンウィークの食べ過ぎによるお腹のプニプニと顔のプヨプヨ改善食

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

f:id:miwamomoka:20170505093149j:plain

今年のゴールデンウィークは気候もよく、薄着の季節に入ったので、お腹のプニプニや、髪を上げた時のフェイスラインが気になりだす時期でもありますね。

エクササイズや化粧品などで努力しているわりに、お腹のプニプニやフェイスラインがスッキしないのは食べ過ぎにより、「肝臓」が弱ってきているサインかもしれません。「もしや?」と思うなら早めにケアしておきましょう。

「肝臓」とお腹のプニプニとフェイスラインの関係

「肝臓」は血液の貯蔵庫とも言われており、新鮮な血液を体の隅々にまで送り届ける役目があります。また小顔を左右する顔の筋肉も、ボディラインをキープする筋肉にも、たくさんの血液が送り込まれています。そして、お腹のプニプニやフェイスラインで一番気になる「脂肪」を分解する『胆汁』を分泌する部位でもあります。肝臓が丈夫だと、血流が良くなり、筋肉が引き締まる上、脂肪もどんどん燃焼されて、自ずと、お腹のプニプニやフェイスラインの悩みもなくなるハズですが…!?

「肝臓」が弱る原因

食べ過ぎやアルコールの飲みすぎで、脂質がキチンと代謝されていないと、余剰分が中性脂肪となり、肝臓にも貯蔵されてしまいます。暴飲暴食や喫煙、刺激物の食べ過ぎ、スイーツや小麦粉製品の食べ過ぎなどは、特に肝臓を傷めてしまうので、控えめにしておきましょう。また暴飲暴食の恐れがある時は、先に肝臓を守る効果が期待できる食べ物をお腹に入れておくと予防になるかもしれません。

肝臓を守る食べ物とは?

肝臓を守ったり、回復させたいときは、グルタミン酸、システイン、グリシン という3つのアミノ酸が結合した『グルタシオン』という成分が有効と考えられています。

赤身肉、カツオ、ウナギ、卵、赤貝、チーズ、大豆などに含まれます。野菜ではホウレン草やブロッコリーに多いでしょう。

ゴールデンウィークは帰省したり、旅行に出かけたり、街中を散策したりと外食の機会も多いでしょう。ご馳走をいただくなら、お寿司など和食系にしておくと肝臓を守れるかもしれませんね。

グルタシオンだけが肝臓にいいわけではなく、様々な食材を少しずついただくのが理想ですが、肝臓にいいと考えられている成分として覚えておくといいでしょう。

暴飲暴食などの悪習慣を改善するのが一番ですが、ゴールデンウィークは非日常としてバカンスを楽しみたいですよね。『グルタシオン』を味方にすれば、肝臓から脂肪を燃焼してくれる『胆汁』がどんどん分泌されて、急な体重増加などは未然に防げるかもしれませんね。急な異変はカラダに負担をかけるので、残り少なくなってきたゴールデンウィークの数日で、体調を整えておきましょう。