野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

MENU

血管年齢の若返りは肌と脳のアンチエイジングに!秘密はピスタチオ・アーモンド・クルミ

f:id:miwamomoka:20170618150054j:plain

実年齢が40代、50代、それ以上でも10歳以上若く見える人もいれば、20代、30代なのに、10歳以上老けて見えてしまう人がいるのも現実ですね。生まれつきの容姿や加齢の問題ではなく、血管年齢が若いかどうかの問題かもしれません。

近年「血管年齢の若返り」などと謳ったサプリメントや化粧品、機能性食品なども見かけるようになりましたが、天然の食材でも十分、血管の若返りは計れるかもしれません!

血管の老化とは?

まずは、様々な不調を招いてしまう、血管の老化の原因を見て行きましょう。

野菜や果物、ナッツ類、魚介類など、抗酸化作用を含む天然食材の摂取が少ない人は、総じて血管が硬い場合が多いようです。またそういった人の食生活は乳製品や肉類の摂取が多いため、血管にコレステロールなどが溜まり、血管の通り道も狭くなっているケースもあります。そうするとカラダ全体に血の巡りが悪くなるので、血管年齢が高くなり、実年齢に関わらず、シワやシミが目立ち、見た目年齢も高い、という調査結果も出ています。

血管が硬いことで起こる不調は、

  • エネルギー代謝の低下
  • 臓器全体の老化
  • 肌のハリがなくなりシワが増える
  • 冷えがひどくなる
  • 認識機能の低下

などが挙げられています。

血管年齢の若返りとは?

血管の細胞には、カラダのあらゆる部位を健康に保つ様々な物質をつくるため、血管が柔らかい人ほど、血の巡りがよく、酵素が働き、血管細胞の「NO(一酸化窒素)」が産生されやすくなるため、若々しくなるようです。そのため実年齢よりも10歳以上若く見える、といったプラスの嬉しい現象が起こるのですね。

こうして血管が硬くなる人も、血管が柔らかく保てている人も、日々、食事をしていますね。その食べているものの内容に秘密が隠されているかもしれません。

秘密はピスタチオ・アーモンド・クルミ

必ずしも、血管年齢の若い人たちが、この3つのナッツ類を食べているとは限りませんが、モデルさんや、美人にはおやつにナッツを取り入れている人が多いのも現実ですね。この3つを揃えて食べる必要はありませんが、他のナッツ類に比べて、この3つが血管年齢の若返りにいいことがわかってきました。

ナッツ類は脂質も多いので、食べ過ぎには注意が必要ですが、1日25gぐらいまでがベストな量のようです。

  • ピスタチオ 50粒程度
  • アーモンド 25粒程度
  • クルミ 8粒程度

ナッツによって大きさが違うので、あくまで目安ですが、それぞれのナッツの栄養成分なども見てみましょう。

ピスタチオの栄養成分は緑黄色野菜なみ?

カリウムが豊富で、ピスタチオの脂質は血管を軟らかくするオレイン酸を多く含みます。緑色が特徴のピスタチオですが、他に鉄、銅などのミネラル、そしてビタミンA(β-カロテン・カロテノイド)、ビタミンB群などのビタミン、目の光老化を防ぐルテインやゼアキサンチンを含んでいます。

以前からピスタチオは血圧を下げる作用が注目されていましたが、近年の研究ではピスタチオを毎日適量摂るようにすると心疾患などのリスクが下がり、血管の柔軟性が高まることなどもわかってきました。

適量を守れば、生活習慣病予防にもなりますね。

アーモンドはダイエットや肌のAGEsを防ぐ?

血管が老化する原因の1つにAGEsがあります。

AGEsは、肌組織などに張り巡らされているコラーゲン(たんぱく質)が糖と結びついて起こる現象で、老化たんぱく質に変わり果ててしまいます。そうすると肌や血管が硬くなってしまうのです。

それを防ぐのがアーモンドに含まれるビタミンEやポリフェノール類などの抗酸化成分です。以前から美容おやつとして様々なメディアでアーモンドが紹介されていましたが、理に叶っているようですね。

クルミは脳や骨を健康に保つ?

クルミは他のナッツ類に比べ、リノール酸とαリノレン酸がバランスよく含まれているのが特徴です。αリノレン酸はn-3系脂肪酸となるので、脳の活性化にいいことでも有名ですね。他に血管はもちろん、細胞膜も柔らかく健康に保つ作用が期待できます。また善玉のHDLコレステロールを増やすため、悪玉のLDLコレステロールを減らして、血液をサラサラにする 作用も望めます。

クルミ独特の苦味はポリフェノールによるもので、脂肪酸の老化をストップして血管の炎症も抑えてくれるでしょう。他に骨を健康に保つ、乳がんや糖尿病のリスクを下げるなどの作用が期待できます。

 

一般のスーパーでも気軽に買えるナッツ類ですが、植物油で揚げているものやローストタイプのもの、加塩のものなどがあります。なるべく最大限にナッツの栄養成分を体内で活かすためにも生のナッツを買うようにしましょう。