野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

手足口病は大人がかかると重症化しやすい?改善する食べ物、避けたい食べ物

今年は、子どもを中心に
「手足口病」の患者が急増しているようですね。

しかし、大人がかかると重症化しやすいと言われています。

お子さまから感染する場合もあるので、
感染経路や回復食、避けたい食べ物などをご紹介します。

f:id:miwamomoka:20170712135058j:plain

手足口病とは?

手足口病は一般に、夏の子どものはやり病と考えられています。

実際に、手足口病の約90%は5歳以下の乳幼児です。

しかし、大人も手足口病に感染するケースも存在しているので、
「子どもの病気」だからだと油断できません。

また、ご自身が子どもの頃に、
手足口病にかかったから、
大人になると免疫ができていてかからない!
と思いがちですが、
はしかやおたふく風邪と違い、
一度感染していても発病の可能性はゼロではない病気なのです。

大人がかかると重症化しやすい?

一般に手足口病にかかると、
熱が出た場合は、38度以下が大半だといわれています。

しかし、これは子どもの場合のことで、
大人がかかると、30%ぐらいの割合で、
40度近い高熱となるようです。

その上、指先に発疹やかゆみが出てきて、
1~2ヶ月後に爪が剥がれてしまうという恐ろしいケースもあります。

子どもの手足口病の症状と同じように、
手と足と口の水疱をはじめ、
頭痛や筋肉痛、寒気といった症状も起こります。

大人の手足口病は、
子どもがかかった時の症状にプラスして、
重症化するケースが多いようです。

大人の中でも、胎児への影響が気になる妊婦の方は「妊婦の手足口病の症状・治療法と胎児への影響」を参考にしてください。

大人の手足口病の感染経路は?

感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染の他、
ウイルスのついた手でものをさわったりする接触感染などがあります。

予防としては、風邪やインフルエンザと同じように、
マスクや手洗い、うがいなどがあげられます。

また風邪やインフルエンザと同様に、
ご本人の免疫力にもかかっているので、
日頃から、抗酸化力のある緑黄色野菜や
殺菌作用のある香味野菜を食べるなど、
食事面からも予防しておきましょう。

大人の手足口病の場合、
感染している子どものオムツ交換をした際、
手洗いが不充分のまま食べ物を扱ってしまう、
糞口感染が主な感染経路の1つとして問題視されています。

糞口感染により、
子どもの手足口病が母親に感染するケースが多いので、
オムツ交換の後は手洗いを徹底し、
アルコール消毒なども心がけましょう。

手足口病にかかってしまったら?

手足口病に関しては、
専門の治療薬や予防となるワクチンなどはなく、
口の中の水疱は、うがい薬など殺菌作用のある
医薬品でうがいをしっかりとすることです。

また、自己判断で頭痛薬や傷み止め、
かゆみ止めなどの市販薬を用いても
治らないことが多いようなので、
必ず医療機関へ行き、
医師が処方したお薬で治すようにしましょう。

頭痛や寒気がひどい時は、
まれなケースですが、
脳炎など命にかかわる病気に発展するケースもあるようです。

改善食には消化が良く栄養価が高いものを

手足口病にかかると、
口に水疱ができてしまうので、
食べ物が口の中でしみる場合もあります。

塩辛いものや香辛料などの刺激物は避け、
味も感覚がまひしてわかりにくいので、
調味料は控えるか、なしでもいいでしょう。

手もしびれて食器類やおはしなどがうまく使えない場合もあります。

スプーンなどで口に運びやすいメニューがいいでしょう。

味がわからないとはいえ、
栄養をつけないと体力が落ち、
ますます免疫力が下がるので、
柔らかく煮た野菜を小さく切ったり、つぶしたスープや、
卵がゆ、おかゆ、リゾットなどをいただきましょう。

そしてたんぱく質食品は、
ほぐした白身魚、鶏ミンチなどを
リゾットやスープに入れていただきましょう。

豆腐や卵豆腐、ごま豆腐なども食べやすいですね。

たんぱく質食品と共に、
野菜は抗酸化力のあるニンジンやカボチャ、
ほうれん草などからβ-カロテンを取るようにしてください。

調理をせずに食べられるバナナやアボカドもオススメです。

手足口病の時に避けたい食べ物

味付けの濃い中華料理や、
カレーや韓国料理など香辛料を使う料理は避けるようにしましょう。

また香味野菜は殺菌力があるので、
予防食としてはいいのですが、
発病した時は、
口の中でしみてしまうことがあるので、
落ち着くまでは避け、
様子を見て、加熱してから取り入れてください。

また果物やビネガー類もクエン酸が含まれていて、
予防食にはいいのですが、
香味野菜と同様に、
落ち着くまで、食べないようにしましょう。

 

食べ物に関しては、
お子さまの手足口病でも参考になると思います。

今年は例年よりも倍以上の件数が報告されているとのこと。
お子さまのケアはもちろん、
手足口病にかかったお子さんのご両親は、
特に大人の手足口病の発症リスクが高いので、
手洗いやうがいを徹底し、
感染しなくて済む免疫力をつけておきましょう。