野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

MENU

夏こそビネガー!揚げない蒸し酢豚レシピのご紹介

夏の疲労回復には様々な栄養成分や食べ物が、
連日、TVなどで紹介されていますね。

人間のカラダには「クエン酸回路」というものが存在するので、
やはりダイレクトに届きやすいビネガー類が
夏の疲労回復にいいでしょう。

もちろんビネガーやクエン酸だけがいいわけではありませんが、
本日はビネガーを補えてスタミナもつく
「酢豚」のレシピをご紹介します。

ビネガー(お酢)の疲労回復作用

2017年6月29日の記事で『酢ベジ』についてご紹介しましたが、
3週間ほどたった今でも、
毎日多くの方にお読みいただいており、嬉しく思います。

ビネガー(お酢)の作用や疲労回復作用などの仕組みは、
内容が重複するので、過去記事もあわせてお読みください!

揚げない蒸し酢豚レシピ

本格的な中華料理の酢豚は、
豚肉をはじめ、野菜も全て素揚げしてから調理しますが、
これではカロリーが高くなってしまいますね。

素材を高温の油で揚げるのは、
野菜の色を鮮やかにしたり、
高温の油を通すことで、
栄養をとじこめる作用もあるので、
決してマイナス要因ではありません。

でもせっかくならヘルシーにいただきたいものです。

そこで、電子レンジを使って蒸し豚と蒸し野菜で作る、
酢豚のレシピをご紹介します。

f:id:miwamomoka:20170718110738j:plain

【材料】2人分
  • ピーマン 大き目2個
  • にんじん 小1本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 豚肉(カレー・シチュー用) 150g前後
  • 酒 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • ごま油 小さじ2(仕上げ用)

 [甘酢あん]

  • お酢 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • ケチャップ 大さじ2
  • 砂糖(ラカント・てんさい糖) 大さじ3
  • 片栗粉 小さじ1
【作り方】
  1. 豚肉は片栗粉をまぶしてスチームケースに入れ、
    酒をふりかけてフタをし、
    500Wの電子レンジで1分30秒加熱し、
    一度お皿に取り出しておく。
    ※豚肉の旨味を利用するのでスチームケースは洗わずに!
  2. ピーマン、にんじん、玉ねぎは一口大の乱切りにし、
    2で使用したスチームケースに入れてフタをし、
    500Wの電子レンジで3分加熱。
  3. 材料の[甘酢あん]を待ち時間によく混ぜ合わせおく。
  4. 3に2の豚肉と、
    [甘酢あん]を入れてよく和え、
    500Wの電子レンジで1分加熱する。
    一度取り出し、
    とろみが足りないようなら30秒ずつ再度加熱する。
  5. 仕上げにごま油を混ぜ合わせる。
    ※電子レンジ用のスチームケースがない場合は、耐熱皿とラップでもOKです。

酢の物やマリネなどはビネガーの酸味がきつく感じ、
苦手な方もいらっしゃるようですが、
酢豚なら食べやすいでしょう。

たっぷりと野菜もいただけ、
豚肉でスタミナもつくので、
夏のビネガー摂取にオススメレシピです。