野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

MENU

紫外線から体を守る~男性もシミはタブー!日焼けしたい場合は?

女性と違い、
男性の日焼けは色白男性よりも頼もしく見えるかもしれません。

しかし、やはりシミはタブーですよね。

日焼けとシミは少しメカニズムが違います。

簡単な皮膚の構造と紫外線対策、
そして食事ケアを覚えておくと、
ムラなく日焼けできるかもしれません。

f:id:miwamomoka:20170719145450j:plain

シミは紫外線によるもの

男性のシミも女性のシミとメカニズムはほぼ一緒で、
ほとんどが紫外線によるものです。

男性は女性のように、
日焼け止めクリームを塗ったり、
お化粧をしないので、
素肌が直に紫外線にさらされていることが多いですね。

紫外線には2種類ある

紫外線には2種類あり、
一般に色黒肌にする「日焼け」はUVB(サンバーン)という紫外線で、
皮膚の表面を軽く火傷状態にして色黒にします。

もう一つのUVA(サンターン)という紫外線は、
皮膚の奥の真皮層にあるメラニン色素を刺激して、
シミを作る原因を作ります。

今の日焼けは秋口にシミになるかも?

男性は日焼け肌をそのままにしておく傾向があります。

すぐにシミとなって表面には出てこないかもしれませんが、
肌の表面はターンオーバーといい、
約28日サイクルで生まれ変わるので、
肌の表面は約28日間かけて生まれ変わります。

その時に、肌奥の真皮層にダメージを受けた部分が上に押し上げられ、
シミが、ある日突然出現することになります。

今はシミの心配がなくても、
秋口にシミが出現してくるかもしれません。

ビタミンCをこまめに

シミケアは活性酸素の働きを制御するのが一番なので、
ビタミンCをこまめに摂取しましょう。

活性酸素はストレスやタバコを吸う人も要注意です。

そしてタバコを吸う人はビタミンCの消失が早いので、
余計にシミが出やすくなるようです。

ビタミンCはレモンなど柑橘系の果物を思い浮かべがちですが、
サラダや料理の付け合せなど、
野菜からも摂取できます。

男性は女性に比べると野菜嫌いの人が多いですが、
シミ予防のために残さず食べるようにしておきましょう。

ビタミンCは体内の滞留時間が短いので、
毎食摂取するのがベターです。

タバコを吸う人は、口臭を消すために、
タブレットを利用している方も多いと思いますが、
ビタミンC入りの製品もあるので、
ちょっとした習慣からもビタミンC補給を心がけてみてください。

男性も鉄が不足している?

男性は女性に比べて鉄が不足しにくいと言われていますが、
近年、男性の鉄不足も増えいます。

赤身肉やレバー、赤身のマグロやカツオなどから摂取しておきましょう。

焼肉やお刺身は野菜と一緒に食べやすいので、
特にお肉の倍量の野菜を食べることを目標にしてみましょう。

 

ムラのない日焼け肌のためにも、
バランスよく食事をするように心がけましょう。