野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

MENU

夏カレー!電子レンジで作る本格レシピ~食中毒予防や夏バテ対策に

暑くなると食べたくなる夏カレー!

夏カレーには夏に必要な栄養成分が満点です。

夏の疲労回復やむくみ、
紫外線による老化防止など。

電子レンジで1食分ずつ簡単にできる、
本格夏カレーで夏を乗り切りましょう。

f:id:miwamomoka:20170720112052j:plain

食欲を増すスパイスが夏の疲れたカラダを元気に

カレー粉にはウコン、コリアンダー、トウガラシなどなど、
数種類のスパイスが入っていますね。

健康やお料理に関心のある方は、
市販のカレールーではなく、
カレー粉から本格カレーを作ってみましょう。

  • ウコン
    殺菌効果や浄化作用があり大人ニキビや吹き出物の予防になるでしょう。

  • コリアンダー
    腸内に溜まった毒素を排出するので、腸活に取り入れたい!

  • カルダモン
    皮膚や体内の細胞を活発にして体内組織の正常化に

  • クミン
    生理不順の改善に効果が期待され、
    肌のターンオーバーなどの正常化も

  • ガラムマサラ
    脂肪を燃焼するので、ダイエットや冷え予防に。

夏が旬の野菜を使おう

夏野菜は水分も多く、
外出前には体温下げ、
カラダを冷やすのでありがたい存在ですが、
冷房の効いた部屋では逆に冷えてしまいます。

しかしカレーのスパイスはカラダを温める作用があるので、
夏野菜も温野菜としていただけますね。

カレーのベースとなる代表野菜トマトやタマネギのほかに、
ナス、ピーマン、パプリカ、オクラ、アスパラガス、
枝豆、ゴーヤなどをたっぷり入れて煮込みましょう。

夏カレーは作り置きしない

夏カレーは毎年、
作り置きのお鍋からウェルシュ菌などが増殖し、
食中毒となっています。

そのため、大きなお鍋での作り置きは、
なるべく避けるようにしましょう。

1食ずつ、食べる時にその都度、電子レンジで調理すれば、
お鍋での調理のように、
加熱不十分という心配が少ないですよ。

電子レンジで簡単!本格夏カレー

【材料】深めのスチームケース1つ分

(共通)

  • タマネギ 小1(約220g前後)
  • にんにく 1カケ
  • エリンギ茸 1パック
  • 米油(菜種油) 大さじ4
  • 塩 小さじ2.5
  • トマト缶 200g
  • 豆乳(牛乳またはココナッツミルク)200cc
  • カレー粉 大さじ1.5 (お好きな香辛料合計大さじ1.5杯分)

(その他の食材)

  • お好きな夏野菜、お肉、魚介類など 合計400g分
  • ご飯やナン、パンなど
【作り方】
  1. タマネギ、ニンニク、エリンギ茸をフードプロセッサーに入れて攪拌する。
    (または極細かいみじん切りに)
    夏野菜やお肉、魚介類は食べやすい大きさにカットしておく。
  2. 1とお好きな夏野菜、お肉などを、
    深めのスチームケースに入れて500Wの電子レンジで5分加熱する。
  3. 【材料】(共通)の他の食材も全て2に入れてよく混ぜ、
    さらに4分加熱して出来上がり。
    ※スチームケースが浅い場合は材料を全て1/2の量にしてお作りください。

旬の夏野菜に、カレーのスパイスが加わると、
相乗効果で夏バテや夏風邪予防だけでなく、
紫外線によるダメージや美白対策にもなります。

その上、食欲もアップするので、
夏カレーは夏場にぜひ取り入れてみましょう。