野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

ベンピ肌とは?夏の肌トラブル4つと足りない栄養

「ベンピ肌」という言葉をご存知ですか?

夏に起きやすい代表的な肌トラブル、
「毛穴のつまり」「毛穴の開き」「くすみ」「大人ニキビ」
この4つの総称のようです。

肌のターンオーバーが乱れているのが原因のようですが、
さらにそのターンオーバーの原因は栄養不足のようです。

一体どういうことなのか、原因をみてみましょう。

f:id:miwamomoka:20170721143642j:plain

肌に悪いものを溜め込む「ベンピ肌」

夏は食欲不振になりがちで、
どうしても栄養不足になる人が多いですね。

そうすると肌のターンオーバーが乱れ、
肌にも老廃物や古い角質が溜まってしまいます。

毛穴の詰まりや開き、くすみ、
そして大人ニキビなどの吹き出物が出やすいことから、
専門家の間でベンピ肌と呼ばれるようになったそうです。

思い当たる方も多いことでしょう。

「ベンピ肌」改善に必要な栄養成分

ベンピ肌の原因である肌のターンオーバーの乱れは、
女性の半数が悩んでいる言われる冷えも原因の1つです。

冷えを解消する意味では鉄の補給が大切です。

また「肌がキレイな人は腸もキレイ」と言われるように、
腸の便秘自体も解消する必要があります。

夏の肌の不調は冷え改善が期待できる「鉄」と、
美腸にしてくれる「乳酸菌」が重要です。

 ●鉄の働き

鉄は冷え改善だけでなく、
アミノ酸やビタミンCと共に、
肌のターンオーバーの正常化に関与する、
コラーゲンを生成したり、
紫外線などでダメージを受けた肌細胞の再合成にも役立つでしょう。

 ●乳酸菌の働き

乳酸菌は美腸の基本である、
腸内環境の改善に必要なものですね。

善玉菌を増やしてくれる食材を摂取して、
ベンピ肌も改善できるよう、
老廃物をきちんと排出しておきましょう。

「ベンピ肌」の改善や予防に役立つ組み合わせ例

アミノ酸と鉄が直結している動物性タンパク質からは、
「ヘム鉄」が摂取できます。

それと植物や海草からは「非ヘム鉄」が採れます。

これにビタミンCと乳酸菌が加わると、
理想的な改善&予防メニューとなりますよ。

  • 牛スジ×ビーンズ×野菜のトマト味噌汁
    お味噌から乳酸菌を、
    牛スジ(ヘム鉄)、
    ミックスビーンス(非ヘム鉄)、
    トマトやケール、モロヘイヤなど
    夏の緑黄色野菜(非ヘム鉄・ビタミンC)を
    一緒に煮込むだけでコクのあるオシャレなお味噌汁に!
  • 豚キムチ×ホウレン草ナムル
    豚肉から「ヘム鉄」、
    ホウレン草から「非ヘム鉄」がとれます。
    キムチとナムルは野菜を発酵させているので、
    乳酸菌と鉄の吸収を高めるビタミンCが摂取できるでしょう。
  • マグロの海鮮サラダ×ヨーグルトドレッシング×ナッツ
    マグロから「ヘム鉄」、
    緑黄色野菜(ビタミンC)とナッツから「非ヘム鉄」を。
    乳酸菌は無糖ヨーグルトを使ったドレッシングをかけていただきましょう。

ベンピ肌はアウターケアとして、
洗顔や化粧水などである程度改善できるかもしれません。

しかし真の美肌は体内から培われるものです。

そのためには、腸の便秘とも密接に関係がありますね。

腸内環境をよくすることが、
ベンピ肌の改善にもつながっていくでしょう。