野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

MENU

ピタヤはアサイーを超える?スーパーフード

ドラゴンフルーツの名で、
夏になると見かける果物ピタヤ。

ハワイではアサイーを超えるスーパーフードとして、
人気が高まっているようです。

日本では薄い紙にくるまれて、
繊細な高級果物として売られているイメージがありますが、
美容効果や健康効果どれほどのものなのでしょうか?

f:id:miwamomoka:20170724142108j:plain

ピタヤとは?

南国で育つサボテン科の果物で、
形がユニークなことからドラゴンフルーツとも呼ばれています。

ハワイや台湾、日本では沖縄や鹿児島などで栽培されています。

ユニークな見た目とは裏腹に、
味は淡泊で、甘味が少ないさっぱりとした果物です。

一般によく見かけるのは、
果皮がショッキングピンクのもの。

見かけは似ていますがカットすると、
そのまま中も鮮やかな紅いものと、
中は白いものがあります。
レアモノになりますが、
果皮が黄色く、中が白いピタヤもありますが、
味はどれも大差はありません。
赤いものがやや甘く感じるでしょう。

日持ちがしないので、
購入したらすぐにいただくようにしましょう。

ピタヤの栄養成分や効能など

ピタヤは果物の中でも糖分やカロリーも少なく、
葉酸やマグネシウム、食物繊維、カリウムが豊富で、
どちらかというと野菜のような栄養構成ですね。

葉酸は妊婦さんや授乳中の方に必要な栄養素で、
貧血予防にもいいでしょう。

マグネシウムは夏の暑さによるイライラ予防にいいでしょう。

そして夏バテ予防や熱中症よる脱水症状を予防する
水分やカリウムも豊富です。

食物繊維も豊富なので、整腸作用も望めるでしょう。

f:id:miwamomoka:20170724141949j:plain

紅いピタヤに秘められたものとは?

ピタヤは果肉が紅いものに限ってですが、
ベタシアニンという、
ポリフェノールの1種である色素成分が多く含まれています。

この物質はポリフェノール特有の強い抗酸化作用を持ち、
がんを抑制する働きがあるといわれています。

そして紫外線による活性酸素などの撃退にも役立つので、
美容面でも強い味方となってくれそうですね。

ピタヤの食べ方

ピタヤはどうやって食べるの?
という声もよく聞きますが、
見た目のわりに、包丁の通りもよく、
縦半分にカットしてスプーンですくって食べたり、
オレンジのようにくし型にカットし、
果皮と果肉の間を食べやすいように、
切れ目を入れておくのもいいでしょう。

  • カットフルーツとしてそのまま食べる
  • ベビーリーフと一緒に、1口大にカットしたピタヤを
    サラダとして食べる
  • 皮を取り除いて、薄くスライスし、
    ハンバーガーなどにはさむ
  • スムージーやジュースクレンズで飲む
  • オリーブオイルやビネガー、塩と一緒に
    ミキサーにかけドレッシングにする

などの楽しみ方があります。
黒い粒々も食感のアクセントになります。

果物は果糖が多いので、
食後高血糖などでタブー視されることもありますが、
ピタヤなら低GIで、カロリーも低く、水分も多いので、
夏の不調改善にもオススメです。