野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

七草粥は昔から伝わる正月太り改善メニュー!

今年の七草粥は、3連休のど真ん中!
お仕事が始まっていると、食べる機会を逃してしまうものですが、今年はゆっくりと七草粥を楽しめますね。

七草粥は、昔から、年末年始のご馳走で、疲れた意を休める習わしとして今に語り継がれている元祖「正月太り」改善メニューでもあります。

f:id:miwamomoka:20180104161305j:plain

七草粥の習わし

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」として、前年の厄払いをして、新年の「無病息災」と「豊作」を祈願する節句です。
古来より、農業国である日本では豊作を願っていましたが、近代ではお仕事の精進や事業の成功を祈願する方も多いでしょう。

そうした意味でも、縁起食である「七草粥」はぜひとも食べておきたいですね。

昔から、お正月のご馳走三昧で「食べ過ぎると胃が疲れる」ということはわかっており、胃腸を休ませるために、「人日の日」である7日に、縁起の良い7つの薬草を、お粥に入れて食べたのが始まりだと考えられています。

七草の種類といわれ 

近年ではさほど気にする人もいなくなりましたが、昔は七草の呼ぶ順番が決まっていたそうです。
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、という順番です。

  1. せり(芹)=競り勝つ
    β-カロテンの他に鉄やビタミンB2を含み、冷え対策に。
  2. なずな(ぺんぺん草)=撫でて汚れを除く
    解毒作用や利尿作用が期待できるので、むくみ予防に。
  3. ごぎょう(キク科の母子草)=仏体
    解毒作用に優れているので、気管支や扁桃腺など喉のいたみ・風邪予防に。
  4. はこべら(撫子の一種ハコベ)=繁栄がはびこる
    利尿作用に優れ、むくみ解消になるでしょう。
  5. ほとけのざ(キク科の一種)=仏の安座
    抗酸化作用と解毒作用があり、風邪やインフルエンザなどウィルス対策に。
  6. すずな(蕪)=神を呼ぶ鈴
    疲れた胃腸を守り、リラックス作用が期待できます。
  7. すずしろ(大根)=汚れのない清白
    疲れた胃を改善に向かわせ、体内のデトックスに最適です。

七草粥の作り方

七草粥の作り方は、昨年、ご紹介したので、過去記事をぜひご参考にしてください!

七草のアレンジメニュー

七つの薬草が入った「七草セット」が購入できますが、全部使いきれない場合もあるでしょう。
そんな時は、

  • パスタのトッピング
  • 肉料理や魚料理のソース
  • お味噌汁の具
  • 混ぜご飯(おにぎり)の具
  • 浅漬け
  • パン生地に練りこんだ自家製七草パン

などにしていただきましょう。

お粥に限らず、「人日の日」である7日に、七草を食べることに意義がある(?)なので、本日中にぜひともいただいて、お仕事や目標の「豊作」を願いましょう!