低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

紫外線対策はカラダの中から!紫外線に負けない朝食の内容とは?

7月も中旬にさしかかると、
朝から日差しが強く、
日焼け対策が気になってきますね。

隈なく日焼け止めクリームを塗っておくのが理想ですが、
面倒ですし、塗る時間がない時もあります。

日焼け止めが塗れなくても、
カラダの中から紫外線ブロック効果が期待できる
朝食のポイントをご紹介します。

f:id:miwamomoka:20170709205327j:plain

紫外線が肌に与えるダメージ

紫外線は肌を通して、
皮膚内部の真皮層にまでダメージを与えます。

真皮層が毎日食べたものでキレイに構成されていれば、
ダメージは最小限ですむかもしれません。

「日焼け」とは皮膚の中にある色素を生成する細胞、
メラノサイトを紫外線が刺激すると、
チロシナーゼという酵素が出てきます。

これがメラニン色素を増やす犯人です。

メラニンは肌のターンオーバーと共に表面からはがれていきますが、
紫外線を浴び続けると黒いメラニンが皮膚に沈着し、
シミやソバカスに発展していきます。

顔の場合はお化粧である程度隠れますが、
首筋やうなじ、腕、脚などの皮膚もほぼ同じ構造なので、
気をつけたいですね。

紫外線対策別、朝食例

紫外線がメラニン色素を増やす、
というカラクリがわかったところで、
朝食には、紫外線をブロックしやすい食材を摂取しておきましょう。

どのお料理にも吸収をよくするために、
数種類の野菜を組み合わせたサラダもつけくわえましょう。

  • メラニン色素を抑制したいなら
    オクラのクルミ和え焼き鮭野菜たっぷりのお味噌汁
    クルミに入っている”エラグ酸”、
    味噌からとれる”コウジ酸”、
    鮭に含まれる”アスタキサンチン”が
    メラニン色素の生成を抑制するのに役立つでしょう。
  • 黒色メラニンを消したいなら
    オートミールと牛乳+ビーフジャーキー+たっぷり野菜サラダ
    紫外線を浴びてしまっても、
    アミノ酸の一種である”L-システイン”を
    十分に摂取できていると
    黒いメラニン色素にならずにすむでしょう。
    ”L-システイン”が含まれる、
    オートミールや牛乳、蜂蜜を。
    また朝からステーキはさすがにタブーですが、
    牛肉にも”L-システイン”が含まれるので、
    ハムの代わりにビーフジャーキーにしてみましょう。
  •  肌のターンオーバーを促したいなら
    マグロとアボカドのサラダ+目玉焼き(オムレツ)+あさりのスープ
     メラニンは肌のターンオーバーの時に、
    いずれ、はがれていくものです。
    紫外線を浴びてしまったら、
    ターンオーバーを正常化しやすい
    「タンパク質+ヘム鉄+亜鉛」
    の組み合わせでいただいてみましょう。
    マグロ、卵、あさりはこの3つの栄養素が全て含まれています。

朝から朝食を用意するのは大変ですが、
コンビニやスーパーでのお総菜、
また外食や、夏の旅行のモーニングなどで
参考にしてみてください。