野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

クルクミンは血管系の手術後には悪い?カナダ・研究

カレーの代表的な香辛料ウコンやターメリックに含まれる「クルクミン」は、健康にいい! と一時話題になりましたね。
主に認知機能を高めたり、血管拡張作用があるので血流が良くなるなどの機能性です。
しかし、こと血管系の病気がある方は、手術後に摂ると危ない状態になることもあるため、注意が必要なようです。

f:id:miwamomoka:20181121161917j:plain

クルクミンは血管系の病気がある人は控えた方がいい?

健康な方は、カレーなどでクルクミンの健康作用を取り入れても問題ないでしょう。
しかし、こと血管系の病気や、予備軍の人はクルクミンを含む食品やサプリメントは、頻繁に摂ると、危険が伴うかもしれません。
高血圧、動脈硬化、心血管、脳血管系の心配がある方たちです。

カナダのウェスタン大学などの合同研究で、大動脈瘤の手術を受けた患者さんが、クルクミンのサプリメントを摂取した後、有意に、炎症や他の病気との合併症を起こす可能性が高い、と発表しました。

カナダやアメリカでは、クルクミンのサプリメントは非常に人気があるそうです。
しかし、クルクミンの研究データの多くは、まだ動物実験段階のもので、ヒトの臨床検査をクリアした製品はほとんどないとのこと。

そこで、研究チームは、カナダの10の病院に協力してもらい、大動脈瘤の手術を予定していた約600名の患者さんを対象に、クルクミンのサプリメントを摂取している人と、摂取していない人の、術後の経過を観察しました。

クルクミンは血管の炎症を鎮めない!

カナダに出回っているクルクミンのサプリメントの多くは、血管などの炎症を鎮める効果が期待できる、と明記されているそうです。
しかし、この調査では、クルクミンのサプリメントを摂取していた患者さんたちは、手術後、血管の炎症が鎮まることはなかったそうです。
むしろ、クルクミンのサプリメントを摂取していなかった患者さんたちよりも、手術後に腎臓の損傷リスクが高まることがわかったのです。

そのため、研究者たちは、クルクミンのサプリメントは、TVや雑誌の広告で取り上げられるほどの健康作用は高くなく、そしてクルクミンの摂取過多は、血管系の病気の人たちの一部に害も出ているので、今後、サプリメントの製造元では厳重な研究開発と、監視が必要だと述べています。
※参考:『カナダ医師会雑誌』2018年10月

さいごに

この調査は、クルクミンのサプリメントで行われましたが、カレーやスパイスの効いたお料理を好んで食べる方で、高血圧の方は、心臓や脳の血管系の病気に発展しやすいので、注意した方がいいかもしれませんね。

クルクミンが入ったカレーなどスパイシーなお料理は、汗が出て、一見、カラダの新陳代謝がよくなったように感じます。
熱を発散させる作用はありますが、熱を産生する作用はないので、奪われた熱が出た後は、急激にカラダを冷やしてしまいます。
夏なら、この作用は大歓迎ですが、これから寒くなる季節はカラダが芯から冷えてしまうので、その点でも要注意です。
血管はむやみに拡張させたり縮小させたりするものではないので、刺激物はほどほどに取り入れたいですね。