野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

あんみつ発祥の地!銀座・若松の元祖あんみつセット

夏になるとかき氷と並んで、あんみつの消費も増えてきますね。
筆者は個人的に冬でもあんみつをよく食べていますが、夏にいただくあんみつも格別です。

そんなあんみつの歴史は、銀座の若松さんから生まれたそうです。

f:id:miwamomoka:20190610114142j:plain

今ものれんを守り続ける銀座、若松さん。
銀座コアの1階にあります。
店内は昭和のイメージをそのまま残しており、趣がありますよ。

f:id:miwamomoka:20190610114255j:plain

この中央に君臨するのが、若松さんが誇る『元祖あんみつ』です。
3点セットをオーダーしたので、これはミニサイズですが、中央に若松さんのシンボルである、「若松型」の抹茶羊羹がシンボルになっています。

f:id:miwamomoka:20190610114443j:plain

今はどこの和菓子店でも、コンビニでも缶詰でもあんみつが食べられるようになりましたが、昭和5年に、当時の若松さんのご主人が考案したのが、あんみつの誕生秘話です。

ところてんなどに使われていた寒天を四角く切り、求肥やまめ、あんこをトッピングし、黒蜜をかけたものです。
和菓子店に常備されている食材を、組み合わせたという発想から生まれたのです。
その後、全国の和菓子店が競って「あんみつ」を作るようになったそうです。

f:id:miwamomoka:20190610114704j:plain

若松さんの創業は明治27年ですが、その頃から守られている餡子や白玉、わらび餅なども楽しめます。
こちらは小倉白玉。
白玉がモチモチで柔らかく、粒あんも甘すぎず、ほどよい硬さでした。

f:id:miwamomoka:20190610114838j:plain

わらびもち!
このわらびもちは黒蜜が練り込んであり、きな粉の上品なあじわいとよくマッチしていました。

f:id:miwamomoka:20190610115002j:plain

明治から受け継がれた和菓子と、その食材を融合させて昭和5年に誕生した元祖あんみつの3点セット。

f:id:miwamomoka:20190610115221j:plain

あんみつが誕生するまでは「ぼたもち」も名物だったようですね。

機会がありましたらぜひ!