野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

朝型生活の女性は乳がんリスクが低い? 英・研究

イギリスの最新医学研究で、朝型生活を送っている女性は、夜型生活を送っている女性よりも、乳がんリスクが低いことがわかってきました。
しかし、睡眠時間が7~8時間以上の場合は、乳がんリスクが高まるようです!?
詳細を見てみましょう。

f:id:miwamomoka:20190704111811j:plain

乳がん予防に朝型生活がいい?

アメリカで乳がんを発症する人は、国民全体の女性の7人に1人と言われています。
また、夜勤が多い女性の乳がんリスクが高いことから、イギリスのブリストル大学は、これらを踏まえ、女性の生活スタイルと乳がんの関連の調査を行いました。
そして、近年、睡眠研究の報告も多く上がってきていますが、乳がんと睡眠習慣の関連は、詳細な研究が行われていなかったため、睡眠時間と乳がんについても調査を行いました。

その結果、朝型生活を送っており、睡眠時間が長すぎない女性ほど、乳がんリスクが低いことがわかってきたのです。

詳細な研究内容は?

研究では、イギリスのバイオバンクに登録した約18万人と、乳がん協会コンソーシアムに登録している約22万人の女性たちのデータを解析し、

  • 朝型生活か? 夜型生活か?
  • 睡眠時間
  • 不眠症

この3つの項目に焦点を当てて、乳がんとの関連を分析しました。

その結果、朝型の人は、夜型の人よりも乳がんリスクが低いことがわかったのです。
しかし、大差と言うほどではありませんでした。

睡眠時間が長すぎても乳がんリスクは高くなる?

そして睡眠時間に関しては、7~8時間以上の長すぎる睡眠時間を確保している人は、朝型であっても、乳がんリスクが、やや高くなることもわかりました。

不眠症に関しては、この調査では乳がんリスクとの関連は見られなかったということです。

朝型生活は一見、健康的に思えますが、成人女性の場合、睡眠時間が長すぎるのもよくないようですね。(成長期のお子さんは含まれていません)

課題も多い?

この結果を踏まえ、研究者たちは、大規模なデータ解析ではあるが、登録データは、自己申告に頼っている部分が大きく、そして英国人女性のみが対象となっているので、臨床データ(医師など医療機関の記録)や他の民族の女性の入れた上で、調査を行うのが、今後の課題だと述べています。

そして、乳がんのリスクは、いくら朝型生活で、程度の睡眠時間であっても、BMI値の高さやアルコールの摂取量が多いと、その方がリスクは高くなる、とも述べています。
※参考:『英国医学雑誌(BMJ)』2019年6月

さいごに

今回の研究は、乳がんと生活スタイル、睡眠時間に焦点を当てた研究でしたが、やはり過体重になるほど飲み食いをしてしまう食生活が一番悪いようですね。
お仕事によっては、朝型生活を送れない女性もいるので、長すぎる睡眠は避け、そして暴飲暴食、アルコールの摂取を控えるなど、少しでも乳がんリスクに繋がる因子は避けるようにしましょう。