野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

有機栽培の「赤茎ほうれんそう」と有機「すりごま」でごま和え

千葉県産、有機栽培の「赤茎ほうれんそう」が手に入りました!
赤い茎の部分には、緑のほうれんそうにはない、「ポリフェノール」が含まれているので、嬉しいですね。

f:id:miwamomoka:20191119202855j:plain

グリーンの葉っぱと、赤紫色の茎が美しいコントラストになっています。
黒いすりごまも、ムソーさんの有機「すりごま」です。

簡単にレシピをご紹介します。

ほうれんそうのごま和え

【材料】

  • ほうれんそう 1束(約150g)
  • すりごま 大さじ2.5
  • てんさい糖 大さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ2

*すりごまはお好みで、黒でも、白でもOKです。
*ほうれんそうも写真は「赤茎ほうれんそう」ですが、一般のものでOKです。

【作り方】

  1. ほうれんそうは、軽く蒸し、水気をよくしぼり、4cmの長さに切りそろえる。
  2. ボウルに、ほうれんそう以外の材料を入れて、混ぜ合わせておく。
  3. 2のボウルに、1のほうれんそうを入れてよく和えて、できあがり。

美養効果

赤茎ほうれんそうが手に入った場合、茎の赤い部分にアントシアニンが含まれるので、抗酸化作用などが期待できるでしょう。
ほうれんそうは、ゆでると、栄養価が下がるので、軽く蒸す程度にし、ほうれんそうに含まれる、鉄、ビタミンCなどを効率よく摂取しましょう。
ごま和えに使う「ごま」は黒い方が、セサミンや、ポリフェノールを多く含むので、栄養価が高い状態でいただけます。