野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

睡眠不足でカフェインに頼っても目は覚めない?アメリカ・研究

前日の睡眠不足を打ち消すのに、コーヒーやエナジードリンクなどのカフェインに頼る方も多いことでしょう。
一般に、コーヒーは眠気を覚ますと言われていますが、本当に目は覚めているのでしょうか?
アメリカの最新研究の詳細を見てみましょう。

f:id:miwamomoka:20200606091611j:plain

眠気を覚ますのにカフェインが有効とは限らない?

アメリカのミシガン州立大学の研究によると、睡眠不足の悪影響を打ち消すために、いつもカフェインが有効とは限らない、という事実がわかってきました。

研究では、睡眠不足になった日の翌日、カフェインがどのように身体に影響するかを調査しました。

注意力を測るテストを実施

276人の参加者を対象に、注意力を必要とするテストを行いました。
精神運動と呼ばれるテストで、ステップをスキップしたり繰り返したりせずに、特定の順序でタスク完了をする必要があるテストとのこと。
このテストでは、より困難なタスクが求められました。

睡眠不足で、このテストの結果に、どう影響するかを調べるため、参加者は2つのグループに分けられて、

  • 【A】実験室で一晩中、起きて過ごす
  • 【B】自宅で寝る

【A】グループの人たちには、睡眠不足の状態になってもらいました。

睡眠不足後のテスト結果は?

次の日の午後、参加者全員に、200mgのカフェインまたは、プラセボのカプセルを飲んでもらいました。
少し時間をおいてから、全ての参加者に前述のテストのタスクを完了してもらいました。

その結果、睡眠不足状態であった【A】グループの人たちは、テストでのパフォーマンスを損ないました。
カフェインを飲んでいた人も、プラセボであった人も、両方です。
そのため、睡眠不足状態では、いくらカフェインを補給しても、単純な注意タスクもミスしてしまう傾向が見られたのです。

カフェインは仕事の向上にはなるが……

この結果をふまえ、研究者たちは、

カフェインの摂取は、睡眠不足後の仕事の取り組みを、一時的に向上させる効果は期待できるかもしれません。
しかし、医療ミスや自動車の運転といった最新の注意を払う作業においては、睡眠不足は致命的なミスにつながるかもしれません。たとえ、カフェインで眼を覚ましたつもりになっていてもです。
すなわち、睡眠不足後のカフェインは、必ずしも効果があるとは言えない。

と述べています。
※参考:『実験心理学雑誌:学習記憶認知』

さいごに

嗜好品として楽しむコーヒーは楽しみの一つですが、睡眠不足の解消に頼っても当てにならないようですね。
在宅時間が増え、夜更かしする人も多いと聞きますが、睡眠不足にならないよう、生活リズムを整えたいですね。