野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

発酵食品の摂取は善玉菌の種類を増やし炎症を軽減?アメリカ・研究

日頃の食生活で、発酵食品を豊富に含む食品を食べていると、腸内細菌叢の多様性を高め、炎症の分子を減少させるようです。
腸内細菌が善玉菌優位だと、健康度にも貢献しますよね。
アメリカの最新研究の詳細を見てみましょう。

f:id:miwamomoka:20200715213302j:plain

発酵食品はやはり腸活に良かった!?

アメリカのスタンフォード大学の研究により、冒頭のような事実がわかってきました。
研究チームは、36名の健康な成人を2つのグループに分け、

  1. 発酵食品の豊富な食事
  2. 食物繊維の豊富な食事

この2種類の食事を、それぞれ10週間ずつ、摂取してもらい、腸内細菌叢の変化と免疫力について観察しました。

腸には食物繊維よりも発酵食品を!!!

その結果、【1】の発酵食品を食べていた期間の対象者たちは、腸内細菌の耐用性が増し、4種類の免疫細胞の活性化が抑えられている事実が判明!
その上、19種類の炎症性タンパク質のレベルも低下できていたのです。

一方の【2】の食物繊維を摂取していた期間は、腸内細菌叢の変化はほとんど見られず、19種類の炎症性タンパク質のレベルも、低下しない事実が判明しました。

免疫力UPも発酵食品がカギ!

この結果をふまえ、短期間に食物繊維の摂取量を増やしても、細菌叢の多様性を高めるには、不十分だという事実がわかったと、研究者たちは述べています。
※参考:『細胞』

さいごに

腸活のために、せっせと食物繊維の多い食品を食べている人は、発酵食品を必ず取り入れることが必須となりそうですね!
発酵食品は、味噌や納豆、醤油といった日本伝統の食品にも多く含まれますね。
その他に、生の野菜や果物も酵素がたっぷりと含まれるので、発酵食品と同様の効果が期待できるでしょう。