低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

今朝のホットクック・パンはスペルト小麦粉の《くるみ&レーズン》

こんばんは。
今朝のホットクック・パンは、《くるみ&レーズン》でした。
小麦粉は栄養価が高く、ほぼグルテンフリーと考えられている《スペルト小麦粉》です。
水分量を調整したので、やや硬めのパンに仕上がり、くるみ&レーズンのバケットのような感じになり大満足!

横から見ると、発酵時にできた気泡がよい感じに焼きあがっています。
ゴールドキウイと高リコピン・トマトのサラダと共に、優雅な(?)な朝食となりました。
オーツ麦ミルクとデカフェのカフェオレがお供です。

《スペルト小麦粉のくるみ&レーズンパン》

【材料】ホットクックまたは炊飯器用

  • スペルト小麦粉(強力粉・全粒粉強力粉)200g
  • 水 100ml
  • レーズン 50g
  • くるみ 30g
  • 塩 3g
  • [A]白神こだま酵母 3g
  • [A]きび砂糖(砂糖、てんさい糖)15g
  • [A]ぬるま湯(40℃前後) 40ml

【作り方】

  1. 計量カップに、[A]の材料を入れて5分ほど置き、酵母を発酵させる。
  2. 酵母が膨らんだら、よくかき混ぜてなめらかにする。
  3. ホットクック(炊飯器)の内窯に、他の材料と1をすべて入れ、ゴムベラなどでよく混ぜ合わせる。
  4. 生地がまとまったら、中央に丸く寄せて蓋を閉じ、一次発酵。40℃で40分にセットしてスタート。
    ※炊飯器にパン機能があれば、発酵キーを利用する。なければ、耐熱容器に3を入れて、オーブンの40℃で40分にセットして発酵。
  5. ホットクックの蓋をあけ、ガス抜きをして再度丸めて、4と同時間同工程で二次発酵。
    ※炊飯器の場合も同様。
  6. ガス抜きしたい場合、ゴムベラで混ぜ合わせて再度、生地を中央に寄せる。ホットクックの《小麦パン》を選択してスタート。
    ※炊飯器の場合は、炊飯器のパンモードまたは、通常の白米モードで炊飯する。

ホットクックの場合は約50分ほど待てば完成です!

いつも1食で、1/4カットを適量としていただいていますが、小さいながら生地がどっしりとしていて、少量でもおなかが一杯になりますよ。
グルテンの心配も少ないので、パン食による便秘や頭痛の原因も、うそのようになくなってきました!
(筆者の場合のお話です。個人差があるので参考までに)

ホットクックでの自炊なら、自分の身体にあった食材と少しの手間で、簡単なパンが自動で作れるので、助かりますね。

ありがとうございました。