低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

AIメッセージおすすめのホットクック《ポトフ》で野菜不足解消

こんばんは。
今日のランチは、ホットクックの公式サイト『COCORO KITCHEN』からのおすすめメッセージの通り、《ポトフ》を作ってみました。
ホットクックはAI調理鍋なので、Wifiに繋がっています。
私が今まで作った料理を記憶しており、和食や中華が続いているので、
「洋食はいかがですか?」
とメッセージが来たのです。
さすが、AI調理鍋ですね。持ち主の調理パターンを記憶して、ワンパターンに陥らないよう、アドバイスもしてくれるのですね。

公式サイトのレシピ通りではありませんが、ホットクックの《ポトフ》ボタンを使って、冷蔵庫の残り物の野菜とチキンでポトフもどきを作りました。

《ホットクックでポトフもどき》

【材料】

  • キャベツ 1/16カットぐらい
  • じゃがいも 1個
  • にんじん 1/2本
  • 鶏もも 100g
  • 水 250ml
  • ローレルの葉 1枚
  • 塩 小さじ1/2程度(お好みで調整してください)
  • ブラックペッパー 適量

【作り方】

  1. ジャガイモは皮をむいて1/2カット、にんじんは縦に1/4カット、キャベツは芯を残したまま、縦にカット(2cmぐらいの高さ)する。
  2. ホットクックの内窯に1と水、鶏肉、ローレルの葉を入れて、メニューから《ポトフ》を選択してスタートボタンを押す。

1時間ほど待つと完成です!

キャベツの芯まで柔らかく煮込まれ、どの野菜も本来の甘みが引き出されていて感激の美味しさでした。
調味料は塩コショウだけ。鶏肉のエキスが野菜の旨味とマッチしていました。

ホットクックは、食材の適温で調理してくれるので、高温になりすぎず、アクが出ないのが嬉しいですね。

今日のホットクック・パンはカボチャパンでした。
カボチャパンの作り方は、後日ご紹介いたします。

冷蔵庫に中途半端に残っていた野菜が、ホットクックの魔法にかかると名店並みのお料理に早変わり!
今日も自身の実力以上に美味しいごはんを、ありがとうございました。