低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

ホットクックで中華惣菜《夏野菜とチキンの甘酢炒め》

こんばんは。
今日のデジタルクッキングは、《夏野菜とチキンの甘酢炒め》でした。
ホットクックでの自動調理だと、片栗粉のあんかけが上手くいくので、自炊の中華総菜率が高くなりました。
中華惣菜は野菜がたっぷりと摂れるのがいいですね。

《夏野菜とチキンの甘酢炒め》

【材料】

  • カボチャ 250g
  • なす 1本
  • ピーマン 2個
  • 鶏モモ肉 150g
  • (A)片栗粉 大さじ2
  • (A)醬油 大さじ1.5
  • (A)水 大さじ2
  • (A)きび砂糖 大さじ1
  • (A)酢 大さじ1
  • (A)黒いりごま 小さじ1
  • (A)ごま油 大さじ1

【作り方】

  1. 野菜と鶏肉を一口大にカットして、ホットクックの内窯に入れる。
  2. (A)の調味料も1に入れる。
  3. ホットクックの自動調理メニューから、あんかけを使った似たようなメニューを選択してスタートボタンを押す。
    ※ここでは55番の《鶏とカシューナッツの炒め煮》を選択しました。

ホットクックなら、野菜や鶏肉をカットして、調味料を測って入れるだけ!
片栗粉も《水溶き片栗粉》にする必要はありません!

テイクアウトの中華惣菜は、味が濃すぎたり、塩分過剰になったりと、懸念事項もあるので、ホットクックのようなAI鍋があると確実にQOLが上がりますね。

ありがとうございました。