低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

ホットクックで作り置きスープ《春夏野菜のトマトチキンスープ》

こんばんは。
本日のデジタルクッキングはホットクックで作る《春夏野菜のトマトチキンスープ》です。
ミネストローネ風ですが、チキンを入れることで、コンソメを入れなくてもダシが出ます。
特にルールはないので、冷蔵庫の余り野菜でOKです。
今回使った食材をリスト化しておきます。

《春夏野菜のトマトチキンスープ》

【材料】2~3人分

  • カボチャ 100g
  • ナス 2本
  • ピーマン 2個
  • 筍の水煮 50g
  • 鶏もも肉 100g
  • トマト缶 200g
  • 塩 5g弱(食材全体の0.6~0.8%以内)

【作り方】

  1. 野菜と鶏肉を食べやすい大きさにカットする。
  2. ホットクックの内釜に1とトマト缶200g、塩を入れ、ホットクックの自動メニュー《野菜スープ》を選択してスタートボタンを押す。
  3. 完成したら、お好みでオリーブオイルや亜麻仁油、ブラックペッパーをかけてお召し上がりください。

※ホットクックの公式レシピと内容が違います。

待ち時間は1時間ほどありますが、火加減を調節したり、アクを取ったり、吹きこぼれなどの心配もないので、他の家事や読書、仕事をしながら調理できます。
こうしたラクチン調理はホットクックならではですね。

ゼイタクかな? と思いましたが、毎日使って、自炊率が上がれば、外食が減るので経済的だと思います。

ホットクックなら、食材の適温でじっくりと加熱調理してくれるので、味わい深く、コクのある野菜スープに仕上がります。

一緒にいただいたのは、ホットクックで作ったグルテンフリー《スペルト小麦粉のシンプルパン》です。
朝食や、食欲がない日の食事にもピッタリです。
作り置きして、冷蔵庫で冷やしても美味しくいただけます。

ありがとうございました。