低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

米粉麺フォーを使った《グルテンフリー焼きそば》ホットクックで二度手間なし

おはようございます。
本日は、米粉麺のフォーを使った《グルテンフリー焼きそば》をご紹介します。
ホットクックを使えば、麺を別に茹でてから、その後、具材と炒めるといった二度手間がなくなります。
ホットクックの賢さに、改めて驚かされた次第です。

米粉麺フォーを使った《グルテンフリー焼きそば》

【材料】1人分目安

  1. キャベツ 50g
  2. フォー(乾燥麺を使用)70g
  3. 水 175ml(乾燥麺の2.5倍)
  4. 豚肉(こま切れ)50g
  5. シーフードミックス(冷凍)50g
  6. ホウレン草 2株
  7. ナンプラー 大さじ1(15ml 食材全体量の3.5%)
  8. ごま油 小さじ2

【作り方】ホットクック使用

  1. キャベツは太めの千切りに、ホウレン草は5cmにカットしておく。
  2. ホットクックの内窯に、下味となるキャベツを一番下に敷き、フォー、水、豚肉、シーフード、ホウレン草の順で食材を入れる。最後にナンプラーとごま油を回しかける。
  3. ホットクックの自動メニューから《ナポリタン風パスタ:メニュー番号100》を選択してスタートキーを押す
  4. 約20分ほど待つと出来上がり!

【高N/Cレート】栄養価(Nutrition)/カロリー(Calorie)

栄養価計算は、以下の通り!
一皿約452kcal、糖質は約35gとなりました。(1人分換算)

通常の焼きそばと比べると、かなりヘルシーな出来上がりとなりました。
炭水化物も入れて、一食500kcal以下ので、ダイエット中にも嬉しいですね。
ホウレン草を入れたので、不足しがちなβカロテンや葉酸が摂れます。
また豚肉からも不足が指摘される、ビタミンB12の他、ビタミンB1とB2が摂れます。
ビタミンB群は糖質の代謝に必要なビタミンなので、不足しないよう摂取したいですね。

糖質も、麺類なのに約35gなので、一食40g前後に抑えられました。
※1日の糖質量は130gまでに抑えるのが理想とされています。(厚生労働省推奨)

ビタミンCが不足するので、必ずサラダかフルーツも一緒に摂るようにしましょう。

フォーは米粉でできているので、グルテンフリーにも低フォドマップ食にも最適!
下味も玉ねぎではなく、キャベツで甘みを出しているので、過敏性腸症候群の対応食《低フォドマップ食》レシピとなります。

【さいごに】

ホットクックで乾燥麺を使った調理を行う場合は、「麺をあらかじめ茹でる」という手間が省略できます!
お鍋で熱湯を沸かし、乾燥麺を入れて7~8分茹で、やけどに気を付けながら、茹で湯を捨てて、麺をザルに上げる……といった手間が省略できるのです!
その後、フライパンで具材を炒めて、麺を入れて……と面倒ですよね。

ホットクックで乾燥麺を使ったレシピを作る時は、「乾燥麺の2.5倍の水を入れる!」とお覚えておけば、パスタやビーフンメニューにも便利ですよね。

改めて、ホットクックの賢さに脱帽です!
ありがとうございました。

\このブログをはじめて読む方へ/

【低フォドマップ食とは?】

低フォドマップ食は、過敏性腸症候群の疑いがある人の対応食です。
病院を受診しても気付きにくく、就寝前にお腹が膨満して翌朝には治っているなどの特徴があります。
▼低フォドマップ食の詳細やリストはこちら!▼

「低フォドマップ食」とは?食べすぎると良くない野菜や発酵食品とは? - 高N/Cレートダイエット×低フォドマップ食で体質改善