一日1食×読書でダイエット脳を育てるブログ

毎日のプチ断食習慣で、腸と脳をクリーンに!

ファスティング3日目はホットクックで作る《ブルーベリー甘酒》

おはようございます。
ファスティング3日目も昨日で無事、終了しました。
昨日は、ホットクックで作った《ブルーベリー甘酒》を酵素ドリンクとして使いました。
ファスティングの3日目は、空腹感が一番キツく感じると言われていますが、なんとか乗り切りました。

体重は1.5kg減でした。
先々週、外食続きで、体重が増えたので、元の体重に戻ったという感じです。
さらに体重を落としたいなら、本日の回復食後、再チャレンジですが、夏は暑さで体力が落ちやすいので、暴飲暴食に気を付けたいと思います。

それでは、ホットクックで作った《ブルーベリー甘酒》のご紹介です。
今回は、ホットクックの自動メニューではなく、手動で《醗酵・低温調理》カテゴリーから、55度/8時間で設定してみました。

ホットクックで作る《ブルーベリー甘酒》

【材料】約6杯分

  • 冷凍ブルーベリー 1袋(約180g)
  • 発芽玄米の冷ごはん 120g
  • 米麹 200g
  • 水 400ml

【作り方】

  1. 冷凍ブルーベリーは解凍しておく。ごはんは電子レンジなどで温めておく。米麹の粒をバラしておく。
  2. ホットクックの内鍋に、全ての材料を入れて、よく混ぜ合わせておく。
  3. ホットクックの手動メニューより、《醗酵・低温調理》⇒《温度設定》55度⇒《調理時間》8時間で設定する。
  4. 待つこと約8時間で、出来上がり!

就寝時間の都合で、夜22時に仕掛けると、翌朝6時に仕上がります。
ホットクックの出来上がりのブザーを切ればいいのですが、調理していることを忘れてしまいそうなので、目覚まし代わりに、出来上がり音をONにしておきました。

【高N/Cレート】栄養価(Nutrition)/カロリー(Calorie)

栄養価計算は、以下の通り!
1杯(約150ml)で約142kcal、糖質は約9gとなりました。(1人分換算)

栄養価計算表には入っていませんが、ブルベリーにはアントシアニンを代表するポリフェノールが豊富です。
アントシアニンは目のドロプシンに働きかけて、目の健康を守ると考えられています。
米麹の醗酵力から出る、天然の甘みと、ブルーベリーの自然な甘さが加わって、思った以上に美味しい逸品となりました。

当初、お米とブルベリーの組み合わせは、いかがなものか?
と思いましたが、作ってみないとわかりませんよね。
失敗したら、ブログでのご紹介は控えましたが、成功したので、ぜひお試しくださいね。

様々な甘酒レパートリーが楽しめるのも、自炊ならでは。
ホットクックのおかげで、大好物の甘酒まで手作りできて、本当に感謝しています。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

\このブログをはじめて読む方へ/

【低フォドマップ食とは?】

低フォドマップ食は、過敏性腸症候群の疑いがある人の対応食です。
病院を受診しても気付きにくく、就寝前にお腹が膨満して翌朝には治っているなどの特徴があります。
▼低フォドマップ食の詳細やリストはこちら!▼

「低フォドマップ食」とは?食べすぎると良くない野菜や発酵食品とは? - 低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ