低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

ボタン1つで!グルテンフリー《低フォドマップなすのボロネーゼ風ヌードル》

おはようございます。
本日の低フォドマップ食レシピは、ホットクックで作るグルテンフリー《なすのボロネーゼ風ヌードル》です。
低フォドマップ食やグルテンフリー食を実現すると、小麦でできたパスタをあきらめなければいけません。
でも、パスタは時には食べたいですよね。
最近では、一般のスーパーでもアジアンヌードルの乾燥麺《フォー》が手軽に買えるようになりました。値段もパスタとさほど変わりません。
フォーを代用すると、ほとんどパスタと食感も変わらず、様々なお料理が楽しめますよ。ぜひ代用してみてください。
ホットクックを使えば、麺を茹でる作業とボロネーゼ風パスタソースも、同時に行えます!

グルテンフリー《低フォドマップなすのボロネーゼ風ヌードル》レシピ

【材料】ホットクック用(1人分目安)

  • フォー(乾燥麺)50g
  • トマト缶 125g
  • ナス 小1本(約60g)
  • 豚ひき肉 50g
  • キャベツ 30g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 約2g(上記材料の0.6%)
  • [トッピング用]ピーマンのみじん切り小さじ1/2

水分量は、乾燥麺に対して2.5倍にすると、麺の硬さがちょうどよくなります。
このレシピでは、水を加えず、トマト缶の水分で麺に水分を与える感じです。

【作り方】

  1. キャベツはみじん切りにしておく。なすは1cm角にカットしておく。ホットクックの内鍋に、ピーマン以外の材料をすべて入れる。
  2. ホットクックの自動メニューから《ナポリタン風パスタ》を選択してスタートキーを押す。
  3. 待つこと約20分で完成です。お皿に盛り、ピーマンのみじん切りをトッピングして出来上がり。

※ホットクックの公式メニューとは、内容が違います。

【高N/Cレート】栄養価(Nutrition)/カロリー(Calorie)

栄養価計算は、以下の通り!
一皿約478kcal、糖質は約34.5gとなりました。(1人分換算)

麺類は太る!
というイメージがありますが、このレシピなら、一皿500kcal以下!
ヘルシーな一品となりました。
それでいて、ナスと挽肉でボリュームも満点。
低フォドマップ食対応なので、玉ねぎの替わりに、キャベツのみじん切りで甘みを出しています。

※1日の糖質量は130gまでに抑えるのが理想とされています。(厚生労働省推奨)

糖質も、一食あたり40g前後に抑えるのが理想的なので、麺類なのに罪悪感なく楽しめます。

ホットクックなら、従来の、

お湯を沸かす⇒麺を茹でる⇒お湯を捨てて麺をオリーブオイルで和える⇒別の鍋でパスタソースを作る⇒etc..

といった手間が省けて、材料を入れてボタンを押すだけ!
材料をカットする時間も、せいぜい5分ぐらいです。
コンビニやスーパーでお惣菜を買いに行くよりも、冷蔵庫にある野菜やひき肉を組み合わせるだけで、ヘルシーでラクチンな自炊が叶いますね。

ぜひホットクックをお持ちの方は、ご参考になさってください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

\このブログをはじめて読む方へ/

【低フォドマップ食とは?】

低フォドマップ食は、過敏性腸症候群の疑いがある人の対応食です。
病院を受診しても気付きにくく、就寝前にお腹が膨満して翌朝には治っているなどの特徴があります。

▼低フォドマップ食の詳細やリストはこちら!▼

「低フォドマップ食」とは?食べすぎると良くない野菜や発酵食品とは? - 高N/Cレートダイエット×低フォドマップ食で体質改善