一日1食×読書でダイエット脳を育てるブログ

毎日のプチ断食習慣で、腸と脳をクリーンに!

10分で完成!フォーを使ったグルテンフリー!《ジェノベーゼ風ヌードル》

おはようございます。
本日は、パスタの替わりに米粉麺フォーを使ったグルテンフリー!《ジェノベーゼ風ヌードル》のご紹介です。

ジェノベーゼソースは、バジルをベースとしたわりと高価なペーストですよね。
自分で作るとなると、バジルや松の実などの高級食材を大量に買う必要があります。
そこで!シソとクルミを使った、簡単なジェノベーゼ風ソースもご紹介しますね。

ホットクックでフォーを茹でている時間が約10分。
その待ち時間時に、シソとクルミとオリーブオイルをフードプロセッサーに入れて回すだけ!
たった10分で完成する、グルテンフリーの《ジェノベーゼ風ヌードル》です。

グルテンフリー!《ジェノベーゼ風ヌードル》

【材料】2人分

  • フォー(乾燥麺) 100g
  • 水 250ml(麺の2.5倍)
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 2g

【ジェノベーゼ風ソースの材料】

  • 青シソ 20g分(約30枚)
  • クルミ(無塩) 40g
  • オリーブオイル 40g
  • 塩 1g

【作り方(フォー)】

  1. ホットクックの内鍋に、半分に折ったフォーと分量の水を入れる。
  2. ホットクックのメニュー欄から、「手動で作る」⇒「めんをゆでる」⇒5分と入力してスタートキーを押す。
  3. 5分ほど経過すると電子音が鳴るので、フタを開けてオリーブオイルと塩を入れて再度、スタートキーを押す。
  4. 5分ほど待って、麺の出来上がり!

※ホットクックの公式レシピとは内容が違います。
※お湯を捨てる手間を省くため、フォーが程よい硬さになるのに必要な2.5倍の水を使っています。

【ジェノベーゼ風ソースの作り方】

  1. シソはあらかじめ、4等分にちぎっておく。
  2. フードプロッセッサーに、ちぎったシソとクルミ、オリーブオイル、塩を入れ、ペースト状になるまで、かき混ぜたらできあがり!

【仕上げ】

ゆでたてのフォーと、シソとクルミのジェノベーゼ風ソースを絡めて、お召し上がりください。
分量外ですが、トマトをトッピングする彩がキレイです。

シソは、バジルと同じく『紫蘇科』の植物なので、食感も似ています。
シソとクルミなら、手軽に買えるリーズナブルな食材なので、ぜひお試しくださいね。

【高N/Cレート】栄養価(Nutrition)/カロリー(Calorie)

栄養価計算は、以下の通り!
一皿約524kcal、糖質は約29gとなりました。(1人分換算)
※トッピングのトマトは入っていません。

※1日の糖質量は130gまでに抑えるのが理想とされています。(厚生労働省推奨)

麺料理なのに、カロリーは500kcal台、糖質も一食40gを大きく下回る、ヘルシーな一品となりました。
ナッツやオリーブオイルを入れているので、抗酸化作用のあるビタミンEが摂れます。
カルシウムやビタミンB群も揃うので、主食にオススメです。
他に、サラダなどの前菜、お肉や魚料理も1品ほど追加すると、栄養バランスが整うでしょう。

麺を茹でるのも、ホットクックがあれば、麺を好みの硬さにする水分量だけでOKなので、お湯を捨てる手間が省けますね。
同時並行で、ソースを作れば、10分で完成します!
シソとクルミの《ジェノベーゼ風》ソースは、ごはんやパンにもあうので、作り置きしてくと重宝します。
リーズナブルな食材なのに、味は本格派! ぜひお試しくださいね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\このブログをはじめて読む方へ/

【低フォドマップ食とは?】

低フォドマップ食は、過敏性腸症候群の疑いがある人の対応食です。
病院を受診しても気付きにくく、就寝前にお腹が膨満して翌朝には治っているなどの特徴があります。

▼低フォドマップ食の詳細やリストはこちら!▼

「低フォドマップ食」とは?食べすぎると良くない野菜や発酵食品とは? - 高N/Cレートダイエット×低フォドマップ食で体質改善