低フォドマップ食×読書でダイエット脳を育てるブログ

カロリー(Calorie)よりも栄養価(Nutrition)を重視し、腸と脳をクリーンに!

夏のイライラ予防に!GABAや食物繊維が摂れる手作り《雑穀玄米甘酒》

おはようございます。
夏は、暑さでイライラしたり、寝苦しくなったりと、心身ともに参りがちですよね。
そこで!イライラ予防となるGABAが摂取できる発芽玄米を雑穀と一緒に炊き、ホットクックで手作り甘酒にしました。
甘酒は『飲む点滴』と呼ばれるほど、栄養価が豊富。
そこにGABAや雑穀の食物繊維が加わると、夏のイライラ予防ドリンクになります。

GABAや食物繊維が摂れる手作り《雑穀玄米甘酒》

【材料】ホットクック用

  • 発芽玄米の雑穀ごはん 300g
  • 米麹 200g
  • 水 400ml

【作り方】

  1. 予め、発芽玄米に市販の雑穀を混ぜて、一緒に炊いておく。そのごはん300gを用意する。
  2. ホットクックの内鍋に、1のごはんと、バラした米
  3. 麹、水を加えて、よくかき混ぜる。
  4. ホットクックの自動メニューから《雑穀の甘酒》を選択してスタートキーを押す。
  5. 約6時間ほど待つと完成です!

【高N/Cレート】栄養価(Nutrition)/カロリー(Calorie)

栄養価計算は、以下の通り!
1杯約181kcal、糖質は約17.5gとなりました。(1杯分150g換算)

甘酒は、「飲む点滴」と言われるだけあって、ビタミンB群が揃いますね。
発芽玄米や雑穀を使っているので、葉酸の他、カルシウム、マグネシウムといったミネラルも摂れます。
栄養価計算の成分には入っていませんが、精神を安定させる効果が期待できるGABAも摂れます。
ビタミンB群の中でも、ナイアシンは細胞や神経を修復する作用があるので、GABAと共に、精神安定につながるでしょう。

甘酒は、冬に飲むイメージが強いですが、江戸時代までは、『冷やし甘酒』が普通で、夏の季語にもなっていました。

なので、夏の疲労回復の飲み物として、日本人の体質にあっているのです!

夏に気合を入れたいときは、カフェインたっぷりのエナジードリンクに頼る人が多くなりましたが、一杯の冷やし甘酒で、夏のイライラや疲労感を乗り切ってください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\このブログをはじめて読む方へ/

【低フォドマップ食とは?】

低フォドマップ食は、過敏性腸症候群の疑いがある人の対応食です。
病院を受診しても気付きにくく、就寝前にお腹が膨満して翌朝には治っているなどの特徴があります。

▼低フォドマップ食の詳細やリストはこちら!▼

「低フォドマップ食」とは?食べすぎると良くない野菜や発酵食品とは? - 高N/Cレートダイエット×低フォドマップ食で体質改善