読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

ジュースクレンズ♪リンゴ&ニンジン&生姜

f:id:miwamomoka:20150723103353j:plain

昨年あたりから、スムージーじゃなくて、ジュースクレンズが主流になってきましたね。家電もミキサーじゃなくて「ジューサー」が売れ行きを伸ばしている模様。私も、毎朝のように、ジューサーで作った生絞りの野菜&果物の果汁を飲んでいます。

定番は、リンゴ&ニンジン&生姜

ニンジンは、オイル分があると体への吸収がよくなるので、飲むときに、1~2滴オリーブオイルを垂らしていただいてます。

元々の発端は、ニューヨークで「コールド・プレス・ジュース」が大流行して、日本でも昨年あたりからはやり始めたようですね。
野菜や果物の目に見えた食物繊維を取り除いて、水分だけをいだきます。

f:id:miwamomoka:20150723103410j:plain

◆スームージとの違いは?
スムージーは作り方が様々。野菜や果物をそのままミキサーにかけて、場合によっては水や牛乳、豆乳などをプラスし、食物繊維もそのまま頂くもの。
一方の「コールド・プレス・ジュース」は、ジューサーで搾り出した野菜や果物の100%混じりっけナシの抽出液であるジュースのこと。野菜や果物の目に見えた食物繊維は「不溶性食物繊維」になり、取り除くと、
「せっかくの食物繊維がもったいない…」
と思う方も多いでしょう。しかし、絞り出した抽出液にも「水溶性食物繊維」とビタミンやミネラルなどの栄養は残っているのです。
「水溶性食物繊維」は不溶性の食物繊維よりも、文字通り水分なので、ダイレクトに腸に届きやすくて、効率的な美腸効果がえられるでしょう!

◆ダイエット効果が抜群!?
ヒトのカラダは、激しい運動よりも、実は食べ物を「消化」する作業が一番労力を使うと言われています。このジュースだと、その消化作業の負担を減らして、体内の老廃物や有害物質の排泄を促し、身体の機能の回復が図れるかもしれません!

f:id:miwamomoka:20150723103422j:plain

◆リンゴ&ニンジン&生姜のジュース
少し前までは家庭用のジューサーは、ものすごく大きくて、使うのも大変でしたが、今はスタイリッシュな縦型のジューサーが主流で、後片付けもらくらくです。

1人分のジュースだと、写真のコップ1杯分のジュースで、
・大き目のリンゴ 1/4個 (小さいものなら1/2個)
・ニンジン 中 1/2本
・生姜 5g
・オリーブオイルか亜麻仁油 1~2滴
になります。

あとは機械にお任せするだけ。のこりカス(目に見えた食物繊維)はすりおろした状態になって出てきます。この組み合わせのカスはとっておいて、カレーのベースにしたり、トマトを入れてミネストローネ風のスープにしたり、自家製の野菜ブイヨンのもとにするなどして使えますよ。

◆インナービューティー効果
リンゴ&ニンジン&生姜の組み合わせは、リンゴには水溶性食物繊維の「アップルペクチン」が含まれているので、ジュースなのに、腸にダイレクトに届いて美腸効果が望めます。リンゴはオリゴ糖なども含まれているので、ジュースに甘味料を入れなくても甘~いジュースに仕上がります。生ニンジンの臭みもきになりません!
ニンジンは、β-カロテンの含有量が野菜の中でもトップクラス! β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、お肌や、体の各器官の粘膜を丈夫にするので、体の中も外も元気になれるでしょう。
生姜は殺菌効果が期待できるので、夏風邪予防にもgood!

お肌、夏風邪予防、ダイエット、各器官の細胞の回復!? などなど万能ジュースなので、ぜひお試しくださいね♪

ではでは♪

美養相談はコチラ! お問合せはコチラ!

 

SHARP ヘルシオジュースプレッソ スロージューサー レッド系 EJCP10BR