一日一食×読書でダイエット脳を育てるブログ

毎日のプチ断食習慣で、腸と脳をクリーンに!

読書

アガサ・クリスティー1924年短編『コーンウォールの謎』『クラブのキング』『チョコレートの箱』 読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、1923~1924年にかけてアガサ・クリスティーが書き溜めた、短編小説『コーンウォールの謎』『チョコレートの箱』『クラブのキング』 の3つをご紹介します。 コーンウォールの謎 ひとりごと 収録本 クラブのキング…

サムゲタンランチ《にっこりマッコリ西武池袋》と大正9年創業《タカセ》でコーヒーブレイク

おはようございます。昨日は、久しぶりの外食ランチでした。西武池袋の《にっこりマッコリ》でサムゲタンランチをいただきました。 《にっこりマッコリ》西武池袋店 ティータイムは大正9年創業のタカセさんで 読書は『小説現代』2022年10月号 《にっこりマッ…

アガサ・クリスティー1924年短編『ヴェールをかけた女』『プリマス急行』『消えた鉱山』 読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーの短編小説より、『ヴェールをかけた女』『プリマス急行』『消えた鉱山』 の3作をお届けします。 ヴェールをかけた女 収録本 プリマス急行 収録本 消えた鉱山 収録本 さいごに \新刊のご案…

アガサ・クリスティー1923年『ポワロ登場2』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーが1923年に書き溜めた、ポワロ物の短編集『ポワロ登場』2巻目です。イギリスでは、1924年に出版されているようですね。 今回もグーテンベルク21より!『ポワロ登場』2に収録されている5作…

コーネル・ウールリッチ1948年『黒衣の花嫁』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アメリカの作家コーネル・ウールリッチが1948年に発表した『黒衣の花嫁』です。 江戸川乱歩が絶賛し、日本でもベストセラーに! 第一の殺人は若い自由人 第二の殺人は銀行マン 第三の殺人は若い政治家 第四の獲物…

アガサ・クリスティー1923年『ポワロ登場1』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーが1923年に書き溜めた、ポワロ物の短編集『ポワロ登場』です。イギリスでは、1924年に出版されたそうです。出版社によって、収録作品が違いますが、今回のグーテンベルク21の『ポワロ登場』…

アガサ・クリスティー1924年『茶色の服を着た男』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーの長編4作目『茶色の服を着た男』です。1924年の作品で、アガサ・クリスティー自伝によると、当初は違うタイトルで考えていたところ、出版社の担当者に、他の作品と区別化するために、『茶…

『脳科学者が教える集中力と記憶力を上げる 低GI食 脳にいい最強の食事術』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、脳科学者の西 剛志先生による『脳科学者が教える集中力と記憶力を上げる 低GI食 脳にいい最強の食事術』です。長いタイトルですが、ここ数ヶ月で売り上げが伸びているベストセラーですね。オーディブルの読み放題…

アガサ・クリスティー1923年『ゴルフ場の殺人』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーの『ゴルフ場の殺人』です。ポワロものの第2作目! 長編小説では3冊目の作品となります。1923年に書かれたものですが、当時の人々の娯楽が、どんなものかが垣間見える作品でもあります。出版…

サチン・チョードリー『「運がいい人」になるための小さな習慣』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、サチン・チョードリー氏の『「運がいい人」になるための小さな習慣』です。サチンさんは、日本でビジネスを成功させたインド人男性。『インド人大富豪』などの著書もある人気ビジネスマンですね。 一食三食を辞め…

アガサ・クリスティー1922年『秘密機関』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーの第2作目の小説『秘密機関』です。出版社によっては『秘密組織』という、タイトルになっています。 クリスティー作品は、ポワロとミス・マープルが有名ですが、トミーとタペンスという、お…

イラン料理に挑戦!《ナスと牛肉のフリカッセ風》参考:『アガサ・クリスティーの晩餐会』

おはようございます。本日のホットクックレシピは、イラン料理の一種《フリカッセ風》です。私が敬愛するアガサ・クリスティーのレシピ集に載っていたレシピを、ホットクック用にアレンジしたものです。アガサは、2番目の夫マックス・マローワン氏と中東の…

アガサ・クリスティー1920年『スタイルズ荘の怪事件』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーのデビュー作『スタイルズ荘の怪事件』です。これで、10回目ぐらい読み返しているのですが、読むたびに、新しい発見があり、楽しい作品です。それに、この作品が、アガサ・クリスティーの原…

\おかげさまで第1位!/【本日終了】Kindle無料キャンペーン!『なぜ人は食べすぎるのか?』9/12(月)15:59まで

おはようございます。9月3日に発売された新刊 『なぜ人は食べすぎるのか?』~食欲を支配する5つのホルモンの活用法~ おかげさまで、Amazon『美容・ダイエット』部門で1位となりました!※2022年9月11日(日)現在既に、お読みくださった方々、ありがとう…

『アガサ・クリスティー自伝(下)』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、『アガサ・クリスティー自伝(下)』です。お気に入りのコーヒーショップで、昨日、この本を読み終えられたのは、光栄でした。アガサ・クリスティーは、イギリス人らしく紅茶を飲みますが、実は、コーヒーのほうが…

中秋の名月の読書レビューはライオン兄さんの『年収300万円FIRE 貯金ゼロから7年でセミリタイアする』

おはようございます。本日9月10日は、「中秋の名月」ですね。演技担ぎに、《月見団子》をいただきます。真ん中の黄色いお団子が、満月なのですが、なんだか金運UPに結びつきそうですね。 FIREとは? FIRE実現には積み立て投信! 貯蓄額は収入の2割が妥当か…

グルテンフリー!厚揚げでピザトースト風・玉子トースト風おかず2種

おはようございます。本日のレシピは、厚揚げを食パンと見立てた、ピザトースト風と玉子トースト風のおかず2種をご紹介します。厚揚げは、油で揚げてあるのでバターを使わなくても、グリルするとジューシー!それに、厚揚げは糖質ではなく、タンパク質補給…

糖質オフ麺の具だくさん冷やし中華

おはようございます。日を追うごとに、気温が下がり、秋らしくなってきましたね。 そろそろ、冷やし中華の季節も終わるので、食べ納めです。最近は、糖質オフ麺が、普通のスーパーやコンビニでも購入できるようになったので、具沢山にして楽しみました。 《…

Kindle無料キャンペーン開始!『なぜ人は食べすぎるのか?』9/7(水)16:00~9/12(月)15:59

こんにちは。9月3日に発売された新刊 『なぜ人は食べすぎるのか?』~食欲を支配する5つのホルモンの活用法~ いまなら《Kindle無料キャンペーン》で、おとくにお読みいただけます! 9/7(水)16:00~9/12(月)15:59 ぜひ、この機会にご一読ください! こん…

『アガサ・クリスティー自伝(上)』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、『アガサ・クリスティー自伝(上)』です。この本は、紙媒体で所有していたのですが、なかなか読み進めていませんでした。 アガサ・クリスティー自伝(上) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者:アガサ ・クリス…

『オリエント急行の殺人』読書レビューと秋の安納芋ソフト

おはようございます。本日の読書レビューは、アガサ・クリスティーの『オリエント急行の殺人』です。何度か映画化されているので、ご存知のかたも多いでしょう。 先日NHKのBSプレミアムカフェで、アガサ・クリスティーの特集番組が再放送されており、本作を…

【お知らせ】電子書籍発売!『なぜ人は食べすぎるのか?』食欲を支配する5つのホルモンの活用法

おはようございます。本日は、電子書籍出版のお知らせです。 このたび、 『なぜ人は食べすぎるのか?』~食欲を支配する5つのホルモンの活用法~ をアマゾンから発売させていただきました。 縁起の良い5日スタート!と思っていたのですが、審査が3時間で…

エドガー・アラン・ポー『マリー・ロジェエの怪事件』読書レビューとドリームコーヒー

おはようございます。土曜日の読書タイムは、恒例のドリームコーヒーさんのシナモントーストとアイスコーヒーでした。 本日の読書レビューは、エドガー・アラン・ポーの『マリー・ロジェエの怪事件』。 先日、NHKのBS番組『プレミアム カフェ』で、エドガー…

シェイクスピア名作集『オセロー』『リア王』etc.読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、シェイクスピア名作集ベスト20のうちの3作です。 『オセロー』『じゃじゃ馬ならし』『リア王』 順番に備忘録がてらの読書レビューをご紹介します。 『オセロー』読書レビュー ヴェニスの軍人のオセローは、ムー…

シェイクスピア名作集『ハムレット』『ロミオとジュリエット』etc.読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、シェイクスピア名作集ベスト20のうちの6作です。 海外のビジネス書やミステリー小説を読むと、よくシェイクスピアや聖書の格言が出てきますよね。欧米はキリスト教圏の国がほとんどなので、一般教養として浸透し…

平野啓一郎『マチネの終わりに』読書レビューとセブンカフェのグリーンスムージー

おはようございます。先月は、甘酒で3日ファスティングを行いましたが、今月はスムージーでファスティングをしようと思います。自身でも、スムージーメーカーを持っているのですが、材料を買いそろえたり、野菜や果物の組み合わせを考えたりするのが面倒で…

《御影蔵》さんのミニ懐石と『バビロンの大富豪』読書レビュー

おはようございます。昨日は、ステキなチェロのクラシック音楽会に行ってきました。アマチュアの方々の演奏でしたが、聴き応えがありました。音楽会のあとは、池袋に戻り、東武百貨店内にある《御影蔵》さんで、ミニ懐石をいただきました。 兵庫県の灘五郷の…

『193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実』読書レビュー

おはようございます。本日の読書レビューは、久しぶりに実用書です。最近は、ついつい平時の外食ランチが増えています。そのため、余計な出費と体重が増えてきたので、時々、マネー系の書籍を読んで、心を入れ替えなければいけませんね…… 本書の著者は、イギ…

江戸川乱歩『赤い部屋』『一寸法師』読書レビュー

おはようございます。江戸川乱歩全集の第一巻を、オーディブルで聴き終えました。順番通りではありませんが、読書記録として、ブログに読書レビューを残したいと思います。 江戸川乱歩『赤い部屋』読書レビュー このお話は、ある男性の懺悔記録のような形で…

スペルト小麦粉のスコーンと江戸川乱歩『地獄風景』『猟奇の果て』読書レビュー

おはようございます。小麦粉なのに、ほぼグルテンフリーに近い《スペルト小麦粉》を使って、久しぶりにスコーンを作りました。オレンジピールをきかせたものと、レーズン入りの2種です。レシピをご紹介いたします。 スペルト小麦粉を使った2種のスコーンレ…