野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

健康維持・病気の予防

メニューが多く決められない人の心理は?米・研究

日常生活で買い物をする時、私たちは常に、何かを「選択する」という行動が必要になりますよね。アメリカの最新、人間行動研究で、選択肢が多ければ多いほど購入率が下がり、選択肢が少ないほど購入率が上がることがわかってきました。 選択肢が多いとヒトは…

多くの死因に肥満が関与?ダイエットでBMI管理!

ガンや心臓病など、多くの生活習慣病は、死因として「肥満」があがっており、イギリスの最新研究では、ほとんどの死因(病気による)に関係していることがわかってきました。ちょっとした食べ過ぎが重なると、体重はあっという間に増加してしまいますが、ど…

高タンパク食は腎臓にダメージを与えない?加・研究

タンパク質を日頃の食事から摂っておくことは、大切なことですが、極端に摂り過ぎる「高タンパク」状態はかえって腎臓にダメージを与える、ということが一般に言われていますね。しかし、特定の病気を除いては、健康状態の人が「高タンパク食」を摂っていて…

タンパク質が不十分だと老化が早まる?英・研究

日本人は女性や高齢者を中心にタンパク質の摂取量が少ない人が多いと言われていますね。肉食で高タンパク質なのも問題ですが、タンパク質性食品の摂取が少なすぎても、逆に筋力が蓄えられず、老化が進み、特に高齢者では、障害のリスクが高まるかもしれませ…

赤ら顔の1種「酒さ」って何?予防にコーヒー?

「酒さ」という慢性の皮膚疾患をご存知ですか?まだ聞き慣れない言葉ですが、30代以降の女性に多い、いわゆる「赤ら顔」の一種で、大人ニキビと混同されることもあります。悩んでいる人は意外と多く、アメリカの最新大規模調査で、その予防や改善にコーヒー…

失われた筋力の再生はホエイタンパク質が有効か?

病気やケガなどで入院することになると、カラダを動かさない日が続くので、筋力が低下してしまいます。また加齢や、「座りすぎ」で筋力が落ちることもありますね。そんな筋力を取りもどすために、有効なタンパク質がホエイタンパク質であることが、カナダの…

遺伝性の脳卒中を改善するには?ケンブリッジ・研究

「脳卒中」は遺伝性の高い病気のひとつなので、ご両親や祖父母など、血縁者に脳卒中の方がいらっしゃると、「いつかわが身にも降りかかるのではないか?」と心配ですよね。しかし、イギリスのケンブリッジ大学の最新研究で、必ずしも遺伝的な要因で脳卒中の…

アメリカ製サプリメントに違法薬物が添加?米・研究

日頃の食事内容が偏っていることを気にして、日本でもサプリメントを利用している人が増えましたね。ドラックストアやコンビニでも気軽に買えるので何か1種類ぐらいは試したことはあるでしょう。そんなサプリメントから、違法薬物が検出された!? というアメ…

若い世代の飲みすぎは早期の脳卒中や心疾患に!?

11月に入ると、早くもクリスマスや年末商戦に入り、11月末には一足先に忘年会を実施する企業も出てきますね。そこで気になるのが「飲みすぎ」です。20~30代の若い世代は、上司のご機嫌取りなどで、ついつい飲みすぎてしまうものですが、自分で「お酒に強い…

高血圧の人は認知症になりやすい? 伊・神経研究

肥満やメタボと共に悩む人が多い「高血圧」。健康診断の時期になると、さらに気になってくる方も多いことでしょう。高血圧の人は、将来、認知症になりやすい!? というイタリアからの最新研究もあるので、気を付けておきたいですね。詳細を見てみましょう。 …

少量でも毎日の飲酒は早死リスクが20%もUP?

「酒は百薬の長」という諺がある通り、適量を守った飲酒は、健康度が上がると信じられてきました。しかし、そんなお酒の楽しみを覆すような研究報告がアメリカで上がってきています!少量であっても、年齢に関わらず、毎日の飲酒は、確実に早死リスクが20%…

ロコモ対策、心肺の健康に運動習慣が重要!米・研究

「ロコモティブシンドローム」をご存知ですか?厚生労働省が『健康日本21(第2次)』の取り組みに掲げているので、「聞いたことはあるけど……」という方もいらっしゃるでしょう。「ロコモ」と略されていますが、正式には「運動器症候群」のことで運動不足が原因…

ハムなどの加工肉と乳がんの関連~ハーバード・研究

ハムやウィンナー、ベーコンなどの加工肉は、朝食で毎日のように食べている方も多いことでしょう。しかし、こうした加工肉の摂取が多いと、女性の場合、乳がんのリスクが高まるそうです。最新のアメリカ、ハーバード大学の研究を見てみましょう。 加工肉と乳…

大人の喘息が急増中!? 咳、たん、タバコに要注意

季節の変わり目で、朝晩はもう寒いので、「のどが痛い」「コンコンと咳が出る」「たんが絡まる」などの症状が出ていないでしょうか?現在、成人になってからの喘息患者が増えつつあり、ちょっとした咳やたんは何かのサインかもしれません? 「咳」が教えてく…

尿路感染症は膀胱炎が原因?飲水1.5Lで改善か?

女性に多い感染症の1つ「尿路感染症」は、膀胱炎を経験したことがある女性がかかりやすい病気と言われていますね。尿路感染症は1度なると、再発する可能性も高いことでも知られます。しかし、アメリカの最新臨床試験で、飲水量を1.5リットル増やすと、有意…

妊娠中の食事内容、将来の糖尿病や小児肥満に影響か

妊娠中にパンやパスタ、スイーツ三昧など、糖質過多な食事を摂り、カラダが高血糖状態になっていると、将来、その女性の糖尿病罹患率や、生まれてくるお子さんの小児肥満の確率が高くなるそうです。アメリカの最新研究を見てみましょう。 妊娠中の高血糖は10…

テンペの味や効能、購入先とは?なぞの大豆発酵食品

数年から注目され始めているテンペ。納豆の塊のようなイメージがありますが、クセのない匂いや味で、人気を集め、一般のスーパーでも購入できるようになってきましたね。テンペは大豆を「テンペ菌」で発酵させたもので「インドネシアの納豆」と呼ばれ、今や…

眼精疲労にアサイベリーが有効? 米・最新研究

社会のIT化で増えてきた眼精疲労。本来、高齢者に多いと言われていた緑内障や糖尿病網膜症、加齢黄斑変性といった三大眼病も、年々、若年齢化していますね。眼精疲労にはアントシアニンがいいということは有名ですが、アサイベリーから摂ると他の食品よりも…

1日5片の高カカオチョコレートで血糖値が下がる?

今週のお題「最近おいしかったもの」 カカオ70%以上の高カカオチョコレート。数年前までは外国産の苦いものが中心でしたが、高カカオブームで、日本の食品メーカーがこぞって製品化したので、コンビニでも、スーパーでも、デパ地下に入っている老舗チョコレ…

40代以降の男性は注意!痛風の真の原因とは?

40代以降の男性がかかりやすい病気として、世界中で研究が進められている「痛風」。痛風の主な原因は食生活だと言われていますが、ニュージーランドの最新研究では、食生活以外にも原因があることがわかってきました。 痛風ってどんな病気? 痛風は、血液中…

ビタミンAの過剰摂取は骨を脆くする? 北欧・研究

ビタミンAは食事から普通に摂取している分には、皮膚粘膜を健康に保ったり、目のロドプシンに働きかけ、目の健康に役立ちますが、サプリメントなどで過剰に摂取すると、骨が脆く、骨折しやすくすることがスウェーデンの最新研究でわかってきました。詳細を見…

脊柱管狭窄症の予防はエラスチンを含む食物がカギ?

手足が何となくしびれているように感じたり、階段の上り下りが辛い、長時間歩くのが苦痛という人は脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)に罹っているかもしれません。高齢者に多い疾患と思われていますが、40~50代の働き盛りの人にも多いような…

米ぬかは免疫細胞を活性化してガン細胞を撲滅?

そろそろ夏日もなくなり、秋が深まってきましたね。寒くなるにつれて多くなる風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの食中毒は自身の免疫力がカギとなってきます。免疫力をUPしてくれる食品は多数ありますが、日本人から昔から食べている漬け物のもと「米…

メタボ、高血糖、高血圧を黒豆が救う? その栄養は

豆類というと、大豆製品ばかりが注目されますが、黒豆や小豆、金時豆、ひよこ豆まど種類は様々です。本日は、黒豆にフォーカスして、どんな栄養成分や機能性成分があるのか見てみましょう。メタボ対策、ダイエット、高血糖、高血圧など、様々な不調改善&予…

目の疲れが災いする不調~アントシアニンの必要量は

近年、視力はいいのに、目が疲れ、ピントが合わない乱視傾向の人が増えているようですね。これはスマートフォンによる影響が大きく、時間と距離に比例する目の疲れだと考えられています。 時間と距離に比例する目の疲れとは? 仕事でパソコンを駆使し、そし…

ストレスから自分を守る行動や食生活とは?

昨日の記事で、『万病のもと!ストレスによって現れる不調や病気とは』をお届けしましたが、日々の小さなストレスがやがて大きくなり、心だけではなく、カラダにも大きな負担がかかることをお伝えしました。本日は、ストレスから自分自身を守る行動や食生活…

万病のもと!ストレスによって現れる不調や病気とは

年々、長時間労働などでストレスを抱え、うつ病などの精神疾患を発症している人が増えていますね。本日は、ストレスがどのようにカラダへと影響し、心身に不調を来してしまうのか、その原因やカラダのメカニズムなどを見ていきましょう。 ストレスの原因は大…

骨祖鬆症の原因や仕組み、改善食は?20代から注意

骨祖鬆症(こつそしょうしょう)は高齢期の女性に多いのが特徴ではありますが、飽食の時代となった今日、新型栄養失調で、20代の時の食生活が後年に影響し、早ければ40代からかかる人も出てきています。特に骨量がピークを迎える20代は大切な時期なので、骨…

マグネシウムが多い食材リスト~肥満、糖尿病を予防

本日は、昨日の記事『マグネシウムの摂取を多くすれば肥満、糖尿病予防に』の続編として、マグネシウムを多く含む食材リストをお届けします。マグネシウムは日本の伝統的な和食の食材に多いので、和食をあまり食べない人は、何か1つ和のお惣菜を食べるよう…

マグネシウムの摂取を多くすれば肥満、糖尿病予防に

日本人が足りない栄養素の1つにマグネシウムが上がっており、実は深刻化しているそうです。 マグネシウムは必須ミネラルの1つで、日本人がマグネシウム不足に陥った時期と、糖尿病や肥満人口が増えた時期が一致するというデータもあるほど。 マグネシウム…