野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

健康維持・病気の予防

赤いラズベリーは血糖コントロールに◎!? 米・研究

ブルーベリーと並んで人気のあるラズベリーは、そのまま冷凍食品としてパッケージ化されているので、利用されている方も多いことでしょう。このラズベリーの赤い色素に、血糖コントロール力があることがアメリカの最新研究でわかりました。糖尿病予備軍やイ…

サプリメント摂取でうつ病は改善しない?北欧・研究

日本でも一部の医療機関で、精神疾患の治療などに特定の栄養素の摂取を増やすため、サプリメントの服用を推奨しているところがありますね。しかし、オランダの最新医学研究で、サプリメントなどの栄養補助食品を毎日摂取しても、うつ病などの精神疾患の予防…

低カロリー甘味料は腸内環境にイイわけではない?

糖質オフやダイエットの観点から、カロリーゼロや低カロリーの甘味料が随分と普及しましたよね。昔からあった〇ルスイートを始めとした人口甘味料もありますが、ラカントやエリスリトールなど天然の甘味料もここ10数年で開発が進みました。しかしスペインの…

食べ物の匂いがわからなくなると寿命が短くなる?

食べ物を「美味しい!」と感じるのは、舌でわかる「味」だけではなく、見た目や匂いも関係してきますよね。その「匂い」がわからない生物は寿命が短縮するようです。匂いと腸の関係について、ドイツの最新研究を見てみましょう。 食品の「匂い」が感じないと…

ブルーベリーの青い色素は血圧を下げる? 英・研究

ブルーベリーを毎日200g、1ヶ月ほど続けて食べると、血圧が正常値に低下する、という研究発表がイギリスでありました。高血圧で悩む人は、日本でも増えているので、詳細を見てみましょう! ブルーベリーは血管機能を改善する? イギリスのキングズコレッジ…

"木の実"のナッツを食べると糖尿病や心疾患予防に?

ナッツにもいろいろありますよね。一年草からとれるピーナッツ、そしてアーモンドやクルミのような「木の実」からとれるものなど。ハーバード大学の研究では「木の実」であるナッツ類を定期的に食べていると、糖尿病や心疾患の予防になることが、わかってき…

高脂肪高糖質の西洋型食事はやはり寿命を縮める!

「欧米型の食事は寿命を縮める!」と以前からよく言われていますが、アメリカの最新研究で、特に重症の敗血症リスクを高める! との研究が発表になりました。 詳細を見てみましょう。 西洋型食事はやはり寿命を縮める! 「西洋型食事」とは、いわゆる高脂肪…

ケーキを最初に食べると食欲が失せダイエットに?

スイーツ好きの人に朗報!?ケーキなどのスイーツは、間食やデザートとして食べると、肥満や糖尿病、血糖値の上昇などに影響し、控えるべき食べ物の1つですよね。しかし、アメリカの最新研究の結果、食前にケーキを食べると、食欲が抑えられ、食べ過ぎを予防…

集中的な血圧改善は認知症予防につながる?米・研究

40代後半あたりから高血圧で悩む人が増えてきますね。早い人では食生活や生活習慣の影響で30代から高血圧の方もいます。そんな高血圧は、放っておくと、将来の認知症リスクが高まる上、早期の認知症や、物忘れがひどくなる場合もあります。アメリカの最新医…

全粒穀物と食物繊維は肝がんリスクを低下?米・研究

全粒粉の小麦粉類や玄米、そして野菜や海藻、豆類から採れる食物繊維がカラダにいいと言われ出してから久しくたちますが、漠然と「健康に良さそう?」、「腸内改善に良さそう?」ぐらいのイメージしかないことでしょう。しかし、アメリカの最新腫瘍研究で、…

薬の効き方は個人の腸内細菌によって違う?米・研究

同じ食事内容でも太ると人と、そうでない人がいるように、薬の服用にも同じことが言えます。薬は食品と違い効果・効能を謳える製品なので、つい、誰にでも効くように思われがちですが、やはり個人差はあり、ある人に良くても、ある人は副作用に苦しむことに…

入浴は将来の認知症予防や不眠症改善に?日本・研究

今年(2019年)の2月は温かい日が多いので、入浴せずにシャワーで済ましている方も多いことでしょう。毎日の、ちゃんと湯船につかっての入浴は、将来の認知症予防や身体機能の改善、そして今問題となっている不眠症の改善にも役立つそうです! 毎日の入浴で将…

早歩きの合計が週に150分で運動不足解消?米・研究

日本始め、世界各国で「運動不足」が深刻化していますね。そんな中、アメリカの保健福祉省がガイドラインを新しく発表し、週合計150分程度の早歩きで運動不足が解消されるそうです。詳細を見てみましょう。 定期的な運動はやはり健康度UP! アメリカの保健福…

脂質と炭水化物の「質」でダイエット効果が違う?

ダイエットと言えば、近年は「糖質オフ」が主流ですが、脂質をカットする従来のダイエットも根強いですね。糖質オフは主に、炭水化物や砂糖の入った食べ物をセーブし、脂質カットはカロリーが低く、オイル分を含んだ食事を減らすダイエットです。しかし、や…

月に1~2回の魚摂取だけでも寿命が延びる?日・研究

日本人は古来より、魚を食べてきた民族でしたが、食の欧米化で魚の摂取量は減り続け、それにより血管系の病気が増えて死亡する人も増えてしまいました。毎日の魚摂取が難しくても、月に1~2回摂取する機会を持つだけでも、大動脈系(血管)の病気で死亡する…

腸内に代謝を遅くする細胞が潜む?ハーバード・研究

食事をした後、食べ物から得た栄養成分は、カラダの代謝機能によって、吸収されたりしますが、腸内にその代謝機能を遅くし、肥満など、あらゆる生活習慣病へ向かわせる、”特殊な細胞”が存在することがわかってきました。あの世界的に有名な科学雑誌『ネイチ…

野菜・果物摂取で精神が安定する!? 英・研究

ストレス社会で何らかの精神不安を訴える人が増えてきていますね。今はお子さんの受験や年度末、そして平成最後の年となる様々な業務負担など、心配事が多い方もいらっしゃるでしょう。そんな精神状態を安定させるのに、野菜や果物の摂取が助けとなるようで…

バレンタインにちなんでチョコレートの健康特集!

今週のお題「わたしとバレンタインデー」 今週のバレンタインデーにちなんで、チョコレートの健康作用を書いた過去記事10選を特集いたします。チョコレートを食べ過ぎた方も、これを機にチョコレート習慣を始めたい方も、ぜひご一読ください。チョコレート独…

社交的になるとスリムに?カギは脳内回路!米・研究

私達の行動は、脳が司令していますが、アメリカの最新研究で、摂食行動と社交意欲活性化の脳内回路の関係性が発表されました。どうやら社交的な人は、摂食行動の活発化が控えめになるので、スリムになる傾向があるようです!?著名人や芸能人にスリムな人が多…

お肉の脂質は心臓に悪いが乳製品は大丈夫?蘭・研究

脂質の多い食事を摂っていると、一般に「心臓に悪い」とされていますが、オランダの最新心臓研究によると、植物性食品や乳製品は、むしろ心血管疾患の予防になるかもしれないとのことです。詳細を見てみましょう。 お肉に含まれる脂質は心臓に悪い? 毎日お…

揚げ物は高齢者女性の死期を早める? 米・研究

今週のお題「冬の体調管理」 寒い冬は気温差がダイレクトに血流に影響し、急に高血圧状態になって、心疾患や脳血管を引き起こし、急死するケースが多くなる時期です。インフルエンザや風邪も心配ですが、万全の体調管理には、血管ケアも大切と言えるでしょう…

高血圧は塩分過多より亜鉛不足が原因? 米・研究

今週のお題「冬の体調管理」 高血圧と言うと、塩分過多の食事や、甘い物の摂りすぎのイメージがありますが、亜鉛が欠乏することでも高血圧になることが、アメリカの最新、腎臓生理学の研究で明らかになってきました。日本でも、高血圧に苦しむ人口は右肩上が…

ダイエット中に断食も行うと健康度がUP?豪・研究

一度、腸に溜まった老廃物や毒素を排出してしまう「断食」は、賛否両論がありますが、肥満などの治療で、厳格なダイエット療法を行っている時に、取り入れると、健康度が増すことが、オーストラリアの最新情報でわかってきました。詳細を見てみましょう。 肥…

EPA+アスピリンの組合せで大腸がんリスク減?

先日に引き続き、本日もオメガ3系オイルのお話です。本日ご紹介するのは、オメガ3系脂肪酸の1つEPAと、昔ながらの頭痛薬でお馴染みの「アスピリン」の組合せで、大腸ガンの元凶となる腸ポリーブを減少(予防)するという、イギリスからの研究報告です。どち…

オメガ3系オイルは脚の筋肉損失を守る? 加・研究

女性のカラダは男性に比べると筋肉がつきにくいというのが難点ですよね。特に足の筋肉量が増えにくく、脚力が弱くなりがちだと考えられています。しかし、最新のカナダの研究で、オメガ3系オイルの摂取で、脚の筋肉低下を防げることがわかってきました。 オ…

アスリートはベジタリアンの方が有利? 米・研究

アスリートの方は、世界的にみると、ベジタリアンの割合が多いようですね。特に持久力を要するスポーツ選手では、ベジタリアンのように、植物性食品中心の食事内容の方が、心臓に負担がかからず有利なようです。アメリカの最新研究をもとに、詳細を見てみま…

お鍋の具にもなる玉子に糖尿病予防効果?北欧・研究

毎日の食卓に欠かせない食材の1つである玉子。玉子は、朝食の玉子料理や洋菓子作り、また今の季節なら、すき焼きやおでん、鍋焼きうどん、チゲ鍋など、「鍋料理」のお供にも活躍しますね。しかし、玉子はコレステロールに関しては悪者に扱いされがちです。…

高血圧の人は薬より運動習慣に頼るべき? 英・研究

健康診断の結果などで高血圧だとわかった方は、血圧降下薬を飲むことが多いことでしょう。しかし、薬に頼るよりも、運動習慣を身に着けることの方が、遥かに、改善や予防に役立つことがイギリスの最新研究でわかってきました。詳細を見てみましょう。 高血圧…

マグネシウム摂取でビタミンD量を調整?米・研究

現在、世界中でビタミンDの摂取不足の人口が増えているそうですね。ビタミンDは日光浴をすることで、皮膚から合成できるビタミンですが、近年、日焼け止めクリームの進化や、紫外線からの害を必要以上に予防することから、体内のビタミンD量が足りていない人…

高血圧の早期治療は生活習慣を変えること?独・研究

高血圧が健康診断などでわかり、早期治療を始めても、心疾患の発症リスクは低下していないことが、ドイツの最新研究でわかってきました。理由は高血圧だとわかっても、生活習慣を改めない人が多いからだとか!?詳細を見てみましょう。 冬の高血圧は危険? 高…