野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

健康維持・病気の予防

塩分を控えるだけで腸活に?ついでに血圧も低下! アメリカ・研究

高血圧の女性は、食事から塩分の摂取量を控えるだけで、腸内細菌叢を改善し、血圧を下げることができるようです。アメリカの最新「高血圧」研究の詳細を見てみましょう。 減塩するだけで腸内環境と血圧の両方が改善? アメリカのジョージア医科大学の研究に…

AGEsは乳がんリスクが高い?加工食品や高温調理の食事を好む女性は注意!

ひところ注目を集めた「お肌の糖化」「身体の糖化」といったフレーズ、ご記憶されている方も多いことでしょう。この「糖化」の正体は「AGEs(終末糖化産物)」のこと。加工食品や、高温調理された食事を好む方は、身体やお肌の糖化が進みやすいことがわかって…

食欲は脳細胞「タニサイト」を介して増加? イギリス・脳科学研究

「コロナ太り」という言葉が一般的になってきましたが、外出自粛も慣れてきて、むしろ外出するのが面倒!? と思い始めている人も多いのではないでしょうか?家にいるときの楽しみといえば、やはり「食べること」。それは脳がダイレクトに喜ぶからでしょう。そ…

腸活!プロバイオティクスのサプリは健康にいい? アメリカ・研究

腸活のために、プロバイオティクスのサプリメントを利用している方も多いことでしょう。しかしサプリメントは「薬」ではないので、いまだに医療現場では賛否両論があるとのこと。最新医療現場ではどう評価されているのでしょうか? プロバイオティクスのサプ…

40代から注意!?在宅勤務はフレイルになりやすい?オーストラリア・研究

高齢者がかかりやすい病気の1つとして知られる「フレイル」。加齢とともに筋力が低下し、心身が衰弱していき、”寝たきり”になりやすい病気です。しかし、オーストラリアの最新加齢研究によると、40代からプレ・フレイルの兆候が出てくるそうです!? 40代と言…

乳製品を摂取しても骨粗しょう症や骨折予防にならない?アメリカ・研究

高齢になると骨折や骨粗しょう症の観点から、牛乳を飲むよう言われていますが……。牛乳をはじめとした乳製品は、骨に良い栄養素を含んでいますが、高齢女性の骨密度低下予防には期待できないそうです。アメリカの最新研究を見てみましょう。 乳製品は高齢女性…

運動は血流を良くして記憶力UP!認知力UPに? アメリカ・研究

ウォーキングなどの軽い運動のことを「有酸素運動」といいますが、脳への血流を良くして、記憶力UPや認知力UPにつながるようです。特に60歳以上の認知症予防や改善に効果的なようです。アメリカの最新研究を見てみましょう。 有酸素運動で記憶障害が改善? …

WHOヨーロッパが発表した外出自粛時の理想的な食事内容とは?

世界各国で、外出自粛が緩和されはじめていますが、まだまだ自粛モードは続いていますね。WHOヨーロッパでは、新型コロナウイルス蔓延を防ぐための外出制限時に、どのような食事をとるのが理想的かを発表!レシピなども紹介されています。早速、詳細を見てみ…

プチ断食×ビタミンCでガンなどの疾患が退行? アメリカ・研究

以前から、医師や管理栄養士の指導のもとで断食をすると、ほとんどの病気が快方に向かうと言われていました。こうした断食療法に、ビタミンCを加えることで、ガン療法にもなるかもしれません!?アメリカの最新研究を見てみましょう。 プチ断食×高濃度ビタミン…

コーヒーの過剰消費はやはり健康不良に? オーストラリア・研究

先日『コーヒーダイエット』ということで、コーヒーについてのプラス面をお伝えしましたが、今度は、マイナス面についてのご紹介です。やはりコーヒーを水やお茶の代わりに過剰摂取するのは、タブーのようです!?オーストラリアの最新研究を見てみましょう。 …

徒歩・自転車・電車通勤の人は早死リスクが低い? イギリス・研究

今週のお題「外のことがわからない」 最寄り駅まで徒歩や自転車を使い、電車を乗り継いで通勤する人は、自動車で通勤する人と比べて、早死や疾患リスクが低いそうです。イギリスの最新研究を見てみましょう。 30万人の通勤者データを解析すると!? イギリスの…

ビタミンなどの抗酸化物質は摂りすぎると心臓ダメージに?アメリカ・研究

栄養の偏りから、サプリメントでビタミンなどの抗酸化物質を補っている方も多いことでしょう。多くの病気が体内の「酸化」や「活性酸素」によるものなので、『抗酸化物質』と呼ばれる栄養成分は、サプリで補うのが一般的になってきました。しかし、サプリで…

お茶、ベリー類、リンゴのフラボノイドが認知症を予防?アメリカ・研究

お題「#おうち時間」 街中の人出が増えてきましたが、まだまだコロナが怖くて、おうち時間を過ごしている方も多いことでしょう。家での食事が多くなる中、お茶や果物に気を配ったことはあるでしょうか?実はお茶や果物に含まれるポリフェノールに、アルツハ…

筋肉量が低下した高齢男性は糖尿病になりやすい? アメリカ・研究

お題「#おうち時間」 おうち時間に慣れてくると、最初は家でできる体操やストレッチなどに取り組んでいても、サボりがちになってきますね。しかし、運動習慣を持たずに、家にいると筋肉量が確実に落ちてきます。特に高齢者の筋肉量が落ちると「サルコペニア…

高齢者のコロナに負けない体力作りは筋トレが効果的?カナダ・研究

お題「#おうち時間」 緊急事態宣言が解かれたと言っても、以前のように自由にお出かけできるわけではありませんね。まだコロナウイルスが怖くて、外にでたくない、という方も多いことでしょう。しかし、ヒトの身体は動かさなければ、筋力が落ちます。特に高…

二日酔いを改善するサプリは植物由来がベター? ドイツ・栄養研究

お題「#おうち時間」 飲みすぎても、帰宅時間を気にせずに飲めるオンライン飲み会、満喫している方も多いことでしょう。おうち時間での飲みすぎ、食べ過ぎ、そして運動不足が重なって、ダイエットサプリメントの売上も伸びているようですね。二日酔い改善サ…

野菜や豆類のフォドマップは酵素を取り入れると腸にやさしい?北欧・研究

お題「#おうち時間」 おうちでごはんを食べるようになると、不足がちであった野菜や果物の摂取が多くなった、という声をよく聞くようになりました。みなさまはいかがでしょうか?さて、野菜や豆類は「カラダにいい食べ物」の代名詞のような存在ですが、近年…

ハムなど加工肉の摂取が多いと認知機能にダメージ? フランス・研究

お題「#おうち時間」 おうち時間では「食事が唯一の楽しみ」としている方も多く、テレビでも料理番組の再放送が多くなりましたね。また宅配ピザをはじめとしたテイクアウトや、有名店のデリバリーも人気を集めています。そんな中、便利な食材となるのが、ハ…

糖類は舌ではなく腸で甘味を脳に伝えている?アメリカ・最新研究

お題「#おうち時間」 おうち時間が長く、ダラダラとお菓子を食べてしまっている人も多いのではないでしょうか?一度スイーツを食べだすと、その習慣はなかなか改善できませんよね。それは「自分の意志が弱いから?」と思われがちですが、糖類が腸で反応して…

ビタミンDを含む食品は心臓の健康に役立つ?ギリシャ・研究

お題「#おうち時間」 近年、日焼け止めクリームなどの影響でビタミンD不足が問題になっていますね。ビタミンDは日光にあたることで、皮膚から合成されるビタミン。しかし年々、日焼け止めクリームの質が高くなっているので、皮膚合成ができないようです。そ…

中年からの生活改善でも女性の脳卒中リスクは減らせる?ハーバード・研究

お題「#おうち時間」 男性よりも女性に多いとされる「脳卒中」。主に食生活や生活習慣が原因で起きる病気ですが、ご自分の生活の何が悪いかが、よくわからない人も多いのではないでしょうか?アメリカのハーバード大学の最新研究によると、中年期以降でも、…

ベジタリアンになる人には理由がある?健康VS環境か?アメリカ・研究

日本でもベジタリアン対応のカフェやレストランが増えつつありますね。欧米ではその人口はもっと多いと聞きます。ベジタリアン(ビーガン)の人たちは、各国が推奨している栄養基準を無視してまで菜食主義を貫こうとしていますが、その理由とは一体何なので…

活発な運動習慣は更年期女性の精神安定に?フィンランド・研究

お題「#おうち時間」 「更年期を迎える女性は、うつ症状に陥りやすい」と以前から言われていますね。しかし、後期高齢者でもハツラツとした女性が多いことも事実。この違いはいったい何から来るのでしょうか?ファインランドの最新「更年期」研究の詳細を見…

「健康寿命」を延ばし慢性疾患と縁が薄い生活習慣とは?フィンランド・研究

お題「#おうち時間」 おうちにいる時間、暴飲暴食に走っていませんか?おうちの中でもできる体操やストレッチなどの運動も行っているでしょうか?今回の緊急事態宣言を機に、おうちでダラダラしてしまう習慣がついてしまうと、将来の「健康寿命」が縮まるか…

新型コロナウイルス、パンデミック時の炎症性腸疾患ガイドライン~米・消化器病学会

医療機関は新型コロナウイルスの対応に追われていますが、他の疾患で苦しむ患者さんが不安に思う事態も多々あります。そんな中、米国消化器病学会は、新型コロナウイルスのパンデミック時における、「炎症性腸疾患」の患者さん向けにガイドラインを発表しま…

握力を鍛えておくと糖尿病予防に!? アメリカ・予防医学研究

お題「#おうち時間」 おうちにいる時間が長く、運動不足を解消するために、体操を取り入れている方も多いことでしょう。一般的な体操と一緒に、手をグーにしたり開いたりする手の運動もおススメです。手の握力が鍛えられ、認知機能を活性化することでも知ら…

毎日の入浴で代謝UP!心血管疾患リスクを救う?日・国立がん研究センター

お題「#おうち時間」 「STAY HOME」週間がはじまりましたね。おうちにいる時間が長く、さほど汗ばむ気候でもないので、毎日の入浴はシャワーで済ませている人が多いことでしょう。しかし、毎日湯船に浸かって入浴することは身体の代謝がUPし、心血管疾患リス…

過体重で太ももが太い人は心臓病リスクが低い? 中国・最新研究

一般に過体重や肥満の人は「血圧が高く、心臓病リスクも高い」と考えられていますね。しかし、最新の中国の研究では、過体重や肥満の人でも、太ももの周囲長が大きい人ほど血圧が低い傾向にあり、そして心臓病リスクも低いことがわかってきました!詳細を見…

不規則な就寝習慣は心血管系リスクを高める? アメリカ・睡眠研究

お題「#おうち時間」 家で過ごす時間が長くなると、睡眠時間がたっぷりと取れそうに思いますが、在宅ワークで出勤時間がないため、夜更かししている人も多いことでしょう。しかし、不規則な就寝習慣は一度クセになると、元の生活リズムに戻ってもなおらない…

オンライン飲み会に注意!大量飲酒はウエスト太りに!?イギリス・中毒研究

お題「#おうち時間」 今はおうちで過ごしている人が多いことと思います。そんな中、グーグルの「ハングアウト」という機能を使った無料のTV会議を通して、オンライン飲み会が流行っているようですね。自宅にいながら、買い込んだお酒やおつまみ片手に、パソ…