野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

健康維持・病気の予防

健康的な食事と喫煙習慣のない人は疾患リスクが少ない! 米・心臓研究

野菜などの摂取が多い「健康的な食事」を摂っている人は、心血管の健康も保たれ、慢性疾患や死亡リスクが低いようです。そして喫煙習慣がない人も!以前からよく言われていたことではありますが、アメリカの最新心臓研究の詳細を見てみましょう。 健康的な食…

同じ食事内容でも時間帯によって太り方が違う?アメリカ・研究

同じ食事内容でも時間帯によって太り方が違う?アメリカ・研究

オメガ3系のサプリメントはガン予防には役立たない?イギリス・ガン研究

亜麻仁油やえごま油、そしてDHAやEPAといった魚油は『オメガ3系オイル』として記憶力UPや血流改善で注目されていますね。しかし、ことガン予防に関してはさほど役立たないそうです。イギリスの最新ガン予防研究を見てみましょう。 オメガ3系オイルはガン予…

40代後半から脳の加齢が始まる!原因は余分な糖質か?アメリカ・研究

40代後半から脳の加齢が始まる!原因は余分な糖質か?アメリカ・研究

オリーブオイルはやはり加熱に強い?調理後も栄養価を維持!スペイン・研究

オリーブオイルはやはり加熱に強い?調理後も栄養価を維持!スペイン・研究

血管は3層ではなく4層だった?血管周りの脂肪が健康維持に? 米・研究

健康維持には体内の「脂肪」は悪いものと思われがちですよね。例えば内臓の周りに脂肪がつく「内臓脂肪」はメタボ予備軍とされています。それにならい、血管周りの脂肪もなんとなく無意味なものと認識されており、今まで研究の対象には入っていませんでした…

不安症の原因の1つが判明!野菜&果物の摂取不足と体脂肪増か?カナダ研究

不安症の原因の1つが判明!野菜&果物の摂取不足と体脂肪増か?カナダ研究

野菜とタンパク質摂取量が多い人ほど記憶力を維持?オーストラリア・研究

加齢とともに記憶力が低下してしまいますよね。10~20代の頃は、勉強をはじめいろんなことを記憶できたのに……と嘆く人は多いことでしょう。でもこれは「仕方のないこと」として諦める必要はないようです。記憶力を鍛え、認知力をUPするには、日頃の食生活も…

地中海式ダイエットは高齢者のフレイル、認知症予防に良い?アイルランド・研究

和食より先に『世界無形文化遺産』に選ばれた『地中海料理』。その後、「地中海式ダイエット」という名で世界の医療機関や栄養学会で調査が進み、様々な健康効果が発表されていますね。最近では、アイルランドの研究で、特に高齢者の認知機能維持やフレイル…

精製穀物をジャガイモに置き換えると身体にいい?アメリカ・栄養研究

パンやパスタ、白米などの精製穀物は空腹時に食べると血糖値を乱高下させてしまうため、控える人が多くなりましたね。食事の最後に食べる等、工夫する人も増えてきました。しかし、糖尿病や肥満の治療で、厳格にそれらを控える必要がある人もいます。そうい…

「緑茶×運動」の組み合わせで肥満や脂肪肝の軽減に?アメリカ・生化学研究

緑茶の摂取と運動を組み合わせると、高脂肪食が原因の肥満や、脂肪肝などの疾患リスクを、75%も減らせることがわかってきました!アメリカの最新、生化学研究の結果を見てみましょう。 増加しつ続ける脂肪肝や肥満 アメリカのペンシルバニア州立大学の研究…

1日一万歩ぐらい歩いても体重は減らない?アメリカ・肥満学研究

運動習慣を取り入れるため、「1日一万歩」歩くため、万歩計や携帯のアプリで歩数をカウントしている方も多いことでしょう。しかし、単に歩数だけを増やしても、ダイエットにはならないようです!?アメリカの最新、肥満学研究の詳細を見てみましょう。 歩数だ…

毎日の飲酒と喫煙は早く脳を高齢化させる?アメリカ・研究

毎日お酒を飲む人は、ほとんど飲まない人と比べると、実年齢によりも、脳が高齢化している可能性が高いそうです!?タバコも同様とのこと!アメリカの最新・脳科学研究を見てみましょう。 飲酒は脳の老化を早める? アメリカのサザンカリフォルニア大学の研究…

赤身肉と加工肉で心臓病や全死亡リスクが高まる?アメリカ・内科学研究

赤身肉や加工肉(ハム・ウィンナー・ベーコンなど)の摂取が多すぎると、心臓病や何らかの疾患による全死亡リスクが高まるそうです!?アメリカの最新・内科学研究を見てみましょう。 赤身肉と加工肉の食べ過ぎは危険? 冒頭で述べた事柄は、アメリカのノースウ…

クルミ摂取は高齢者の認知症や神経障害を救う?アメリカ・臨床栄養研究

クルミの健康作用の報告がまたまたあがってきました!今度は、クルミと高齢者の認知機能についてです。アメリカの最新、臨床栄養研究の結果を見てみましょう。 2年間のクルミ摂取で高齢者の認知機能低下が遅れる? アメリカのロマリンダ大学の研究によると、…

卵の摂取は「心臓病」リスクと関連なし?カナダ・臨床栄養研究

卵は完全栄養食と言われる反面、「摂り過ぎは良くない」「コレステロール値が上がる」「1日1個までしか食べたらいけない」など、悪評もありますね。確かに卵アレルギーや特定の病気の方には、食事制限がありますが、こと「心臓病」に関しては、最新のカナダ…

クルミは腸活と心臓病予防にいい?アメリカ・最新栄養研究

クルミの摂取は、以前から記憶力の定着や認知症予防にいいなどの報告がありましたが、腸内環境の改善や、心臓病予防にもいいようです。アメリカの最新栄養研究の報告を見てみましょう。 クルミの摂取は腸内で善玉菌を増やす! アメリカのペンシルバニア州立…

世界の食生活~野菜の摂取量が増加!一方で砂糖問題で肥満も増加 英・研究

世界的に権威があると言われる科学雑誌『ネイチャー』。その食品系の論文集『ネイチャー食品』に、世界の食生活のレポートが発表されました!野菜の摂取量が増えたことは喜ばしいのですが、その一方で動物性食品や砂糖の摂取が増えている国もあり、世界中で…

唐辛子系の"辛い食べ物"は心臓発作や脳卒中の予防に?イタリア・研究

唐辛子系の"辛い食べ物"は心臓発作や脳卒中の予防に?イタリア・研究

50歳以上の女性は体重減少で乳がん予防に?アメリカ・がん研究

50歳以上の女性は、減量にチャレンジすることで、乳がん予防になるそうです。アメリカのがん学会からの報告を見てみましょう。 50歳以降の女性は減量で乳がん予防に? アメリカがん学会などの報告によると、50歳以降の女性で減量に成功した場合、体重を安定…

コーヒーの摂取はアルツハイマーを予防する?アメリカ・研究

コーヒーが身体にいいか悪いか、という論説は毎年数多く上がってきていますね。お水代わりにコーヒーを飲むと、確かにカフェイン過多になります。しかし、程度なコーヒー摂取は認知機能をはじめ、アルツハイマー病の予防になることもわかっています。アメリ…

難聴や耳鳴りは健康的な食事で予防になるのか?アメリカ・研究

難聴や耳鳴りは健康的な食事で予防になるのか?アメリカ・研究

やや高度な筋トレは高齢者の記憶力にUPつながる?カナダ・研究

人生100年時代と言われる昨今、出来る限り元気な状態で高齢期を迎えたいですよね。それには、若い頃から知識を踏まえ、予防しておくことも大切です。また、高齢期に入ってからでも、できることはあります!カナダの最新研究によると、やや高度な筋トレを行う…

高齢女性の骨折、よく歩行する人ほど股関節骨折の予防に?アメリカ・研究

高齢女性は、骨密度が低くなるので転びやすくなり、少しのつまずきで骨折を起こすケースが多くなりますね。高齢女性は、年々引きこもりがちになるので、歩行数も減り、股関節が弱ってきます。そのため、骨折部位でも「股関節骨折」が多くなるようです。しか…

乳がんリスクを予防する食べ物に玉ねぎとニンニク?アメリカ・研究

乳がんリスクを予防する食べ物に玉ねぎとニンニク?アメリカ・研究

カフェイン摂取で運動能力がUP?コーヒーはスポーツ前に!イギリス・研究

今週のお題「2020年の抱負」 毎年お正月になると、「毎日運動を取り入れる」「今年こそダイエットを頑張る」と初詣で祈願する人が多いようですね。筆者は「毎日1万歩く!」を、今年の抱負にしています。本日は、そんな"運動"にちなんだ論説をご紹介します。 …

糖尿病患者の腎疾患予防に、ビタミンDとオメガ3系脂肪酸サプリ効果なし?

糖尿病患者の腎疾患予防に、ビタミンDとオメガ3系脂肪酸サプリ効果なし?

ビタミンDとオメガ3系脂肪酸サプリは全身の炎症低下に効果なし?加・研究

ビタミンDとオメガ3系脂肪酸のサプリメントは、様々な健康機能向上効果が期待され、利用されている方も多いことでしょう。しかし、カナダの最新臨床化学研究で、どちらも全身の様々な炎症を低下させる効果はほとんどないことがわかってきました。詳細を見て…

毎日の野菜スムージー習慣でも糖尿病リスクに?ハーバード・研究

自宅で野菜や果物をミキサーで作る、スムージーが一時期、はやりましたよね。その後は、ジューサーで食物繊維を取り除いた「ジュースクレンズ」もはやりました。しかし、ハーバード大学の最新研究で、野菜や果物100%ジュースであっても、糖は入っているので…

オメガ3系オイルの摂取で心臓発作リスクが減る?ハーバード・研究

写真だんだん寒くなってくると、一番温度が冷え込む明け方に、心臓発作などで亡くなる方が増えてきますね。そんな心臓発作や心疾患の予防として、ハーバード大学などの最新研究で、オメガ3系オイルの摂取が望ましいことがわかってきました。詳細を見てみまし…