野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

健康維持・病気の予防

高血圧の人は薬より運動習慣に頼るべき? 英・研究

健康診断の結果などで高血圧だとわかった方は、血圧降下薬を飲むことが多いことでしょう。しかし、薬に頼るよりも、運動習慣を身に着けることの方が、遥かに、改善や予防に役立つことがイギリスの最新研究でわかってきました。詳細を見てみましょう。 高血圧…

マグネシウム摂取でビタミンD量を調整?米・研究

現在、世界中でビタミンDの摂取不足の人口が増えているそうですね。ビタミンDは日光浴をすることで、皮膚から合成できるビタミンですが、近年、日焼け止めクリームの進化や、紫外線からの害を必要以上に予防することから、体内のビタミンD量が足りていない人…

高血圧の早期治療は生活習慣を変えること?独・研究

高血圧が健康診断などでわかり、早期治療を始めても、心疾患の発症リスクは低下していないことが、ドイツの最新研究でわかってきました。理由は高血圧だとわかっても、生活習慣を改めない人が多いからだとか!?詳細を見てみましょう。 冬の高血圧は危険? 高…

有機野菜は体に良いが地球には悪い?北欧・研究

有機野菜や果物、穀物は、農薬や化学肥料を使わないので、カラダにも地球にも優しい、というのが定説でしたが……!?有機野菜を栽培する農場は、地球環境の観点からは、実は地球温暖化の妨げになり、「地球に優しくない」という指摘が出ているようです。あの世…

気分転換に体を動かすのが大切?双極性障害予防にも

年々、ストレスなどが原因でうつ状態になる人口が増えていますね。過重労働で睡眠時間を取れない人も多い一方で、早く就寝しても、ストレスで寝付けないという人もいらっしゃいます。こうしたストレスが原因となったうつ状態は、運動不足も一因していると考…

女性の喫煙や糖尿病は男性より心臓発作リスク高?

女性の場合、男性よりも、喫煙習慣、糖尿病、高血圧が見られる場合、心臓発作のリスクが高くなるそうです。タバコ好き、スイーツ好き、お酒好き、ファストフード好き、肥満ぎみの女性は、生活習慣を見直す必要がありそうですね。イギリスの名門オックスフォ…

ファストフードが多いとうつ病に? 豪・栄養研究

加工食品やファストフードをよく利用するは、うつ病になるリスクが高く、魚をよく食べている人は、うつ病になるリスクが低いことが、オーストラリアの最新研究でわかってきました。日本でも、うつ病患者は増加傾向にあるので、日頃の食習慣でその可能性を高…

食物繊維の摂取量が多いと脳のアンチエイジングに?

日本では高齢化が進み、高齢者人口増加に伴う、病気や環境が社会問題になっていますね。特に高齢者特有の「認知症」は脳の老化に伴うものですが、アメリカの最新研究で、食物繊維の摂取量が多いと、脳の老化を防ぎ、脳のアンチエイジングになることがわかっ…

赤身肉は腸内細菌に影響し心血管疾患リスクがUP?

忘年会シーズンですき焼きや焼肉、しゃぶしゃぶなど赤身肉を食べる機会が多いことでしょう。たまのご馳走で食べる分には問題はありませんが、赤身肉を、日頃の食事で定期的にとり入れている人は、腸内細菌に悪影響が及び、腎臓を経由して、心血管疾患のリス…

珈琲に含有の化合物がパーキンソン病と認知症予防に

コーヒーはカラダに良い説と悪い説と意見が分かれますが、近年の研究で、コーヒーはアルコールのように人によって弱い人もいるようですね。主にコーヒー由来のカフェインに対して個人差があるようですが、それ以外の成分では抗酸化作用のあるものもあり、な…

エナジードリンクは昼間の睡魔の原因に?米・研究

昼間のヤル気UPのために、エナジードリンクを利用していることも多いことでしょう。しかし多くのエナジードリンクに含まれているタウリンが逆にヤル気UPを司る脳の物質の働きを抑えてしまい、日中の睡魔につながることが、アメリカの最新研究でわかってきま…

アップルシードルは表示より遥かに高糖度?米・研究

忘年会シーズンで、毎日接待に追われている方も多いことでしょう。日本でも、女性を中心に人気のあるリンゴのお酒「シードル」は、表示成分よりも、遥かに高糖度であることが、アメリカの最新研究でわかりました。シードル好きな方は、アルコールとしてだけ…

ビタミンDはガン、オメガ3系は心疾患を各々予防?

様々な健康効果が発表されているオメガ3系脂肪酸(n-3系オイル)ですが、アメリカの最新研究でビタミンDと一緒に摂ることで、オメガ3系は心筋梗塞の発症リスクを下げ、ビタミンDはガンによる死亡リスクが低下することがわかってきました。詳細を見てみまし…

2019年は綿実油が注目?中性脂肪減でダイエット

「綿実油(めんじつゆ)」というオイルをご存知ですか?今年も様々なオイルが話題になりましたが、2019年はもしかしたら「綿実油」が話題に上がるかもしれません。詳細を見てみましょう。 「綿実油」ってどんなオイル? 文字度通り綿の実から採れるオイルで…

コーヒー好きの人ほど野菜の辛味も好き? 豪・研究

コーヒーが好きな人ほど、野菜の辛味を感じにくいことがオーストラリアの最新研究でわかってきました。ヒトの味覚は辛味に対してどう反応しているのでしょうか?詳細を見てみましょう。 コーヒー好きは遺伝子変異で決まっている? コーヒーの苦味が苦手とい…

ヨーグルト等の発酵乳は心筋梗塞予防に?北欧・研究

ヨーグルトやチーズなどの発酵乳をよく摂取している男性は、ほとんど摂取していない男性よりも、心筋梗塞や血管系の病気のリスクが低い、ということが最新のフィンランドの研究でわかってきました。腸活にヨーグルトを取り入れている方には朗報かもしれませ…

牛乳に含まれるエストロゲンは健康に害はない?

大豆製品の多くに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの1種エストロゲンと似たような化学構造をもち、ヒトの健康にもいい影響を与えることで有名ですよね。実は牛乳にもエストロゲンが含まれているのですが、これまでの研究でヒトの健康に直接関与しな…

ココア由来のポリフェノールが心臓の健康を守る?

寒くなるとホットココアが恋しくなりますよね。お砂糖たっぷりのものはいただけませんが、てんさい糖やラカントなどで甘味料を工夫して、うまくココアポリフェノールを取り入れたいものです。ドイツの最新研究では、ココアポリフェノールの一種である「フラ…

不妊は男性側の栄養不足が原因か? スペイン・研究

世界的に見ると人口増が問題になっていますが、日本のように一部の国では少子高齢化が進み、不妊治療も一般化してきましたね。スペインの最新研究で、不妊の問題は、女性側だけではなく、男性側の食生活や生活習慣による栄養不足も原因の1つだということが…

コンニャクに含まれるマンノースがガン予防にいい?

脳の栄養にグルコースが必要なのですが、グルコースはガン細胞が増殖する時にも利用されてしまうので、摂取を増やしすぎると問題です。しかし、イギリスの最新研究でマンノースという単糖がグルコースのガン増殖を阻止するのに役立つかもしれないと、あの有…

低タンパク高炭水化物の方が脳にいい? 豪・研究

糖質オフのブームで、高タンパク高脂質の食事が推奨されていますが、オーストリアの最新研究発表で、その逆の低タンパク高炭水化物食の方が長寿につながり、全身の健康と、特に脳の健康を支えるカギとなることがわかってきました。高炭水化物食がいいと言っ…

果物に含まれる「果糖」は害ではない!? 加・研究

糖質オフブームで、果物も糖度が高いので、一部の医師たちの指摘で、悪者扱いされるようになりましたね。果物には「果糖」が含まれている為、よくないと指摘する研究者もいますが、カナダの最新研究で、果物そのものに含まれている「果糖」は有害ではないこ…

早死リスク富裕層地区より貧困地区で2倍?英・研究

日本でも格差社会の問題が取り上げられるようになってきましたが、イギリスで格差による早死リスクの統計が取られ、発表されました。富裕層地区よりも、貧困地区に住む人々は、早死リスクが2倍も高いということです。詳細を見てみましょう。 早死リスクの原…

ご馳走は昼食で食べると太らない?ハーバード・研究

そろそろ忘年会&クリスマスシーズンに近付いてきたので、年末年始の暴飲暴食対策が悩ましいところですね。ご馳走はどうしても夜食べることが多くなりますが、土日や祝日に行うクリスマス会や忘年会は、お昼に開催すると太りにくいかもしれません!?人間は同…

骨の強度は運動より栄養が大事? 米・研究

20歳をさかいに、ヒトの骨密度は、下降線をたどるので、日頃の食事からカルシウムやビタミンD、鉄、タンパク質など、関連栄養成分を補って、骨密度とともに、骨の強度も保たなければいけません。また、骨は、運動習慣を取り入れて、その周りについている筋肉…

クルクミンは血管系の手術後には悪い?カナダ・研究

カレーの代表的な香辛料ウコンやターメリックに含まれる「クルクミン」は、健康にいい! と一時話題になりましたね。主に認知機能を高めたり、血管拡張作用があるので血流が良くなるなどの機能性です。しかし、こと血管系の病気がある方は、手術後に摂ると危…

老化は体内酸化が原因?予防に珈琲・チョコ等の亜鉛

一般に高齢になると「終活」などと呼ばれるように、寿命の終わりに近づくと考えられていますね。しかし、体内が何らかの病気や生活習慣で酸化が進むと、お子さんでも、若者でも、死に近づいてしまいます。そんな怖い「体内酸化」ですが、コーヒーやチョコレ…

スーパーの野菜売り場の位置で健康度が上がる?

皆さんがよく行かれる地元のスーパーや食料品店は、野菜売り場がどのあたりにあるでしょうか?大手スーパーは、出入り口付近に惣菜売り場がありますし、電鉄系のスーパーの出入口付近は、野菜や果物コーナーを設置していたりと、地域や主力商品によって違い…

植物性食品は精神を安定させⅡ型糖尿病予防に?

ベジタリアンの方は、肉食中心の方よりも、穏やかな人が多いですよね。完全なベジタリアン食でなくとも、日ごろの食事を、植物性食品中心にしておくと、うつ病やイライラ、Ⅱ型糖尿病の予防になることがわかってきました。イギリスの最新、糖尿病研究を見てみ…

メニューが多く決められない人の心理は?米・研究

日常生活で買い物をする時、私たちは常に、何かを「選択する」という行動が必要になりますよね。アメリカの最新、人間行動研究で、選択肢が多ければ多いほど購入率が下がり、選択肢が少ないほど購入率が上がることがわかってきました。 選択肢が多いとヒトは…