野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

健康維持・病気の予防

野菜・穀類中心の食生活は心臓系疾患の予防に?

野菜や果物、穀類、大豆製品、ナッツ、海藻などの植物性食品の摂取が多い人は、心不全など、心臓系の疾患リスクがかなり低いようです。アメリカの最新心臓学研究の報告を見てみましょう。 植物性食品は心臓を守る? 冒頭で述べた食品群の摂取が多い人は、未…

カレーのクルクミンが胃ガン予防に?ブラジル・研究

カレー粉のスパイスとしておなじみの”ウコン”にはクルクミンが豊富ですよね。そのクルクミンを定期的に摂取しておくと、胃ガン予防になるそうです。ブラジルの最新医療研究の詳細を見てみましょう。 クルクミンの定期的な摂取で胃ガン細胞ができにくくなる?…

病院食を個別栄養メニューにするべき?スイス・研究

一度でも入院したことがある方は、病院食の体験をしたことがあると思います。特別なアレルギーがない限り、入院患者さんは、ほぼ共通の食事がまかなわれますが、以前から医師や研究者たちの間でその環境が患者さんにとって良いのか? 議論が交わされていまし…

食事でのビタミン補給は未来の白内障予防?中豪・研究

サプリメントではなく、食事からキチンとビタミン補給をしていると、高齢者がかかりやすい「加齢性白内障」の予防になるようです。最新の中国とオーストラリアの合同栄養研究を見てみましょう。 食事由来のビタミンは未来の白内障を予防する? どんな人間で…

ストレスは未来の循環器疾患に?アイスランド・研究

仕事や家庭のストレス、または近親者の死、そして様々な出来事によるトラウマなどは、私たちの身体に「ストレス」として重くのしかかってくることがありますよね。こうしたストレスは、近未来、自身の循環器疾患として跳ね返ってしまうようです。アイスラン…

祝!令和元年~感謝をこめて平成記事ベスト10

令和時代に入って第2日目。ゴールデンウィークも重なって、祝賀ムードが高まっていますね。このブログは2015年にスタートして、7月で4年になろうとしていますが、ここで、平成時代を振り返って、開設時から、平成31年4月30日までの記事の統計から、ベスト10…

職場での健康プログラムの効果は?ハーバード・研究

令和元年おめでとうございます!新しい時代の幕開けで、2019年の5月1日は『天皇即位の日』とされていますが、本日は「メーデー」でもありますよね。メーデーは働くビジネスパーソンの問題解決を行う(?)日でもあるので、それにちなんだ研究報告をご紹介しま…

朝食抜きと遅い夕食は死期を早める?ブラジル・研究

本日はいよいよ平成最後の日となりましたね。平成最後の日に贈る記事は、食行動の見直しについてです。 朝食を抜いたり、夕食を寝る前に食べたりといった生活習慣は、日本でも注意喚起が促されていますが、最新の心臓研究で、やはりこうした生活スタイルは死…

赤身肉を控えるだけで健康に? ハーバード・研究

焼肉や牛丼、しゃぶしゃぶ、ハンバーガーなどなど、牛肉が大好きな方も多いことでしょう。しかし、この牛肉を始めとする「赤身肉」の摂取を控え、植物性タンパク質の摂取を増やすと、有意に心臓系の病気予防や改善になることがハーバード大学などの研究でわ…

40代以下で糖尿病になると心臓にも影響?英・研究

生活習慣病は、中年太りなど、40代以降の人に多いと思われがちですが、年々、30代など若年層の人たちの間でも広まってきていますね。これは世界的に問題となっており、イギリスの最新循環器研究では、糖尿病と心臓系の疾患との関連が発表になりました。詳細…

程度の飲酒は効果なし? オックスフォード・研究

お酒好きの方には残念な研究発表?程度なお酒は健康にいい、と言いますが、どうやら、こと「脳卒中リスク」に関しては、効果はないようです。イギリスの最新研究を見てみましょう。 程度なお酒は脳卒中の予防にはならない!? 1日1~2杯程度の「程度なお酒」は…

5人に1人の死因が栄養価の乏しい食事? 米・研究

2017年に行われた全世界の死亡数の約1/5が、栄養価の乏しい食生活が原因ということが、アメリカの最新の統計調査でわかってきました。食生活の悪さから来る心血管疾患、ガン、Ⅱ型糖尿病などが該当しているようです。詳細を見てみましょう。 世界の1/5の死因…

サプリメントでの栄養補給は死期を早める?米・研究

自分でバランスの良い食事を補うのは難しいため、サプリメントから栄養補給をしている方も増えていますね。しかし、サプリメントからの栄養補給に頼りすぎると、死亡リスクやがんリスクが上昇することが、アメリカの内科研究でわかってきました。 サプリメン…

ウォーキングが不安感を救う? 米・研究

日本でも何らかの精神不安を抱える人が多くなり、社会問題となっていますね。また日によって、仕事やプライベートで様々な問題が出て、一時的に不安やストレスを抱えることもあります。そんな時、スイーツを食べたり、コーヒーを飲んだり、アルコールを求め…

ビタミンDは記憶改善につながるが過剰摂取は厳禁!?

高齢女性に限っては、ビタミンDを推奨量の3倍摂ると記憶力や学習能力がUPするようですね。しかし、デメリットもあるとのこと。アメリカの最新老年研究を見てみましょう。 ビタミンDは不足しやすいビタミンだが…… アメリカのラトガース大学の研究で、50~70歳…

ビタミンB12が不足すると感染症にかかりやすい?

ビタミンB群の1つ「ビタミンB12」が体内で不足すると、あらゆる病原菌への感染リスクが高まるそうです!?アメリカの最新研究を見てみましょう。 ビタミンB12が体内で欠乏すると? アメリカのライス大学の研究によると、まだ動物実験の段階ではありますが、人…

ナトリウムとカリウムのバランスは野菜摂取で!

カラダを維持するのに、食事からの塩分摂取でナトリウム濃度を保つことは大切ですね。しかし現代人は塩分を摂り過ぎていて高血圧や肥満などの原因になっています。ナトリウムの排泄にはカリウム摂取が必須で、このバランスが保たれるとカラダの状態も良くな…

うつ病と肥満の関係~行動療法が効果的? 米・研究

日本でも、年々、うつ病の患者数が増えており、社会問題となりつつありますね。世界的にもうつ病患者は増加傾向で、その約半数が肥満者であることもわかってきました。以前からうつ病と肥満の関連は指摘されていましたが、最新医学ではどうなっているのでし…

きのこの摂取頻度が高いと認知症リスクが低い?

きのこの摂取が1週間で300g以上あると、有意に認知症のリスクが下がるようです!?シンガポールからの最新アルツハイマー研究の詳細を見てみましょう。 きのこの摂取頻度が高いと認知症リスクが低い? シンガポール国立大学などの共同研究で、きのこの摂取量…

40代の不正出血に注意! 原因はホルモン分泌量?

40代に入ると、月経でもないのに、出血が起こる場合が出てきます。原因は、ホルモンの分泌量が減り、更年期にさしかかってくるからなのですが、この時期の女性は子宮ガンにもなりやすい年代と言われているので、注意が必要です。 女性の加齢による月経の特徴…

中年期の食事は後年の認知症とは関係なし?仏・研究

一般に、幼少期の食習慣は、成人期以降の健康と関連してくると言われていますね。しかし、中年になってからの食事は老後の認知症にはさほど関連していないことがフランスの最新医学研究でわかってきました。詳細を見てみましょう。 中年期の食事内容は認知症…

緑茶は淹れる時の水の種類によって栄養価が違う?

緑茶を、茶葉から淹れる時、水道水を使うか、浄水器の水を使うか、ミネラルウォーターを使うか、などで、抽出される栄養成分が違ってくることがわかってきました。アメリカの最新栄養研究を見てみましょう。 お茶は淹れる時の水の種類によって栄養価が違う?…

ファストフードは30年前よりもカラダに悪い?

健康食ブームで、ファストフード店のメニューもサラダなどの野菜メニューが増えて、健康的に進化しているように見えますが……!?アメリカの最新研究によると、実は30年前よりも実態は悪くなっており、さらにカラダに悪~い食べ物として進化しているようです。…

赤いラズベリーは血糖コントロールに◎!? 米・研究

ブルーベリーと並んで人気のあるラズベリーは、そのまま冷凍食品としてパッケージ化されているので、利用されている方も多いことでしょう。このラズベリーの赤い色素に、血糖コントロール力があることがアメリカの最新研究でわかりました。糖尿病予備軍やイ…

サプリメント摂取でうつ病は改善しない?北欧・研究

日本でも一部の医療機関で、精神疾患の治療などに特定の栄養素の摂取を増やすため、サプリメントの服用を推奨しているところがありますね。しかし、オランダの最新医学研究で、サプリメントなどの栄養補助食品を毎日摂取しても、うつ病などの精神疾患の予防…

低カロリー甘味料は腸内環境にイイわけではない?

糖質オフやダイエットの観点から、カロリーゼロや低カロリーの甘味料が随分と普及しましたよね。昔からあった〇ルスイートを始めとした人口甘味料もありますが、ラカントやエリスリトールなど天然の甘味料もここ10数年で開発が進みました。しかしスペインの…

食べ物の匂いがわからなくなると寿命が短くなる?

食べ物を「美味しい!」と感じるのは、舌でわかる「味」だけではなく、見た目や匂いも関係してきますよね。その「匂い」がわからない生物は寿命が短縮するようです。匂いと腸の関係について、ドイツの最新研究を見てみましょう。 食品の「匂い」が感じないと…

ブルーベリーの青い色素は血圧を下げる? 英・研究

ブルーベリーを毎日200g、1ヶ月ほど続けて食べると、血圧が正常値に低下する、という研究発表がイギリスでありました。高血圧で悩む人は、日本でも増えているので、詳細を見てみましょう! ブルーベリーは血管機能を改善する? イギリスのキングズコレッジ…

"木の実"のナッツを食べると糖尿病や心疾患予防に?

ナッツにもいろいろありますよね。一年草からとれるピーナッツ、そしてアーモンドやクルミのような「木の実」からとれるものなど。ハーバード大学の研究では「木の実」であるナッツ類を定期的に食べていると、糖尿病や心疾患の予防になることが、わかってき…

高脂肪高糖質の西洋型食事はやはり寿命を縮める!

「欧米型の食事は寿命を縮める!」と以前からよく言われていますが、アメリカの最新研究で、特に重症の敗血症リスクを高める! との研究が発表になりました。 詳細を見てみましょう。 西洋型食事はやはり寿命を縮める! 「西洋型食事」とは、いわゆる高脂肪…