野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

野菜のお話

野菜の摂取が多いドライバーは安全運転傾向に? 中国・研究

コロナ禍でおうち時間が増え、お買い物もインターネットなどの宅配を利用する人も増えましたね。そんな流通網を支えているのが、トラック運転手さんなどの、夜間ドライバー。しかし、例えば中国では、こうした夜間ドライバーの事故が絶えないのだとか。それ…

新しいブルーの食品着色料は赤キャベツのアントシアン!アメリカ・研究

日本では「紫キャベツ」としてお馴染みのキャベツが、ブルーの食品着色料として採用されることになったそうです。欧米では「赤キャベツ」と呼ばれており、この赤のような紫のような色素成分は「アントシアニン」が由来しています。このキャツが抽出されるア…

女性の精神状態は野菜と果物の摂取で改善できる? アメリカ・研究

女性の精神状態(メンタルヘルス)は、男性よりも、日頃の食生活が影響しやすいようです。どのように関連されているのか? アメリカの最新研究の詳細を見てみましょう。 女性の精神状態は食生活が影響か? アメリカのニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研…

葉野菜を毎日一皿食べると心臓病予防に? オーストラリア・研究

野菜好きの人に朗報!葉野菜を毎日一皿食べるだけで、心臓病のリスクが大幅に減ることがわかってきました。オーストラリアの最新研究の詳細を見てみましょう。 葉野菜の硝酸塩がカギ? 葉野菜には硝酸塩(しょうさんえん)が豊富に含まれています。硝酸塩は、…

筋力UPには緑の葉野菜も不可欠! オーストラリア・研究

程度な運動は、若年層の筋力UPをはじめ、高齢者特有の筋肉量が減る「フレイル」予防にも大切な習慣ですね。これに加えて、毎日1皿以上の葉野菜を取り入れることも、筋肉機能の向上につながるそうです!オーストラリアの最新・栄養学研究の詳細を見てみまし…

子どもの食事ガイドラインは見直すべきか? オーストラリア・研究

子どもの野菜嫌いを克服させるべく、世界中の国々で、子ども用の『食事ガイドライン』を改訂すべきかどうかが議題にあがっているそうです。お子さんの野菜嫌いを無くすには、より実践的なアドバイスも必要とのこと。オーストラリアの最新研究報告を見てみま…

毎日2皿分の果物と3皿分の野菜で長寿に!? ハーバード大学・研究

アメリカの大規模な疫学研究によると、長寿には、毎日2皿分の果物と、3皿分の野菜を食べることが必須ということがわかってきました。ハーバード大学の最新研究を見てみましょう。 過去30年間、10万人以上のデータを解析! ハーバード大学の研究チームは、…

野菜&緑茶が豊富な食生活で脂肪肝が改善?イスラエル・研究

地中海沿岸の食生活「地中海式ダイエット」に、緑の野菜や緑茶が加わった『グリーン地中海型ダイエット』をご存知ですか?この新たに考案された食事法は、非アルコール性脂肪肝の治療や予防に、効果的なのだそう!?イスラエルの最新栄養研究を見てみましょう…

毎日アボカドを食べていると、腸内細菌の健康維持に!?アメリカ・研究

アボカドは、食物繊維と一緒に一価不飽和脂肪酸を同時に摂れる優秀食品!アメリカの最新・栄養学研究によると、アボカドを毎日食べることで、腸内細菌の健康維持にもつながるようです!詳細を見てみましょう。 肥満者を対象にした追跡調査によって判明!? ア…

野菜や果物のフラボノイド類で認知症発症リスクが低下?アメリカ・研究

野菜や果物に多く含まれるフラボノイド類。これらを食事から多く摂取している人は、高齢期に入っても認知症の発症リスクが引くようです!?アメリカの最新研究を見てみましょう。 男女約2800人の調査結果でわかったフラボノイドのパワー 研究では、男女約2,800…

パプリカが赤くなる工程とは? ドイツ・植物学研究

赤いパプリカは、甘くて美味しいですよね。同じ仲間なのに、ピーマンは嫌いだけど、パプリカは好き! という方も多いことでしょう。ドイツの最新・植物学研究で、パプリカの赤い色素の正体がわかってきました。詳細を見てみましょう。 パプリカが赤くなる工…

ジャガイモを夕食に食べると血糖値が安定? オーストラリア・研究

糖尿病患者は、高GI食品に指定されているジャガイモを避けているケースが多いようです。しかし、オーストラリアの最新研究によると、ジャガイモを夕食に取り入れると、夜間の血糖値を安定させるという、結果が報告されました!詳細を見てみましょう。 ジャガ…

スーパーエンドウ豆が糖尿病リスクを減らす? イギリス・研究

エンドウ豆の中でも、皺が多い「スーパーエンドウ豆」をご存じですか?この豆に、血糖コントロールを助け、Ⅱ型糖尿病リスクを低下させる実力があるようです!?そのカギは、冷ご飯などでおなじみの「レジスタントスターチ」!実は、スーパーエンドウ豆にも多く…

野菜を食べるにはコストがかかる? アメリカ・研究

世界各国で、健康推進のため「野菜や果物を食べよう!」という呼びかけが行われていますが、なかなか実現していないのが現状のようです。そこには、人々の健康意識だけではなく、経済事情や文化規範などの背景が浮かび上がってきました!?アメリカの最新・調…

野菜&果物の摂取は一般の公衆衛生メッセージが有効的?イギリス・研究

日本では1日の野菜推奨量は350g、果物120gとなっていますね。欧州では「1日5個の野菜と果物を食べよう」というメッセージが、一般的なようです。こうしたメッセージは、やはり公的機関が摂取を促すよう告知するのが、国民の野菜購買意欲や摂取意欲につなが…

ビタミンKの摂取量が適切だと寿命が延びる? アメリカ・研究

高齢者の人口が増えつつありますが、栄養バランスが不十分で命を落とす人も多いとのこと。アメリカの最新臨床栄養の研究によると、体内のビタミンKレベルが低い高齢者ほど、死亡リスクが高くなっているようです。詳細を見てみましょう。 ビタミンKを摂取する…

ポテトには良質なタンパク源が豊富?女性の筋肉づくりに◎!カナダ・研究

「じゃがいも」といえば、炭水化物のイメージが大きいですが、実は筋肉維持を助ける質の良いタンパク源かもしれません!?カナダの最新・栄養研究の詳細を見てみましょう。 じゃがいもは筋肉維持を助けるタンパク源? カナダのマクマスター大学の研究により、…

二日酔いを改善するサプリは植物由来がベター? ドイツ・栄養研究

お題「#おうち時間」 飲みすぎても、帰宅時間を気にせずに飲めるオンライン飲み会、満喫している方も多いことでしょう。おうち時間での飲みすぎ、食べ過ぎ、そして運動不足が重なって、ダイエットサプリメントの売上も伸びているようですね。二日酔い改善サ…

キムチを作りだす乳酸菌の正体はキャベツとニンニク?韓国・食品化学研究

お題「#おうち時間」 発酵食品でおなじみの「キムチ」。韓国を代表する伝統野菜料理でもありますが、日本でも韓国料理好き、焼肉好きの人たちの間で人気ですよね。しかしキムチを発酵させている乳酸菌の正体は、長い間ナゾでした。研究の結果、どうやらキャ…

野菜や豆類のフォドマップは酵素を取り入れると腸にやさしい?北欧・研究

お題「#おうち時間」 おうちでごはんを食べるようになると、不足がちであった野菜や果物の摂取が多くなった、という声をよく聞くようになりました。みなさまはいかがでしょうか?さて、野菜や豆類は「カラダにいい食べ物」の代名詞のような存在ですが、近年…

健康的な食事と喫煙習慣のない人は疾患リスクが少ない! 米・心臓研究

野菜などの摂取が多い「健康的な食事」を摂っている人は、心血管の健康も保たれ、慢性疾患や死亡リスクが低いようです。そして喫煙習慣がない人も!以前からよく言われていたことではありますが、アメリカの最新心臓研究の詳細を見てみましょう。 健康的な食…

ベジタリアン食は「脳卒中」リスクを下げてくれる?台湾・神経研究

ナッツや野菜、大豆の摂取量が多い「ベジタリアン食」の人は、肉や魚を中心とした食生活の人よりも、こと「脳卒中」に関しては、リスクが低いことがわかってきました。台湾の最新「神経」研究の詳細を見てみましょう。 ベジタリアン食は「脳卒中」リスクを下…

オリーブオイルはやはり加熱に強い?調理後も栄養価を維持!スペイン・研究

オリーブオイルはやはり加熱に強い?調理後も栄養価を維持!スペイン・研究

不安症の原因の1つが判明!野菜&果物の摂取不足と体脂肪増か?カナダ研究

不安症の原因の1つが判明!野菜&果物の摂取不足と体脂肪増か?カナダ研究

子どもの野菜摂取量を増やすには?両親がタッグを組むこと!?北欧・研究

子どもの野菜摂取量を増やすには?両親がタッグを組むこと!?北欧・研究

野菜とタンパク質摂取量が多い人ほど記憶力を維持?オーストラリア・研究

加齢とともに記憶力が低下してしまいますよね。10~20代の頃は、勉強をはじめいろんなことを記憶できたのに……と嘆く人は多いことでしょう。でもこれは「仕方のないこと」として諦める必要はないようです。記憶力を鍛え、認知力をUPするには、日頃の食生活も…

精製穀物をジャガイモに置き換えると身体にいい?アメリカ・栄養研究

パンやパスタ、白米などの精製穀物は空腹時に食べると血糖値を乱高下させてしまうため、控える人が多くなりましたね。食事の最後に食べる等、工夫する人も増えてきました。しかし、糖尿病や肥満の治療で、厳格にそれらを控える必要がある人もいます。そうい…

世界の食生活~野菜の摂取量が増加!一方で砂糖問題で肥満も増加 英・研究

世界的に権威があると言われる科学雑誌『ネイチャー』。その食品系の論文集『ネイチャー食品』に、世界の食生活のレポートが発表されました!野菜の摂取量が増えたことは喜ばしいのですが、その一方で動物性食品や砂糖の摂取が増えている国もあり、世界中で…

唐辛子系の"辛い食べ物"は心臓発作や脳卒中の予防に?イタリア・研究

唐辛子系の"辛い食べ物"は心臓発作や脳卒中の予防に?イタリア・研究

乳がんリスクを予防する食べ物に玉ねぎとニンニク?アメリカ・研究

乳がんリスクを予防する食べ物に玉ねぎとニンニク?アメリカ・研究