読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜&果物の美養栄養学

シニア野菜ソムリエが、野菜や果物のお話とレシピ、ダイエットなど「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

美容おやつに♪かぼちゃ豆乳プリン

野菜レシピ 野菜のお話

f:id:miwamomoka:20161014192731j:plain

本日は、かぼちゃをたっぷりと使った、「かぼちゃ豆乳プリン」のご紹介です。
10月に入ると、街中ハロウィーンで華やいでいますね。かぼちゃを使ったお料理のレシピや期間限定商品が出回り、毎日かぼちゃを食べている方も少なくないでしょう♪

f:id:miwamomoka:20161014192745j:plain

かぼちゃは、西洋カボチャと日本カボチャに大別されますが、写真のかぼちゃや、一般にスーパーで気軽に購入できる1/4カットのかぼちゃは西洋種のものが主流です。
かぼちゃの果肉は鮮やかな橙色をしていますが、これはβ-カロテンやビタミンEが豊富な証です。

f:id:miwamomoka:20161014192756j:plain

【材料】18cm耐熱皿1皿分

  • かぼちゃ 皮ごと(種なし)300g
  • 砂糖(ラカント/てんさい糖)50g
  • 豆乳 1.5カップ(270cc)
  • ラム酒 大さじ1
  • シナモン 小さじ1
  • ナツメグ 小さじ1/4
  • バニラエッセンス 小さじ1/2
  • 卵 2個

    [カラメルソース]
  • 砂糖(ラカント/てんさい糖)50g
  • 水 大さじ1

【作り方】

  1. かぼちゃは1cmほどの厚さにスライスし、耐熱皿に並べてラップをし、500Wの電子レンジで5分加熱する。
  2. 取り出して、ボウルにうつし、皮ごと熱いうちに潰しておく。
  3. 1の耐熱皿を軽く洗い、[カラメルソース]の材料を入れて、ラップなしで、500Wの電子レンジで、2~3分加熱して、砂糖を焦がす。取り出して、耐熱皿の底に、まんべんなく行きわたるようにしてから、粗熱をとっておく。
  4. 2のボウルに、他の材料を入れて、よく混ぜ合わせ、なめらかにしておく。
    *かぼちゃは、少々潰し残しがあってもOK。
  5. 3の耐熱皿に4をゆっくりと注ぎ、ラップをせず、電子レンジを200Wに下げ、10~20分加熱する。
    *電子レンジの機種によって、仕上がり時間がまちまちです。最新機種では10分ほど、古い機種なら20分ぐらいかかる場合もあります。
  6. 取り出して、粗熱を取り、冷蔵庫で2時間以上冷やしてからお召し上がりください。

f:id:miwamomoka:20161014192808j:plain

【美養効果】

加熱の待ち時間がありますが、電子レンジで簡単にでき、自宅にいながら、本格的なかぼちゃたっぷりのプリンが楽しめます。豆乳が苦手な方は牛乳でもOK!
かぼちゃプリンは、スイーツではありますが、ほとんどがかぼちゃで占めるので、美養おやつとしても最適です♪
卵や豆乳(牛乳)でタンパク質も補えるので、おかず的な要素もありますね。副菜の一つとしてプラスしてもいいでしょう。
シナモンやナツメグなどの辛くないスパイスもアクセントになります。
冷蔵庫で2~3日、日持ちするので、生クリームやフルーツを添えたりして、お楽しみくださいね♪

 

本日の有機野菜を使った一品は「かぼちゃ」でした。
空腹ホルモンダイエット』と合わせてお楽しみいただけるレシピです。

ではでは!