野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

スーパーフードとして注目のモリンガは栄養価が高い奇跡の植物!?

f:id:miwamomoka:20170425155122j:plain

ニューヨークのセレブの間で流行る健康食はスーパーフードと呼ばれ、あっという間に世界でも話題になりますね。日本でも、聞き慣れないスーパーフードの名前も、連日のようにインターネットやTV、健康雑誌で見かけるので、すぐに名前を憶えてしまいます。

そんなスーパーフードの1つ、モリンガの栄養価について調べてみました。

モリンガとは?

植物なのですが、野菜でも果物でもなく、スパイスやハーブのような位置付けともちょっと違いますが、インドで「奇跡の木」と呼ばれる樹木のパウダーが正体です。種や葉、枝、そして根まで食べられるので「奇跡の木」と言われているのですね。

抹茶やよもぎのパウダーのような感じですが、日本でも沖縄や九州など温かい地方に生息している樹木です。沖縄本土では、スーパーフードとして流行る、はるか昔からモリンガの根や葉を天ぷらなどで食す文化があったそうです。やはり野菜っぽい位置付けでしょうか?

モリンガの栄養成分

女性に不足しがちな栄養成分も含まれている上、1日のうちで摂取したい各種栄養成分が野菜や玄米なみに!それ以上に含まれていて素晴らしいのです!

  • ギャバ
    100g中164mg 玄米60倍
  • βカロテン 100g中9670μg
    ニンジン2倍
  • ポリフェノール 100g中2200mg
    赤ワイン(100g中300g)8倍
  • 鉄分 100g中6.5mg
    牛レバーの約2倍(非ヘム鉄)
  • ビタミンK 100g中 2000μg
    パセリの約2.3倍
  • ヒスチジン 100g中 430mg
    豆乳の4倍
  • BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)100g中2960mg
    卵の約1.7倍

 モリンガの美養効果

  • 鉄分が多いので、貧血や血流改善にいいでしょう。
  • ヒスチジンやBCAAなどのアミノ酸が含まれ、筋力UPが望めます。
  • GABAなど精神安定作用があるので、5月病など季節の変わり目のプチうつ対策にいいでしょう。
  • β-カロテンやポリフェノールが含まれるので、抗酸化作用が望め、美白や体内の老化防止となりアンチエイジングに!
  • ビタミンKはカルシウムの健康に保つ作用がありますね。カルシウムそのものはモリンガには含まれませんが、カルシウムを守ることも骨粗しょう症対策などで大切です。

モリンガの摂取方法

パウダータイプのものや葉を乾燥させた茶葉もよく見かけるので、グリーンティーのように飲むのが一番摂取しやすいでしょう。

ADUNA モリンガスーパーリーフパウダー(粉末)100g(非加熱)

ADUNA モリンガスーパーリーフパウダー(粉末)100g(非加熱)

 

 毎日継続的に摂りたいなら、タブレットやパウダーをそのままカプセルに閉じ込めたサプリメントタイプのものもオススメです。

 国内産のモリンガ製品や、パッケージの美しい製品もありますね。さほど高価なものでもないので、いつもの緑茶の一種に加えて楽しむの良さそうですね。

これから熱中症などで特に女性は貧血が心配な季節です。そして紫外線による日焼けも。貧血予防や抗酸化作用のあるモリンガを取り入れて、初夏に向かって体調を整えておきましょう。