野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

ジンジャーミルクティーとドリンク用生姜ジャム

f:id:miwamomoka:20151109100815j:plain

生姜がたくさん送られてきたので、これからの季節の冷え対策と、喉のイガイガ予防に、生姜ドリンク用のジャムを作りました。

生姜は、すりおろして、加熱することによって、独特の辛味成分「ジンゲロール」は「ショウガオール」という成分に変化して、硬直した筋肉や血管を温めて、体全体がポカポカする効果が期待できます!

生姜は「生姜紅茶」、「朝生姜」、「温生姜」などなど、毎年様々なタイトルで、美容や健康にいい食材として話題になっていますが、年中手に入りやすく、冬の冷え予防、風邪対策でも大活躍!

今日は、ドリンク用の生姜ジャムの作り方をご紹介します。
生姜をすりおろして、生姜の繊維や細胞を壊すと、そこから健康にいい成分が流れ出します。そして加熱すると、前述のようにカラダ温め効果がUPするので、それを保存食ジャムとして作り置きしておくと、毎回すりおろしたり、甘味を調整する必要がなく便利です!

■ドリンク用生姜ジャムの作り方

【材料】作りやすい分量
・生姜 100g (皮ごと)
・はちみつ 100g
・てんさい糖 大さじ2
・レモン果汁 小さじ1

【作り方】
1、生姜は皮ごとすりおろして、お鍋に入れる。生姜と同量のはちみつを同じ鍋に入れる。
2、その他の食材もすべてお鍋に入れて、中弱火で、全体にトロミが出るまで煮込む。
途中、なべ底が焦げないように、ゴムベラなどで、常にかき回しておく。
3、てんさい糖が全て溶け、トロミがでたら火をとめ、粗熱をとって出来上がり。
※10分は、煮込んでください。焦げ付きそうなら、火を弱めてください。
※冷めるとトロミがでてきます。

f:id:miwamomoka:20151109110643j:plain


ドリンク1カップに、ティースプーン2杯程度を入れ、甘さを調整してください。

私はミルクティーに入れて頂くのが大好きですが、カフェラテや、ストレートティーにもあいますよ。炭酸水を注ぐと、自家製ジンジャーエールに、熱湯を注ぐと生姜湯としても頂けます。

パンにつけたり、カレーやポトフの下味に、お肉や魚料理のソースなど、いろいろ工夫してお使いくださいね。

風邪予防の保存食としてぜひストックしてみてください!

ではでは♪ ご参考になれば嬉しく思います。

美養相談はコチラ!
 お問合せはコチラ!