野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

食事時のBGMは静かなほど痩せやすい?米・研究

食事の際、BGMを流したり、TVを見ながら食べたりと、人それぞれ様々な環境下だと思います。
食事中の音楽などの音量と、その音量の大きさによって選ぶ食品が違ってくるという、興味深い研究報告がアメリカで発表されたので、詳細を見てみましょう。

f:id:miwamomoka:20180618122733j:plain

BGMの音量や種類で食事傾向が変わる?

アメリカの南フロリダ大学の研究で、BGMの音量などによって、ヘルシーな食事を好む場合と、脂肪たっぷりのハンバーガーなどを食べたくなる場合があることわかってきました。

BGMの音量は、ヒトの心拍数と興奮度に直接影響を与えるため、その時々で、食べたいものの嗜好が変わるようです。
レストランなどでBGMの音量を変えることで、顧客のメニュー選びや売れ行きにも左右することがわかってきました。

研究グループは、スウェーデンのストックホルムに飛び、あるカフェでBGMによる顧客の注文傾向を観察しています。

食事時のBGMは静かなほどヘルシー食に

実験ではランダムに様々な種類の音楽を流し、音量は55Db(音量が小さい)と70Db(音量が大きい)の2種類で経過を見ました。

複数の日程で、何時間にも及んで実験経過が観察されましたが、その結果、

  • ヘルシーなメニューの注文
    音量小:32%
    音量大:25%
  • ジャンキーなメニューの注文
    音量小:42%
    音量大:52%
  • 中間的なメニューの注文
    音量小:26%
    音量大:23%

となりました。

これにより、静かなBGMの時はヘルシーメニューを選ぶ傾向があり、BGMがにぎやかな時は不健康でカロリーの高いジャンクフード系のメニューを選びがちなことがわかりました。

日頃の生活や飲食店、小売店にも応用できる

こうした音量と食品選びの関連性を調べた研究は、世界でも初めての試みだったようですが、この研究により、スーパーやコンビニ、そしてレストランなどの飲食店では、音楽の音量によって、顧客に、買ってほしいものの戦略に利用できる、と考えられています。※参考:『経営科学アカデミー雑誌』

さいごに

私たちの生活でも、ダイエット中は、音楽やTVの音量を下げると、ジャンキーな食べ物の誘惑が抑えられるので、役立てられそうですね。

そして、ジャンクフードやカロリーの高い物ばかり食べてしまう人は、大音量で音楽を聴いたり、TVを観る習慣がないか、チェックしてみると嗜好がヘルシーになり、ダイエットにつながるかもしれません!?