野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

チーズの脂肪は太らない?夏のイライラ予防や減量に

「チーズは太る?」と思っている方たちに朗報です!?
チーズは脂質が多いのですが、揚げ物などの酸化した油分ではなく、良質の脂肪酸が含まれているので、「太りやすい脂」ではないようです。
また、カルシウムやタンパク質補給にもなり、ダイエット食品に向いているかもしれません!

f:id:miwamomoka:20180718112635j:plain

チーズは種類を見極めるとダイエット食にいい?

ピザ用のチーズやトーストの上に乗せるスライスチーズの多くは、「プロセスチーズ 」となっており、乳を熟成させたものではありません。
また食品添加物が含まれている場合もあるので、毎日食べている人は少しずつ控えた方がいいでしょう。

また、モツァレラチーズやカッテージチーズは「フレッシュチーズ」となっており、食品添加物の害は少ないかもしれませんが、こちらも乳を熟成したわけではないので、栄養価がやや低くなります。

しかし、カマンベールチーズやゴーダチーズ、チェダーチーズ、青かび系のゴルゴンゾーラ、粉チーズに使われるパルミジャーノなどは、乳を熟成したチーズで、栄養価が高く、脂肪酸の質もよく、ダイエット食に向いていると考えられています。

以下、この「熟成チーズ」に焦点をあてて、みていきましょう。

熟成チーズの脂肪は太りにくい?

チーズは乳製品になるので、牛乳や生クリーム、バターのように「飽和脂肪酸」になるのでは?と思いがちですよね。

しかし、東北大学の調べでは、チーズの脂肪は、チーズ全体の約30%を占めていて、多くが揮発性脂肪酸や中鎖脂肪酸で、実は体脂肪にはなりにくい脂肪酸なのです。

乳製品の摂取が多い女性は、乳ガンリスクが高くなる、という研究報告が多く見られます。しかし、チーズやヨーグルトなどは「乳の発酵食品」となるので、除外されているケースが多いのも事実です。

チーズだと、乳の発酵過程で、飽和脂肪酸が影をひそめ、揮発性脂肪酸や中鎖脂肪酸の含量が増えるのがいいのかもしれませんね。

そしてチーズは発酵過程でカルシウムの含量も増え、牛乳の約10倍にもなります。
カルシウムは骨の健康維持で有名ですが、実は脂肪を分解する働きもありますし、神経経路にも働き、イライラ予防にもなります。

夏は、暑さで何かとイライラしやすいので、チーズはダイエットだけではなく、イライラ予防にも良さそうですね。

チーズは高血圧予防に?

チーズは乳の中で、カビなどの微生物が活性化し、乳の中に含まれる糖をエサにして、発酵が進みます。
またその過程で乳タンパク質は、ペプチドやアミノ酸にかわっていきます。

そしてチーズには塩分が添加されており、高血圧の方はその塩分が気になる、という方も多いでしょう。
特にゴルゴンゾーラやカマンベールチーズは塩分が多いのですが、前述のペプチドに、降圧作用があり、血圧の上昇を抑える働きもあるので、毎食20g程度なら心配はないとされています。

ワインなどのお供に、一切れか二切れ食べる程度なら大丈夫ということです。

カルシウムのダイエット作用に注目!?

前述で少し触れた、チーズに含まれるカルシウムの脂肪分解作用について、もう少し詳しく見てみましょう。
カルシウムは様々な食品に含まれていますが、中でも、チーズに含まれるカルシウムに、強い脂肪分解作用が見られるようです。

アメリカのテネシー大学の研究では、「肥満」とされた男女32人を対象に、3つのグループに分け、1日のカロリー摂取量を、500kcal減らした上で、24週間にわたって、カルシウムの摂取を増やしてもらいました。
その後、腹囲の測量(ウエスト)を行いました。

  1. サプリメントから1日430mgのカルシウム摂取
  2. サプリメントから1日1256mgのカルシウム摂取
  3. 乳製品(主にチーズ)から1日1137mgのカルシウム摂取

3つのグループのカルシウムのとり方は、上記の3種です。

一見、2のグループが、一番カルシウム量が多いので、ウエストが細くなっているように思いますが、一番ウエストが減ったのは、3のグループで、平均9cmもウエストが細くなったそうです。

ちなみに1のグループでは平均4.5cm減、2のグループでは平均7cm減でした。
※参考:『Obes Res』

カルシウムの摂取を増やすと、どのグループでもウエストが細くなっていますが、チーズからカルシウムを摂取すると、一段とお腹周りがすっきりしそうですよね。

さいごに

チーズに含まれるカルシウムにダイエット作用があるとはビックリですよね。
他に、カルシウムには骨や歯の健康維持にも役立ちます。

そしてチーズの発酵過程でうまれるアミノ酸は、筋肉量を増すのに役立ったり、ペプチドは血圧上昇を抑制する作用もあるので、乳アレルギーなどがない限りは、チーズの適量摂取は、健康維持に役立つでしょう。
ポイントは、熟成チーズを選ぶことです。

  • カマンベールチーズ(白カビ系)
  • ゴルゴンゾーラチーズ(青カビ系)
  • パルミジャーノ
  • レッジャーノ
  • ゴーダチーズ
  • チェダーチーズ
  • シェーブル

ほんの一部ですが、ご参考までに熟成チーズ一覧です。