野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

1月15日は小正月~小豆がゆを食べよう!即席レシピ

本日、1月15日は「小正月」ですね。
昔は「小豆がゆ」を食べる風習があったのですが、今はそれを知る人がだんだんと減ってきているそうです。
1月7日の「七草がゆ」は今でも風習が残っているので、15日の小豆がゆの風習も、後世に語り継がれるといいなぁと個人的には思っています。

f:id:miwamomoka:20190114095820j:plain

本格的な作り方は、小豆とお米を、一から土鍋でことことと煮るのですが、忙しい現代人は、冷ご飯と小豆缶、または無糖のゆであずきを使えば簡単にできます。

即席!小豆がゆの作り方

甘い小豆がゆが食べたい方は和菓子用の加糖の小豆缶を、甘くない小豆がゆを食べたい方は、無糖の”ゆであずき”を使用してください。

【材料】2~3人分

  • 冷ご飯 2膳分
  • ご飯と同量の水 300cc前後
  • 小豆缶(または無糖のゆであずき)ご飯の半量:150g前後
  • 塩 ひとつまみ
    *無糖のゆであずきを使用した場合は、最後にゴマ塩をかけてお召し上がりください。

f:id:miwamomoka:20190114100928j:plain

【作り方】

  1. ご飯と水、小豆をお鍋に入れ、水の量が半量になるまで煮詰めれば出来上がり!

これだけです!
とっても簡単ですよね。
小豆缶はスーパーの缶詰コーナーで買えますし、製菓コーナーの和菓子食材売り場に和菓子用の真空パックの”つぶあん”を使用してもOKです。
無糖の小豆は、煮豆コーナーで購入できるので、探してみてください。