野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

上野みはしさんの「杏あんみつ」でクエン酸補給

暑い日が続きますね。
そんな日は、水分補給も大切ですが、汗で必要な栄養分もカラダから消失するので、鉄、ビタミンC、クエン酸、程度の糖分も補給する必要があります。

そこで役立つのが、日本人が昔から食べていた食材のおやつ「あんみつ」です。

f:id:miwamomoka:20190808152301j:plain

寒天から水分補給ができ、あんこからは鉄やアントシアニンが摂れます。
そして「杏あんみつ」にすると、あんずから疲労回復効果のあるクエン酸が補給できますよ。
みかんからはビタミンC、求肥は米粉からできているので、エネルギー源になるでしょう。

f:id:miwamomoka:20190808152309j:plain

黒蜜は、黒砂糖がつかわれているので、ショ糖よりも血糖値の上昇が緩やかです。

和菓子は、洋菓子と比べるとカロリーは低いですが、糖分が心配?
という方もいらっしゃることでしょう。
しかし、暑いときは、程度の糖分補給も必要です。
糖分はカラダでの保水力を高めるので、カラダから水分が消失するのを防いでくれます。すなわち、脱水症状を防いでくれるのですね。

せっかくのあんみつが、栄養解説のようになってしまいましたが、あんみつのように、和菓子に使われている材料は、カラダにいいものが多いので、暑気払いにぜひ活用してみましょう。

あんみつ専門店、上野みはしさんのあんみつは格別です!