野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

毎日の飲酒と喫煙は早く脳を高齢化させる?アメリカ・研究

毎日お酒を飲む人は、ほとんど飲まない人と比べると、実年齢によりも、脳が高齢化している可能性が高いそうです!?
タバコも同様とのこと!
アメリカの最新・脳科学研究を見てみましょう。

f:id:miwamomoka:20200307101103j:plain

飲酒は脳の老化を早める?

アメリカのサザンカリフォルニア大学の研究により、冒頭のような事柄がわかってきました。

研究では、機械学習とMRIスキャンを駆使して、イギリスのバイオバンクに登録された約17,000人のデータを解析。
対象データは45歳から81歳の人たちのものです。
ここから、彼らの相対的な脳年齢が計算されました。

飲酒習慣が確認された人たちの脳は?

飲酒習慣が記録されていた約12,000人のデータを解析したところ、ほぼ毎日飲酒していた人は、飲酒頻度の少ない人または飲まない人たちと比べて、相対的に脳年齢が高く、アルコールの摂取量が1日1g増えるだけで、相対的な脳年齢が0.02歳増加するそうです。
わずかな数値のように思いますが、これが毎日毎日、蓄積されると……!?

心当たりのある方は、計算してみましょう。

喫煙習慣はどれぐらい脳を老けさせる?

同様に、喫煙習慣についてもデータが解析されました。
喫煙指数が「1」増えるごとに、相対的な脳年齢は0.03歳、増加するとのこと。
「喫煙指数」とは、

(1日あたりの平均喫煙本数÷20)× 総喫煙年数

で算出されます。

さいごに

研究者たちは、

飲酒と喫煙による脳年齢は解析できたが、他の環境因子や遺伝因子なども脳年齢を高めるので、さらに大規模な集団のデータを解析する必要がある。

と述べています。
※参考:『サイエンティフィックレポート』

飲酒と喫煙は、様々な生活習慣病の原因にもなっているので、気を付ける必要がありますね。
喫煙は、電子タバコが普及してきたとはいえ、煙の害が、周りの人にも迷惑になります。
タバコに関する法律も厳しくなってきているので、様子を見て禁煙に取り組んでみましょう。