野菜&果物の美養栄養学

野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。

ブラックラズベリーが肌の炎症を抑制!?美肌効果も?アメリカ・研究

ブラックラズベリーを食べることで、皮膚のアレルギー疾患の一つ「接触性皮膚炎」の炎症が軽減するそうです。
アメリカの最新栄養研究の詳細を見てみましょう。

f:id:miwamomoka:20200723093710j:plain

接触性皮膚炎とは?

「接触性皮膚炎」というと難しく聞こえますが、何かの拍子に、急に顔や腕、足、背中などがかゆくなることがありますよね。
それは、私たちが生活している中で、何かと接触してかゆみを感じているのです。
こうした軽い皮膚の炎症から、皮膚科受診レベルの強いかゆみを伴う炎症まで、さまざまな皮膚疾患がありますが、ブラックラズベリーの摂取で軽減するとは、嬉しいですね。

ブラックラズベリーの摂取で肌の炎症が治まる?

アメリカのオハイオ州立大学の研究により、冒頭のようなことがわかってきました。
まだマウスでの動物実験の段階ではありますが、ブラックラズベリーの摂取は、少量でも皮膚炎症の抑制効果がみられたようです。

ブラックラズベリーを3週間食べ続けると!?

研究では、マウスを2つのグループに分け、

【A】人間でいうと1サービング分に相当するブラックラズベリーを含んだエサを
【B】ブラックラズベリーを含まないエサを

それぞれ与え、3週間、経過を観察しました。

その後、マウスの耳に感作剤を添付して「接触性皮膚炎」を起こし、マウスの耳の腫れの抑制効果が測定されました。

その結果、【A】グループのブラックラズベリーを食べていたマウスたちは、【B】のマウスたちと比べて耳の腫れの治りが早かったそうです。

ブラックラズベリーは免疫細胞にも好影響を?

皮膚の炎症が起こると、それを治すのに、様々な免疫システムが作動し、多くの細胞が関わってきます。
ブラックラズベリーが影響を与える細胞が特定されると、この果物がどのようにして炎症反応を抑制するのか、メカニズムが明らかになる、とのこと。
また、皮膚の炎症は、多くのアレルギー症状の1つにもなっているので、ブラックベリーの摂取で、免疫応答を調節することができるかもしれないのです。

まだブラックラズベリーのどのような成分が、皮膚炎症の抑制につながっているのか特定はできていませんが、ブラックベリーを摂取すること、確実に皮膚の状態はよくなるようですね。
※参考:『栄養素』

さいごに

皮膚の炎症は、紫外線による日焼けや化粧品かぶれなど、美肌にも関わってくることです。
ブラックラズベリーは、コンビニやスーパーの冷凍フルーツとしても購入できるので、健やかな肌を保持するためにも、食べておきたいフルーツですね。